Yahoo! JAPAN

渓流釣りで美麗アマゴ快釣 安定釣果の3つのコツとは?【山梨・桂川】

TSURINEWS

桂川で釣れた尺ヤマメと良型アマゴ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

7月29日、山梨県都留市を流れる桂川へと渓流釣行。今回の目的は『良型アマゴか良型ヤマメ希望』といつもながらに強欲だが、目的を達成できたのでレポートしよう。

桂川都留漁協の管轄区域

都留漁協では管轄区域が『都留市~富士吉田市の本支流』となっており、例年3~9月まで月1回第1日曜日に広範囲に渡り定期放流がある。漁協HPによると、1度の放流で約9000~13000尾と凄まじい数である。

筆者は6月下旬から今回で4回目の桂川挑戦であるが、まだ良型ヤマメ、アマゴは手にできていない。8月1日の放流日以降はきっと魚影もさらに熱くなっているのではないだろうかと想像し、良型ヤマメもしくは良型アマゴを釣ることを目標に釣行した。

当日朝イチの状況

天気予報は曇時々雨なので、期待して6時5分に同地へ到着。すぐに日釣り券を購入してお初の大場所へと車を走らせる。入渓点へ行くと運よく先行者の車はない。かなり期待できそうな大場所であるが、目立ちすぎるポイントなので連日たたかれまくりだろう。

すぐに目立つ大場所を攻めていくがアタリがなく、これまでの3釣行と立ち上がりが違い戸惑う。

桂川の流れ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

タックル

今回のタックルは、7.5~8.0mズーム仕様の本流ザオと6.3m渓流小継ザオに、ミチイト0.8号をサオいっぱいに結び、通し仕掛けでマスバリ7号バリを直結。目印を3つ付けて、オモリはガン玉2B、3Bを流れの強弱や状況に合わせて加えて使用した。

また、本日はエサにミミズを3箱用意するヤル気の姿勢だ。

エサのミミズは十分な量を用意(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

大場所空振るもデカ二ジ降臨

岩盤地帯の各大場所へ仕掛けを入れるが、開始30分アタリがなく不安になる。早い段階で釣果が欲しいので、小場所中心に攻めていく。すると目印が停止。アワせると大物が掛かったが、瀬の流速が強い場所でも動かない、かなり強めの個体だ。

20秒程度経つと下りはじめ、私も数m下らされたが凌ぎ、慎重なやりとりで対応していくと姿が見えた。朝イチから55cmと大型のニジマスの取り込みに成功した。

大型のニジマスキャッチ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

すぐにリリースして周囲を見渡すと、攻められる場所は下流に下る以外他にない。上流は数年前に入ったことのある流域なので、遡行して攻めることにした。

実積ポイントでアマゴ連発

此方はいつも入渓点には釣師の車があるが、今日はないので攻めるべき場所を絞って釣っていくとアマゴが連発していく。まずはいきなり良型アマゴ24cmが釣れると、続けて22cm。しかし、その後は桂川ではカウント出来ないサイズ(6寸以下)が掛かりだしたので上流へ。

次の狙い場所では25cmのアマゴが釣れた。20cmクラスのヤマメも数尾出たが、イイ感じに釣れてくれているので全て即リリース。そして40cmクラスのニジマスが掛かり場が荒れたので、3つ目の期待のポイントへ。

20cm超のアマゴが連発(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

狙いの尺ヤマメ登場

エサを流すとすぐに強引にエサを食うようなひったくるアタリで良型確定な引きが。これは「間違いなく大物なので絶対に獲る!」と、慎重に慎重に時間を掛けて何度も空気を吸わせまくる。そして時間を掛けて寄せてタモに入れたサカナは、太めの体系をした30cmのヤマメであった。

その後はもうそのポイントには目もくれずにニコニコ顔でサカナを並べて写真撮影だ。

良型ヤマメを手中(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

サカナを全てリリースしてもうすでにいつ帰宅してもOKであるが、時間はまだ8時である。のんびり遡行していくとポイントごとに21~23cmのアマゴが4尾釣れた。そして上流の大場所には釣師が陣取っていたので、追加した4尾のアマゴを下流へ戻りながらリリースして退渓場所へと歩き休憩することにした。

