Yahoo! JAPAN

ディズニープラスに新たなコンテンツブランドが追加!『ウォーキング・デッド』も配信へ!10月27日よりサービスを拡大

海外ドラマNAVI

海外ドラマNAVI

Disney+(ディズニープラス)に、新たなコンテンツブランド「スター」を追加され、10月27日(水)よりサービスを拡大することが発表された。

Disney+では、ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックに次ぐ、6つ目のブランド「スター」が加わることで今後16000を超えるラインアップをお届けする。

新たに追加される「スター」のブランドには、ディズニー・テレビジョン・スタジオ(ABC Signatureと20thテレビジョン)、FXプロダクションズ、20世紀スタジオ、サーチライト・ピクチャーズなどのディズニーが誇る制作スタジオが数多くの映画やシリーズをお届けする他、ここだけでしか見られないオリジナル作品、日本市場向けに制作するローカルコンテンツも含まれ、全ての消費者に向けてドラマからスリラー、コメディとこれまでにないあらゆる感情に合う幅広いジャンルのコンテンツが含まれる。

「スター」で配信されるのは、アカデミー賞作品賞受賞『ノマドランド』などの最新映画、『プリティ・ウーマン』、『タイタニック』、『プラダを着た悪魔』、『デッドプール』などの大ヒット映画、スターオリジナルシリーズからはセレーナ・ゴメス主演で話題の『マーダーズ・イン・ビルディング』や、人気映画のスピンオフ『Love ヴィクター』が配信。

さらに、サイエンス・フィクションクラシックの金字塔、初のシリーズ作品『エイリアン(原題)』、ジェームズ・クラベルの人気小説をテレビドラマ化し1980年にアメリカで大ヒットした『ショーグン(原題)』など期待作を新たに製作中。また、『Glee/グリー』、『24 -TWENTY FOUR-』、『ウォーキング・デッド』、『9-1-1: LONE STAR』などの人気海外ドラマも登場し、数多くの作品が揃う。

また、ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックからも見逃せない作品が配信開始! 『スター・ウォーズ:ビジョンズ』(9月22日配信開始)や、11月にはマーベル・スタジオの最新ドラマ『ホークアイ(原題)』、大ヒット映画のシリーズ最新作『ホーム・スイート・ホーム・アローン(原題)』、そして12月にはスター・ウォーズから最新シリーズ『ザ・ブック・オブ・ボバ・フェット(原題)』がお披露目となる。

「スター」の提供開始にあわせて、新たな対応プラットフォームと機能を追加される。これまでのスマートフォン、タブレット、PC、スマートテレビ、ストリーミングデバイスに、新たにゲーム機が追加され対応デバイスを拡大。機能面では動画品質を高める4K UHDの映像提供、5.1チャンネル、およびドルビーアトモス対応のオーディオ機器で、コンテンツをより大迫力でお楽しみいただける他、別の部屋にいても7人まで一緒に視聴を楽しめるGroupWatchやキッズプロフィール、プロフィールPIN(暗証番号)などお子さまも安心してお楽しめるペアレンタルコントロール機能も提供開始となる。

さらに、消費者の利便性を高める入会経路も拡大。これまでのドコモショップやMy docomoなどによる入会に加え、クレジットカードもしくはPayPalでのWEB入会、Apple App Store、Google Play ストア、Amazon アプリストアからも入会可能となります。ディズニープラスは月額990円(税込)の定額制で、Apple App Store経由でご入会の場合は月額1000円(税込)となります。尚、ドコモショップやMy docomoなどによる入会の場合は、11月1日より月額990円(税込)の新価格が適用される。

(海外ドラマNAVI)

Photo:

Disney+(ディズニープラス)

【関連記事】

おすすめの記事