Yahoo! JAPAN

いま令和だよね…昭和感じるアンティーク雑貨がぎゅっと詰まった宇城市の「日の出商店」

肥後ジャーナル

いま令和だよね…昭和感じるアンティーク雑貨がぎゅっと詰まった宇城市の「日の出商店」

みなさん、アンティーク雑貨って好きですか?今回紹介するのは昔ながらの古い道具やレトロなおもちゃがみっちり詰まった宇城市の「日の出商店」。以前、松橋で「溝見倉庫」を運営されていたオーナーが今年6月にオープンしたお店です。店内には新しいものが何もなく、いつの間にか昭和の時代にタイムスリップしたようなお店でしたよ。

ここお店かよ!知らないと通り過ぎてしまいそうな「日の出商店」

今回、訪れたのは今年6月にオープンした「日の出商店」。古い雑貨やおもちゃなどが販売されているお店です。

場所は宇土から鏡に抜ける熊本県道14号沿い。場所を知っていても通り過ぎてしまいました。 ちょっと奥まっているので、宇土方面からでしたら病院の看板を目印にしてください。

店内に入った瞬間タイムスリップ

……何ここ!! 店内に足を一歩踏み込んだ瞬間に、所狭しと並んだ古道具が雑貨、おもちゃの数々。 ちょっとカラフル過ぎて目がチカチカする気もしますが、圧倒的昭和感。

商品が並びすぎていて、どれから見ていこうか悩んでしまいます。めちゃんこ混沌とした空間です。 店主は、以前、松橋にあった「溝見倉庫」のオーナーで、建物の都合で溝見倉庫を閉店後、他の場所で販売していたそうですが、今年6月にこの場所にオープン。

どこに残ってたんだよって感じの昔ながらの鉛筆も未使用のまま販売。

ブリキの車もちょうど良い感じで錆びついてかっこいい……。 新品にはない良さがありますよね。今どきブリキの車なんて、新品でも見ませんけど。

昔ながらのグラスも。最近、アデリアレトロとかいって復刻されてるらしいですが、ここにあるのは当時のものばかりで復刻はおいていないそう。昔ってこういう柄多かったイメージ。

鍋とかもこの柄よ。なんかばあちゃんちとかにあったような気がします。こんなきれいなの初めてみました。

個人的に気になった商品たち

太陽の塔。 2025年にはまた万博やってきますね!今年は確かそろそろドバイでやるんでしたっけ。 そのときには全力ではしゃげる世の中に戻っていると良いですね!

甲冑。可愛いのがたくさん並んでる中でイカツイのばかり選んでごめんなさい。

昔のキャラメルとかガム。 「中身入ってるんですか?」と聞くと「確かめてないけどガムは入ってるかも…」とおっしゃっていました。 入っていても食べてみる勇気はありませんねェ。

昔あったクリームソーダの空き缶。これも商品です。 ぱっと見ゴミにしか見えませんが、人によってはお宝。古いものってなんだってそうなんです。

カウンターの奥に「更衣室」と看板の付いた棚があって、めちゃくちゃ気になったのですが、 「そこは、R-18。買取していると色々混ざってるの」とのことでした。なんかここまでレトロでした。

まるで博物館!眺めているだけでもワクワクできるお店

見渡す限り懐かしいものばかり。平成生まれの私でも懐かしいと思う不思議。なんなら、ここの商品の大半が先輩ですよ。 お店が狭く、少しぶつかると将棋倒しになってしまいそうなくらいなので、中学生以下のお子様の入店はお断りされているそうです。 「子供は悪くないんだけど、これだけおもちゃがあるとはしゃいじゃうから、何かあったときが申し訳ない」とおっしゃってました。確かに子供の頃の私がこのお店に入ったら、数分後には母親が土下座で謝っていたでしょう。 大人が見る分には、まるで博物館にいるようなワクワクしつつ掘り出し物が探せるお店ですよ!

おすすめの記事