Yahoo! JAPAN

明石のブランドマダコを攻略 初心者でも1.5kg頭に2桁【松本水産】

TSURINEWS

明石で釣れたブランドダコ(提供:WEBライター・妹尾隆)

8月23日、地元の友人から誘われ、松本水産から明石のタコ釣りへ。タコ釣りビギナーの筆者ですが、1.5kgを筆頭に10杯の釣果を得ることができました。

松本水産でエギタコ釣り

8月23日に地元の同級生とともに明石のタコ釣りに行ってきました。

東大阪を出発し、およそ1時間で明石西に到着。今回一緒に乗船する仲間たち7人と合流しました。4時、今回お世話になる松本水産さんに到着。ここは駐車場が少ないので早めの到着がいいと思います。臨時駐車場はありますが少し遠いです。

お世話になった松本水産の船(提供:WEBライター・妹尾隆)

まだ暗いうちからチャーター船、乗合船のお客さんがいっぱいで、人気のほどがうかがえます。

4時30分、受け付けと同時に釣り座の抽選も行います。我々8人組は5番目でしたが、運よく後方の左右と後ろの3面を確保することができました。

明石沖でスタート

日の出とともに西二見を出船、淡路島に向い明石沖を目指します。 ポイント到着まで仕掛けの準備や釣りやすいように身の回りの整理をしておきます。

当日のタックル(作図:WEBライター・妹尾隆)

釣り場に着き船長の合図で一斉に仕掛けを下ろします。

開始早々、船長がマイクで「ナイスパース!(多分ナイスオクトパスのこと)」と釣れたことを船内スピーカーで知らせてくれます。それを聞いて「お!ここは釣れるのだな」と気合が入ります。

みなさんよく釣っていました。10分ほど流してポイント移動です。

夜明けの海をポイントへ(提供:WEBライター・妹尾隆)

タコ釣りのコツ

タコ釣りのコツは、釣っている人のタコエギの色をチェックし、その人のアクション(サオの動かし方)を真似することかなと思いました。

底をズルズルと引きずってくるだけでもタコは乗ってきますが、チョンチョンと小刻みに誘いをかけてアピールさせる方が離れたところからでもタコが寄ってきてタコエギに乗っているような気がします。活性のいい時だとそんなに差はないのかもしれませんが、渋い時は威力を発揮すると思います。

また明石ではタコエギは2個付けるのが主流のようですが、同色を2個付けるより色違いを付けた方がいいようです。 

エギは違う色を二つセット(提供:WEBライター・妹尾隆)

初心者によるタコ釣り講座

今回、全く釣りをしたことのない友人がタコ釣りをやってみたいと言うので一緒に行きました。

そんな私もタコ釣り初心者。

その初心者が初心者に教えたことは…

「まず重たいオモリの付いたタコエギを底まで落としてそのまま待機。」
「ガタガタとオモリが底を引きずっているのを感じて集中。」
「カツン!と引っ掛かったのは根がかり、海底に落ちている雑巾が針に掛かった感じがあればタコなのでタコを底から剥がすイメージで力強くサオを立てる。」
「サオを立てたときにまだ雑巾が付いている重みがあればラインを緩めず一気にリールを巻き取る。」
「これでタコゲットです。」
「引きずりながら余裕があればチョンチョンと動かして誘いをかけましょう。」
「その雑巾がバスタオル級の重さならキロアップのタコです。」

ということ。

マダコをゲット(提供:WEBライター・妹尾隆)

これだけしか教えることができませんでしたが、4匹ほど釣っていました。
その本人も「確かに雑巾でした。」…と。通じていたようでよかったです。
私も1.5kgを筆頭に10杯ほど釣れて満足です。

タコ釣りの便利グッズ

ちなみに、100均で売っている自立式の洗濯ネットとスタンダードなファスナー式の洗濯ネットがあると、釣ったタコを生かしておくコンテナから脱走するのを防げます。タコは自分の目玉の大きさの穴があるとそこから抜け出せるそうなので、ネットの穴あきもチェックしておいた方がいいかなと思います。

選択ネットでタコの脱走を防止(提供:WEBライター・妹尾隆)

他のお客さんの道具箱を見せてもらうと、みなさんキレイにタコエギを絡まないように整頓されていて感心しました。ぜひ真似したいなと思いましたね。

<妹尾隆/TSURINEWS・WEBライター>

The post明石のブランドマダコを攻略 初心者でも1.5kg頭に2桁【松本水産】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事