Yahoo! JAPAN

Sikorsky社、次世代「ローターブローウィング」試作機を飛行試験。効率性と拡張性を検証

DRONE

Lockheed Martin傘下のSikorskyは、垂直離着陸無人航空機システム(VTOL/UAS)の制御法則と空気力学を成熟させるための飛行試験を実施している

この飛行テストは、ツイン・プロローター「ローターブローウィング」構成の効率性と拡張性を証明することを目的としており、ヘリコプターのように尾翼に座って離着陸し、情報、監視、偵察、照準などの長時間ミッションのために水平前進飛行に容易に移行する。

現在進行中の飛行テストは、国防高等研究計画局(DARPA)によるアンシラリー・イニシアチブをサポートするもので、インフラを整備することなく、船の甲板や未整備の表面からほとんどの天候条件で運用できるクラス3のUAS VTOL X-Planeの開発を目指しているという。

Sikorskyは、UASの概念設計を次の開発段階に進めるため、選定を見送られた数社の競合企業のうちの1社だ。

「ローターブローウィング」とは、翼を横切るプロローターのウォッシュによる一定の気流を指す。Sikorskyは、ホバリングモードと前進飛行への移行時に翼の抵抗を減らし、巡航効率と耐久性を高めるためにこのデザインを選択した。

ラピッドプロトタイピンググループのSikorsky・イノベーションズ担当ディレクター、イゴール・チェレピンスキー氏によると、このデザインは、Sikorskyが21世紀安全保障の技術と革新を推進する数多くの方法のひとつにすぎない。

チェレピンスキー氏:テールシッティング・ローター・ブローウィングUASが高い安定性で垂直に発進・着陸し、ウィングで効率的に巡航できることを確認するための飛行試験が進行中です。 飛行操縦性と将来の機体のスケーラビリティを実現する鍵となるのは、我々のMATRIX自律飛行制御システムと、従来のヘリコプターと同様の多関節ローターシステムです。

現在進行中の飛行試験では、Sikorskyはバッテリーを動力源とするコンセプト実証機を飛行させている。Sikorskyは、将来のANCILLARYフェーズで飛行体を製造するために選択された場合、60ポンドのISRペイロードを含む300ポンドのハイブリッド電気バージョンを構築することを計画している。

Sikorsky

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【UNIQLO】このナチュラルさが素敵!軽くて大容量な「激安2wayリュック」が超優秀【旅行OK】

    ウレぴあ総研
  2. 毎日ジメジメ……。洗濯物が乾かない!《梅雨》の部屋干しで早く乾かす【裏ワザ】

    4yuuu
  3. 【京都ツウ】うさぎ神社境内にある梅雨只中こそ訪れたい『雨社』☆茅の輪も登場「岡崎神社」

    キョウトピ
  4. 「京急電鉄カレー」が登場! “京急の車両”と”沿線の三浦半島の名産品”を組み合わせた 嬉しいレトルトカレー商品

    鉄道チャンネル
  5. 「母は強し!」巨大ワシに子を奪われたアザラシ、立ち向かって取り戻す(カナダ)

    Techinsight
  6. 近鉄 小倉駅前の「レストラン エスカルゴ」で、牛ヒレカツバター焼たべてきた!【宇治市ランチ】

    ALCO宇治・城陽
  7. 【ワークマン新作】日焼け・雨・冷房対策に重宝!「おしゃれも叶う撥水ジャケット」に感動した話

    ウレぴあ総研
  8. <息子夫婦と同居>実の娘に忠告「実家はなくなったと思いなさい」ショック受けた6年後……【まんが】

    ママスタセレクト
  9. 定年で落ち込んでいた父→久しぶりに実家に帰ると元気になっていたワケ【まんが】

    saita
  10. アニメ『キン肉マン 完璧超人始祖編』高梨康治×FLOWによるOPテーマを使った最新PV公開! 0話テーマ曲はキン肉マン(CV:宮野真守)が歌う『キン肉マンGo Fight!』に決定

    PASH! PLUS