Yahoo! JAPAN

秋田・秋の宮温泉郷「かだる雪まつり」雪原のミニかまくらが幻想的で美しい! 2月3日に一日限定開催

おんせんニュース

写真:幻想的なミニカマクラ3000個の雪原

【インスタ映えする東北雪イベント】秋田県・秋の宮温泉郷では、2月3日(土)に1日限定で「かだる雪まつり」が開催されます。今年は、ミニかまくらづくりと点灯、どんと祭、雪花火、お菓子引き当て大会が実施されますよ。

光の粒がこぼれ落ちる幻想的な風景はみんなで「かだって」作り上げる

祭りの名前の「かだる」って初めて聞く言葉だけど、どういう意味? という方がほとんどだと思います。

「かだる」とは、秋田の方言で「加わる、参加する」という意味。つまり、「みんなで参加する雪まつり」なんですよ。会場作りも催し物もたくさんの人が「参加して」作り上げてきます。

雪まつりを見にきた人が「かだる」ことができるのが、ミニかまくら作りです。バケツなどを使って簡単に作ることができるので、気軽に参加してくださいね。

写真:ミニかまくら作りから気軽にかだることができる

雪まつりの会場は、旧秋ノ宮スキー場。例年、作られるミニかまくらの数は、約3000個!なだらかな斜面に作られたミニかまくらは、もっと多く感じます。

夕暮れを迎えると、一つ一つのミニかまくらにロウソクの明かりが灯されます。ポツポツと灯され、次第にほんのりと明るくなっていく様子は、とっても幻想的!

斜面から光の粒がこぼれ落ちてくるようですよ。その中に自分が作ったミニかまくらもあると思うと、感動もひとしおですね。

写真:1つ1つ灯りをつけていく

17時頃が、夕暮れから夜になる時間帯で絶妙な色の移ろいを感じることができ、オススメです。

ミニかまくらの雪原は幻想的な世界

そして、雪まつりのもう一つのお楽しみは「雪花火」。冬の澄んだ空気の夜空に打ち上がる花火は、夏の花火よりもキラキラと輝いて見えますよ。

写真:ミニかまくらの上に花火があがる

会場は秋田県最古の温泉郷。地元食材を使ったグルメも登場

雪まつり会場の「秋の宮温泉郷」は、奈良時代に発見されたと言われる、開湯1700年以上と歴史ある秋田県最古の温泉地

比較的小規模な温泉郷ですが、源泉の数はなんと40ヶ所ほど!温泉旅館のみならず、一般家庭でも温泉を引いているほど湯量豊富な温泉地です。家庭に温泉!なんて羨ましい!!

旧秋ノ宮スキー場に隣接する「秋の宮温泉郷の宿・秋の宮山荘」では、宿泊の他に日帰り入浴もできる(入浴時間要確認)ので、雪まつり会場で凍えてしまった体を温泉でゆっくりと温めたいですね。

写真:今年の「かだる雪まつり」チラシ

温泉宿では湯沢三関産のセリを使った「きりたんぽ鍋」や秋田の冬の味覚「ハタハタ」なども味わうことができるところもあります。

秋の宮温泉郷で柔らかな灯りで彩られた幻想的な世界と歴史ある温泉を楽しんでくださいね。

写真:雪原に温かく灯るミニカマクラの火

(記事更新・編集:hotspring727、2024年1月)

The post 秋田・秋の宮温泉郷「かだる雪まつり」雪原のミニかまくらが幻想的で美しい! 2月3日に一日限定開催 first appeared on おんせんニュース.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. さよならステイチューン、オフィシャルファンクラブをオープン!

    Pop’n’Roll
  2. 【グッと!地球便】ベトナム最後の楽園・フーコック島 美しい自然に魅了され、44歳でエンジニアから未経験の観光業に転身した息子へ届ける両親の想い

    読みテレ~読んで楽しいテレビの話
  3. 轟焦凍VS荼毘!轟家の壮絶な兄弟喧嘩の結末は!?アニメ『僕のヒーローアカデミア』

    読みテレ~読んで楽しいテレビの話
  4. 怪盗キッド「150億有り難く頂戴した♪」劇場版『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』興行収入が150億円を突破! 青山先生描き下ろしのお祝いのイラストも到着

    PASH! PLUS
  5. <子ども放置ママ>わが子の砂場セットで遊ぶ、ヨソの子「ちゃんとお子さん見てくださ〜い」【まんが】

    ママスタセレクト
  6. 神戸セーラーボーイズ 定期公演vol.2 舞台『銀牙 -流れ星 銀-』に上田堪大が出演 原作者、佐奈宏紀らの応援メッセージも公開

    SPICE
  7. 秋元真夏、『キン肉マン アニメ放送開始直前SP』出演決定!

    Pop’n’Roll
  8. 顔真っ赤、まんまる目で大興奮 初めてピザを食べた赤ちゃんが「可愛すぎる」(米)

    Techinsight
  9. Soradynamics、国産の小型空撮用ドローン「Hayate2」発表。第二種型式認証取得を目指す

    DRONE
  10. 「中国で亡き夫の好物を買ったけど、現地ガイドに言われて泣く泣く破棄。帰りの飛行機でも...」(福岡県・60代女性)

    Jタウンネット