Yahoo! JAPAN

【2021年最新】千葉のおすすめかき氷!ふわふわがおいしい人気のお店5選

ちいき新聞

【2021年最新】千葉のおすすめかき氷!ふわふわがおいしい人気のお店5選

もうすぐ夏休み! 暑い夏はやっぱり、ひんやりかき氷が食べたくなりますよね。

天然氷のふわふわかき氷、自家製シロップがおいしいかき氷、韓国で今大流行しているかき氷など、種類もさまざま。

かき氷の数だけ楽しみがある、といっても過言ではありません!

2021年の夏におすすめしたい千葉のかき氷屋さんをご紹介します。

目次▼ 【我孫子市】天然氷のかき氷が絶品!「吉岡茶房」のおすすめは濃厚玉露金時 ▼ 【野田市】清水公園内「cafeアゼリア」の人気かき氷は「いちごフラッペ」。一年中食べられて好評 ▼ 【八千代市】村上茶屋のおすすめかき氷はおいも氷!濃厚紅芋餡がたまらない ▼ 【印西市】マリーチサーカスカフェの天然氷かき氷が話題に!店長おすすめはチャイ ▼ 【千葉市】韓国で話題の新食感かき氷「糸ピンス」が「路地裏カフェ」で食べられる!

【我孫子市】天然氷のかき氷が絶品!「吉岡茶房」のおすすめは濃厚玉露金時

我孫子市にある「吉岡茶房」は、天然氷のかき氷、焼き芋、ピーベリー豆専門の自家焙煎珈琲が味わえるお店。どれも店主こだわりの逸品で、かき氷には、栃木県日光市にある蔵元「四代目徳次郎」の天然氷を使用しています。

吉岡茶房

店主の吉岡さんは、冬場の天然氷作りからボランティアで参加。天然氷の製造に携わることで、「自分の口に何が入っているのか、しっかりと伝えられることが大事」と話します。自分の好きなものにとことんこだわり、品質の良いものを安心して食べてほしいという思いで作られています。

天然氷かき氷の販売は、4月から12月末までの予定で、シーズン中はテイクアウトも可能です。※天然氷の状況によって変更の可能性あり

吉岡茶房おすすめの天然氷かき氷はこちら。

濃厚玉露金時(別添えミルク付き)1100円

「濃厚玉露金時」、価格は1100円です。濃厚な玉露の旨みと、自家製小豆の組み合わせがおいしすぎました…!

こだわりは、やはり濃厚な玉露シロップ。メニュー開発時、静岡県にあるお茶農園「服部農園」で天然氷に合うシロップについて相談したと言います。何度も試作し改良を重ね、この「濃厚玉露金時」が誕生しました。

「農園の土もみているし、環境もみているし、生産者もみている。ときどき農園のお手伝いをさせてもらうことも。玉露になるまでの過程を知っているからこそ、安心しておいしいものが提供できる。抹茶や玉露は、珈琲以上に奥が深いです」と吉岡さんは話します。

吉岡茶房の天然かき氷メニュー ・濃厚玉露金時(1100円、ハーフ990円) ・極みほうじ茶(1045円、ハーフ935円) ・カフェオレ(1100円、ハーフ990円)期間限定 ・黒蜜きなこ(1045円、ハーフ935円) ・生いちごミルク(1023円、ハーフ913円) ・ブルーハワイ(715円、ハーフも同じ)

吉岡茶房の外観

吉岡茶房の天然氷のかき氷は口コミで広がり、SNSでも話題に。千葉県ではなかなか味わえない天然氷のかき氷を堪能してみてはいかがでしょうか。

2022年の春には、手賀沼公園内に吉岡茶房が展開するコーヒースタンドがオープン予定! 天然氷のかき氷はそちらでも提供されます。お楽しみに♪

吉岡茶房 住所/千葉県我孫子市若松170-4 営業時間/11:00~18:00 定休日/月曜日(祝日の場合、翌火曜日) 電話/ 04-7107-0800 公式HP/https://yoshioka-shoten44.com/