ヒレピンニジマスが連発

車に戻るとまだ10時ではあるが早めの休憩を取り午後に備えることにした。午後から雨予報なので12時まで車で休み、上流へ車を走らせると次に狙う流域には釣師が数名確認できた。そこで前々回に入ったポイントへと移動。車はないのでここで決まり。

私としてはなるべく入ったことのないポイントで楽しみたいので、前々回のポイントよりも下流に入ってみる。すると、よさそうな場所があったので流すと、ヒレピンなニジマスが連発。サイズ的には大きくても30cm前後ではあるが、引きが面白い。

豪雨で中断されつつ追釣

だが楽しい時間も束の間で、いきなり晴れ間の中からのスーパー豪雨発生。瞬く間に空は曇り強烈な雨だ。そんな時にもニジマスが掛かり困惑するが、すぐにリリースして怪我しないスピードで入渓点に戻り避難した。

幸いこの雨で濁りは大したことはなく全然釣りができる状況なので、前々回の滝下ポイントへ行くと綺麗なアマゴが釣れた。だが粘っても状況はあまりよくないので、いつも訪れる最終ポイントへと期待を込めて移動することにした。

美しいアマゴ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

良型アマゴでニコニコ納竿

車に戻ると再び空は小雨になるも酷くなる様子はない。さて先ほどは周辺に釣師が3人見えたがどうだろうか?駐車場所には2台の車があったが、到着するといない。攻められた後なのかどうなのか分からないので、期待を込めて入渓。気持ち増水気味だが急に晴れ間も差してきている。

慎重に大淵の下流に身を潜め、サオを8mに伸ばして振込む。そして大淵の淵尻に到達した瞬間、ギラッと魚体が光る。と、同時にサカナが掛かった。経験上、確実に良型確定なのでフルパワーで対抗する。

前々回は掛けた瞬間からカメラを回しつつやり取りをしたのが原因でバラしてしまった。今回は全力で弱らせるつもりでやり取りすると、20秒程度でサカナは浮いてきた。良型のアマゴが見えたので、そのまま空気を吸わして寄せ、なんなく取り込んだ。サイズはもう少し欲しかったが27cmと十分満足できる魚体である。見るからに美麗かつ男前な個体に癒され、写真を撮ってリリース。

ラストポイントでは27cmアマゴ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

25尾の釣果を得て退渓

これはチャンスかと思い、もう一振りするとすぐさま24cmのヤマメが釣れた。総合釣果はこの時点で25尾釣れもう十分だ。それにそもそも午後イチの雨で徹退を考えていたので、即リリースして退渓。

これからがまさに熱い時間かつ天気も曇りで持ちそうだが、今後の楽しみにしておきたくなり帰宅した。また今季終盤に美麗な良型を求めてチャレンジできればしたいところである。

安定釣果を出す3つの秘訣

最後に、安定釣果を出すための3つのポイントを紹介する。

いい体形をしたヤマメ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

1.いい時間に実積場中心に攻める

同管轄区域の流域ごとでの実積ポイントを中心に攻めていくと、アタリはほぼ確実に貰える。私の場合、お初場所も組み込んでいるが、実積ポイントに「ハズシにくい時間帯に入る」ことで釣果を稼いでいる。それと、よほど小さいポイントでない限り1尾釣れてくれれば大抵の場合は数尾追加できる。

2.瀬が続くポイントも有望

私はとにかく釣りたいので「見た目がいかにも釣れそうな大場所」ばかりに目がいってしまうのだが、実は瀬が続くポイントでも超高確率ポイントは多数存在する。サカナの定位するポイントはどこの川でもだいたい決まっているので、1度いい思いをしたポイントは必ず候補に入れている。

瀬が続くポイントも有望(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

3.エサは沢山用意する

今季から桂川で渓流釣りを始めたようなものではあるが、とにかく私のよく行く川よりも遥かに魚影が濃い。それだけに川虫も簡単に獲れるが、さらに簡単に入手できるミミズも沢山用意していく。魚影が濃い川でエサがあるだけ釣りをするので、その分釣果にも反映される。

<なおぱぱ/TSURINEWSライター>

The post渓流釣りで美麗アマゴ快釣 安定釣果の3つのコツとは?【山梨・桂川】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事