Yahoo! JAPAN

【伊豆エリア】ライトショアジギングで始める釣り入門:LSJって何?

TSURINEWS

伊豆で釣ったヒラスズキ(提供:TSURINEWSライター無道寺辰哉)

釣りエサはできるだけ触りたく無いけど、美味しい海の魚を簡単に釣りたい!それならライトショアジギング(LSJ)で決まり。

伊豆エリアのLSJターゲット

都内から2時間弱、綺麗な海で釣りを始められる伊豆エリアは豊富な魚種を楽しめます。

アジ

ジグヘッドに小さなワームをつけて楽しむ「アジング」が流行りですが、1~3gのとても小さなメタルジグでも釣れます。

サバ

10g以上のバイブレーションやメタルジグに食いついてきます。引きの強さはなかなかのもの!

ブリ

出世魚でサイズによって呼び方が変わります。夏はワカシやヤズと呼ばれるサイズがよく釣れ、冬はイナダ・ブリを狙えます。

カンパチ

イワシの群れの後ろには大抵カンパチが控えています。幼魚のショゴは、掛けてから泳がせていると他の魚もルアーを横取りしようと群れ始めます。

ヒラメ

砂浜からルアーを投げて釣りたい魚No.1!とてもおいしい高級魚です。

マゴチ

ヒラメと双璧を成す砂浜のターゲット。ブサイクな見た目とは裏腹にとてもおいしい。

カサゴ

岩場・磯場でコイツを見ない日はありません。テトラ周りや岩場の穴に目掛けて落とし込めば簡単に食いついてきます。

ハタ

キジハタ、アカハタ、オオモンハタなど、スーパーではまずお目にかかれない高級魚!釣ればヒーロー間違いなし!

釣り場は豊富!

伊豆エリアは、釣りができる堤防が豊富にあります。熱海・下多賀堤防、伊東・白堤防、下田・福浦堤防など、ビギナーでも釣りやすい環境が整っています。港は係留ロープに気をつけなければないため、船から離れた場所や、足元を丹念に探るような釣りになります。

伊豆は釣りやすい堤防が豊富(提供:TSURINEWSライター無道寺辰哉)

ちょっとした磯場はどこにでも点在しているので、ちょっと磯まで降りて竿を出せば、思いがけない大物に出会えたりもします。

安価なバスタックル流用でOK

ライトショアジギングを始めるのに、ロッドやリールといったタックルを揃えなければなりません。しかし、これが結構な金額になります。

そんな時に便利なのがブラックバスのタックルです。バスタックルでも十分始められます。

セットタックルの場合、釣りイトだけは新しいものに巻き直すのがおすすめです。

入門はバスタックル流用もOK(提供:TSURINEWSライター無道寺辰哉)

<無道寺辰哉/TSURINEWSライター>

The post【伊豆エリア】ライトショアジギングで始める釣り入門:LSJって何?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事