Yahoo! JAPAN

東南アジア初、タイ国有鉄道がウェザーニューズの運行可否判断支援サービス「Go or NG Decision Support」を導入

鉄道チャンネル

ウェザーニューズ(千葉市美浜区)は、鉄道事業者向け運行可否判断支援サービス「Go or NG Decision Support」をタイ国有鉄道(Bangkok Thailand ; Governor : Nirut Maneepun)に提供を開始。

東南アジアの鉄道事業者が気象情報を活用する例は、タイ国鉄が初めて。また、ウェザーニューズが鉄道気象サービスを海外へ提供する事例としては、台湾の鉄道会社に次いでタイが2件目。

将来的にウェザーニューズは、タイだけでなく東南アジア諸国に鉄道気象サービスを展開し、気象リスクを踏まえた運休や規制などの安全運行をサポートする構え。

日本の大手鉄道事業者約80%が導入、ウェザーニューズ運行可否判断支援を海外へ

これまでタイ国鉄では、日本の鉄道のように気象条件に応じた運行規制基準がなく、災害を想定した運休や規制の判断が困難だった。

とくに6~10月の雨季は、台風や短時間強雨・雷雨による冠水や、土砂崩れなどの被害が発生する。災害発生後に気象条件が厳しかったことを把握することもあり、安全性と安定性を追求した運行を行うには、従来のやり方では難しい局面も多く見受けられた。

そこでウェザーニューズは、日本国内の大手鉄道事業者約80%で導入されている鉄道事業者向け運行可否判断支援サービス「Go or NG Decision Support」をタイ国鉄に提供。

国内の鉄道事業者、タイの航空会社などへのサポートや、全世界の気象情報を扱う実績をもとに、気象リスクを加味した計画的な運休、車両退避、運行再開のタイミングなどの判断をサポート。沿線に設置してある観測機から取得した雨量データと、気象予測を提供する。

今後は、各路線の雨量観測データの分析と運用をしながら最適な運行基準値を検討し、雨量データが基準値を超えた場合に冠水や土砂崩れのリスクをアラート通知することで、事前の運行計画の判断をサポートしていく考え。

【関連記事】

おすすめの記事