Yahoo! JAPAN

実父に「すぐに抱っこすると抱き癖がつく」と言われた!赤ちゃんを抱っこしてはいけないの?

ママスタセレクト

周りの人から「赤ちゃんはたくさん抱っこすると抱き癖がつく」と言われたことがあるママは少なくないのではないでしょうか。ママスタコミュニティにも先日、実のお父さんからこんなことを言われたというママからの相談がありました。

『父に「子どもが寝なくて泣いてばかりで大変」って電話で話したら「子どもは泣くんだしある程度放っておいたら寝るよ! あまりすぐ抱っこすると昔は抱き癖がつくと言われてたよ」と昨日言われた。泣いたらすぐ抱っこしてたけど昨日からやめてみた。みんなはどうしてるの?』

投稿者さんは初めての育児の大変さから電話で愚痴を吐いたところ、お父さんからこんなことを言われたそうです。「泣いたらすぐに抱っこしていたけど、しないほうがいいのかな?」と悩む投稿者さんにどのようなアドバイスが寄せられたのでしょうか。

無理しない範囲で抱っこしてあげればいい

『わざわざ放っておくより、できるなら抱いてあげたほうがいいに決まってる』

『できる限りすぐそばに行って抱っこするかな』

『家事とかトイレとかで泣いてても抱っこできないときは「○○してるからちょっと待っててねー」と声かけして、終わったら「待っててくれてありがとうね」と言って抱っこしてる』

今回の相談に対して多くのママからは「泣いているなら抱っこしてあげて」という意見が集まっていました。もちろん家事やその他の用事で抱っこができないときもあります。そんなときには焦らずに「ちょっと待っててね」と声かけをして、用事が終わってから抱っこをしているというママもいました。

『ママが大変ならしばらく様子見ても大丈夫だよ』

『抱っこしても泣かれて自分の心身を削られるようなら、放っておくのもあり』

『あげたいと思うなら周りは気にせずにどんどん抱っこしたらいいと思う。キツイと思うなら無理して抱っこする必要はないとは思うよ』

投稿者さんは赤ちゃんが抱っこをしても寝てくれず、ずっと泣いていることに不安を覚えています。そんな状況では抱っこをし続けていても投稿者さんの心身の負担が増すばかり。「抱っこしたいときはどんどんして、辛かったら少し様子見ていても大丈夫」と臨機応変に対応を変えることを勧める声がありました。

「抱き癖」はママを心配して言ってくれたのでは?

『男親の感覚なんて全く違うしあてにならないよ』

『うちの父親もそんなこと言ってたわ。 何度「今は抱き癖なんてない。むしろ抱っこして安心させるほうがいいと言われてる」って言っても信じなかったな』

『今は抱き癖なんて関係なく抱っこしてあげたほうがいいんだよ』

投稿者さんと同じように実のお父さんから「抱き癖がつくからあまり抱っこしなくていい」と言われたことがあるママもいました。しかし抱き癖という考え方が現代であまり受け入れられていないことは、ママたちのコメントからもわかる通りです。同じ経験をしたママからは「抱き癖云々のアドバイスは気にしなくていい!」と背中を押す様子がありました。 一方で「娘を心配して言ってくれているのでは?」という意見もあります。

『お父さんからしたらわが子が一番かわいいんだから、「大変」って言われたらフォローして解決策を考えてあげたくてそう言ったんじゃない?』

『「子どもは泣くんだし~」=泣いていても慌てなくていいし、少し休んでいいんだよ。「あまりすぐ抱っこすると~」=それでもみんな育ってるし、泣いてすぐ抱っこしなくても罪悪感を抱く必要はないよって意味だと思った』

『抱き癖って産後の母体を休めるための言葉だと思う。「抱っこよりも母体を休めるのも重要」って意味で』

「そんなに焦って抱っこしなくても大丈夫だよ」と受け取り方を変えてみると、お父さんの優しさを感じ取れるかもしれません。

子どもを抱っこできるのは今だけ!できるならどんどん抱っこして

『無条件に可愛い赤ちゃんの時期に抱っこしないなんてもったいない!』

『あっという間に、抱きつくのも嫌がられるよ』

『今となってはあっという間の貴重な時間だった』

『抱っこできるのって今しかないよ。私はもっと抱っこすればよかったって思う』

筆者は子どもが2人いますが、上の子はもう3歳。以前のように「抱っこして」とお願いされることも少なくなり、今ではなるべく自分から抱っこをさせてもらっています。先日、先輩ママから「子どもを抱っこできるのは人生の中でも数年しかない」と言われたからです。ママスタコミュニティにも「もっと抱っこしておけばよかった」と後悔しているママも少なくありませんでした。投稿者さんは“抱き癖”という言葉に迷い悩んでいましたが、「抱っこできるのは今だけ!」と聞くと考え方も少し変わるかもしれません。同じように乳幼児の子育てをがんばっているママも、心身の負担がない限りは、わが子をたくさん抱っこしてあげてはいかがでしょうか。

【関連記事】

おすすめの記事