Yahoo! JAPAN

「登戸まちなか遊縁地」 登戸の未来 思い描いて 「2号線」活性のヒント示す〈川崎市多摩区〉

タウンニュース

体験型の出店が並んだキッズエリア(上)、2号線付近のまちづくりについて情報をまとめたパネル

区画整理の空き地を活用したイベント「登戸まちなか遊縁地」が11月20日、登戸駅と向ヶ丘遊園駅を結ぶ「登戸2号線」沿いで開催された。飲食や工作体験など約15店が並んだほか、多彩なステージや巨大迷路、逆バンジーも。親子連れを中心ににぎわいを見せた。

実行委員会と区商店街連合会らの主催で13回目の開催。今回の会場となった2号線は、まさにこれから新たな住宅が建ち並ぶ。活気ある街の実現に向けて、実行委は「1Fづくりはまちづくり」と題したパネルを展示。住宅の1階を店舗にすると賃貸として収益が見込めることや、防犯面のメリット等を示した。

アンケート結果等も掲示する中、「何をすればいいか分からないという方へのヒントに」と実行委員会の黒崎泰由代表。「コロナをきっかけに地域で過ごす時間がより大事になっている。少しでもいい街にしたいと思う方を増やしていけたら」と思いを話した。

あす「ハレの日」

この登戸2号線で11月27日(土)、川崎市と小田急電鉄によるプロジェクト「登戸・遊園ミライノバ」の関連イベント「ハレの日2021」が開催される。午前10時から午後3時30分、雨天中止。

同プロジェクトが「イツモの日=日常」として取り組んできたキッチンカー誘致に対して、非日常のにぎわいをつくるのが「ハレの日」。縁日や移動式本屋、飲食販売、宇宙天文体験などが集まる。まちなか遊縁地のパネルも展示予定。詳細は「ミライノバ」のツイッター、インスタグラム。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 立体にしか見えない!?色鉛筆で描かれたイカのトリックアートに驚愕

    おたくま経済新聞
  2. 竹内涼真「寝る時は全裸」「“紳士会”に参加」1日のルーティーン発表で明らかに

    フジテレビュー!!
  3. 脳卒中を患った後に在宅でできるQOL向上の考え方

    「みんなの介護」ニュース
  4. ぷるぷるとスフレ卵がおどる!“ふわしゅわ”新食感のドリア 「Cheeseとはちみつ さんちか店」実食レポ 神戸市中央区

    Kiss PRESS
  5. ビジネス界も注目!フリーランスの美術教師・末永幸歩のセブンルール

    フジテレビュー!!
  6. <うんざり義母>わが家の大黒柱は私です!隠すのは「逆に旦那に失礼」私が出した結論【まんが】

    ママスタセレクト
  7. ZARD、30周年を締めくくる記念ライブの生配信が決定 大黒摩季、浅岡雄也(FIELD OF VIEW)、池森秀一(DEEN)ら参加

    SPICE
  8. だいたひかるの夫、今までで1番嬉しそうな妻の姿「これからは家族ふたりいる場所に」

    Ameba News
  9. ダイアン・ユースケの勇姿に感動の声 吉住は沖縄の海でモリ突き “体張る芸人”もギャップで魅せる時代か

    Techinsight
  10. 鈴木伸之 高級チョコレートに思わず「デリシャス!」大切な人については「ノーコメントで」

    フジテレビュー!!