Yahoo! JAPAN

伊藤さとしのプライムフィッシング【コウテンで好転させよう:第3回】

TSURINEWS

伊藤さとしの実釣風景(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

伊藤さとしのプライムフィッシング。テーマは「コウテンで好転させよう」。両ダンゴ用のベースエサとしてマルキユーから発売されたコウテン。今回はコウテンのブレンドについて考察。

ヘラ釣りはエゴが通りやすい?

さて今回の伊藤の実釣は、両ダンゴのチョウチン釣りだった。老いも若きも、野釣りではもっともポピュラーな釣り方であり、釣果も安定しやすい。しかしなぜ管理釣り場のような浅ダナはあまり選択されないのだろうか?

伊藤 さとし

「浅ダナのほうが瞬間的な爆釣はあっても、穴が空く時間が多いからだろうね。それに振り込みなんかも、浅ダナ狙いに比べてラクだし。でも考えてみたら、これって不自然だよね。だって釣りはそもそも魚の状態に合わせるのが理想なのに、釣り人の都合で釣れる釣れないなんてやっている」

朝からアタリが多かった(提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)

考えてみたらそうですね。その時どきの魚の状態や活性に合わせて、タナを変化させたほうがいいに決まっている。ところがことヘラ釣りに関しては、釣り人のエゴ(好み)を通してもそこそこアタリがもらえてしまうから、そのままのタナで通してしまう。

伊藤 さとし

「海釣りやブラックバス釣りなんかではこうはいかないだろうね。マッチザベイトもそうだし、そもそもポイント・水深・タナが合ってないとアタリ(バイト)すらもらえないだろうからね」

個性的なエサを混ぜてみよう

つまりヘラ釣りのほうが、釣り人のエゴを通しやすい釣りってことですよね。でも理想としてはタナのマッチングを行ったほうが、より好釣果に結びやすくなるでしょう。だとするなら今回の新エサ『コウテン』は、かなり理想的なエサではないですか。だってパッケージにうたわれているとおり、浅ダナからチョウチンまでいかなるタナでも対応できると書かれているのですから。

タナを選ばない(作図:週刊へらニュース 伊藤さとし)

伊藤 さとし

「そういうことになるよね。常に『コウテン』をベースに、あとは狙っているタナに合わせてブレンドするエサを決めればいい。実にシンプルな考え方だよね」

仮に何の情報もなく初めての釣り場に行くとして、伊藤さんならどのようなエサをヘラバッグに用意しますか?ちなみに宙釣り限定で。

伊藤 さとし

「『コウテン』ベースならば、ネバる(カルネバ)、軽くする(浅ダナ一本)、バラける(バラケマッハ)、膨らみ(GD)、重くする(ダンゴの底釣り夏)などを持っていくだろうね。まあブレンドするエサに関しては釣り人の好みもあるだろうから、これがいいよなんておこがましいことを言うつもりはない。自分が持っていきたい(特徴を持たせたい)と思うエサを持っていけばいいじゃないかな」

『コウテン』は”交点”つまり性質が全マルキユーエサの中間です。だとすれば加えるエサは個性的なほうが、結果的には分かりやすくて手直ししやすいエサになりはしませんか?

伊藤 さとし

「性質が中間的であっても性格が異なるエサもあるから一概には言えないけど、個性が際立った銘柄をプラスするのは意味があるブレンドだろうね。失敗した時にも理由が明確だろうし」

釣り人のフィット感も重要

そうなると、ブレンドするエサは1種類だけにしたほうが性格付けがしやすいですよね?

伊藤 さとし

「そうだろうね。ただし場合によってはもう1種類、ないし2種類は欲しくなることもある。エサは性質うんぬんだけでなく、触った感触での好みもあるからね。『コウテン』はいいんだけど触り心地がイマイチだと感じる人には、触った感触がよくなるようなエサを入れたいだろうしね」

コウテンの粉(提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)

なるほど、つまりフィット感ってことですね。

伊藤 さとし

「そうなんだよね。どんなに高性能なエサでも自分の指先の感触にマッチしないと、それはその人にとっていいエサにはならない。ここがダンゴエサの難しいところでもあるし、面白い部分でもあるんだけどね」

【コウテンで好転させよう:第1回】を読む。

【コウテンで好転させよう:第2回】を読む。

次回も「コウテンで好転させよう」です。

<週刊へらニュース 伊藤さとし/TSURINEWS編>

この記事は『週刊へらニュース』2020年7月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. (ボロッ…)新入りの『ハスキーのぬいぐるみ』が家族に可愛がられ猛烈に嫉妬…バッチリ仕留めあげた柴犬コンビ。【動画】

    柴犬ライフ
  2. 「お呼びですか…」もう目が開かないらしい…イタズラしたゴールデン。『隠し事』が下手すぎてもはや笑えてくる【動画】

    Retriever Life
  3. (ポカン…)ママがおやつを食べ始めた…自分も食べている気でいるのか、口が動いてしまうわかりやすいフレブル。【動画】

    French Bulldog Life
  4. 隙間にあるモップが気になる! 体や手をぐい〜んと伸ばし、一生懸命に取ろうとする猫さんが可愛かった♡

    PECO
  5. 広島のバーで楽しむフルーツカクテル♡ペコマガ編集長的おすすめの店3選

    広島のタウン情報webマガジン ペコマガ
  6. 『半沢直樹』箕部幹事長役・柄本明の“高速土下座”に反響「もはやドリフのコント」

    Techinsight
  7. フレーバーで楽しむ新感覚の甘酒!ビジュアルも映えて話題『糀屋 壽之介』~黒猫スイーツ散歩 浅草編④~

    さんたつ by 散歩の達人
  8. 『THE SOLAR BUDOKAN 2020』2週目のタイムテーブル解禁 トリはTHE BAWDIESとChar

    SPICE
  9. MOROHAアフロの『逢いたい、相対。』第二十四回目のゲストはカツセマサヒコ 憧れていた場所にたどり着いた時、男の目に映った世界とは

    SPICE
  10. ASKA「今しか歌えない歌を」コロナ禍での“新しいリアル”を語る【ロングインタビュー】

    ウレぴあ総研