【野田市】清水公園内「cafeアゼリア」の人気かき氷は「いちごフラッペ」。一年中食べられて好評

野田市の「cafeアゼリア」は、清水公園の敷地内にあるカフェレストラン。2019年3月にオープンし、自然に囲まれたロケーションが楽しめる人気のお店です。店内へ一歩足を踏み入れると、天井が高く開放的な空間に驚きます。

cafeアゼリア

カレーやハンバーグなどのお食事、新鮮な野菜を使用したブーケサラダやポテトなどの軽食、今話題のマリトッツォやパンケーキなどのデザートなど、メニューの種類も多くどれも本格的です。

そんなcafeアゼリアで幅広い世代から支持されているデザートが「かき氷」です。ふわふわのエスプーマかき氷のいちごフラッペを中心に、マンゴー、ブルーハワイ、バタフライピーなどの期間限定メニューが3種前後登場します。

こちらは、cafeアゼリアのおすすめかき氷「いちごフラッペ」(800円)です。

いちごフラッペ800円

いちごフラッペは、一年を通して味わえるかき氷で、見た目のインパクトが大! 初めて注文するお客様はまず、その大きさに驚くそうです。

一番のこだわりは、ふわふわのエスプーマ。泡状に仕上げ、口当たりなめらかなソースは、砂糖を使用せず、練乳の甘味でかき氷を引き立てています。エスプーマはかき氷とのバランスが難しかったそうで、「店のメンバーで何度も試食し、お客様からの意見も参考にして今のバランスになっています」と担当の小貫さんは話します。

いちごの果実入りのシロップは別添えで、自分で完成させる楽しみも。さらにかき氷を食べ進めていくと、中にストロベリーアイスが入っていました! 最後まで飽きずに食べられるように工夫がされています。

cafeアゼリアのかき氷メニュー ・いちごフラッペ 800円 ・マンゴーシェイブアイス 800円(ハワイフェア期間中) ・くまさんブルーハワイ 400円(夏期限定) ・バタフライピーレモン 450円(夏期限定)

テラス席もおすすめ! Wi-Fi完備で、テレワークや打ち合わせ利用も可

テラス席の他、芝生エリアやベンチでも飲食ができます。レジャーシートを持参し、お気に入りの場所でかき氷を楽しむ人の姿も。夏のおでかけにおすすめです。

cafeアゼリア 住所/千葉県野田市清水906 営業時間/10:00~16:30(平日)、10:00~17:00(土日祝日) 定休日/年末年始 電話/ 070-1051-0825 公式HP/https://www.shimizu-kouen-eatery.com/azalea/ Instagram/@cafe_azalea 

【八千代市】村上茶屋のおすすめかき氷はおいも氷!濃厚紅芋餡がたまらない

八千代市にある「村上茶屋」は、遠方からはるばるお客さんが訪れる人気のたい焼き専門店。6月中旬から9月中旬までの夏季期間は、かき氷専門店に変わります。2018年11月にオープンし、今年で3回目の夏を迎えます。

村上茶屋

SNSをきっかけに評判となり、口コミで広がっているのは、「おいも氷」です。

たい焼きに使用している餡を中心に夏のメニューを考えたところ、和テイストのかき氷を思いついたそうです。ミルクのかき氷シロップとの相性が抜群だったことから、紅芋餡に決定しました。

「おいも氷」の価格は600円。たい焼き専門店だからこそ、コストを抑えて提供できるのだそう! お手頃な価格設定はうれしいですね。

さて、村上茶屋おすすめのかき氷はこちら。

おいも氷600円

おいも氷は、紅芋の味がたっぷり感じられます! 濃厚なのにさっぱり。バニラアイスが添えられていて、食べ進めるとお芋ミルクのやさしい味がします。そして、黒ゴマの存在感がすごいです。あるのとないのとでは全くの別物。ゴマの香ばしさがたまりません!

店主の佐久間さんは、おいも氷の想像以上の反響に驚いたそうです。土日は行列になることも。「昨年は1時間お待たせしてしまうこともありましたが、それでも食べに来てくれておいしいと言っていただけて本当にうれしい」と話します。

村上茶屋のかき氷メニュー ・おいも氷 600円 ・白玉宇治金時 600円 ・黒蜜きなこ 600円 ・氷いちごみるく 500円 ・トロピカルパイン&マンゴー 500円 ■テイクアウトメニュー(紙カップかき氷) ・氷いちご、氷レモン、氷メロン、氷ブルーハワイ、氷カルピス、氷スイカ、氷ピーチ 各200円 ・梅シロップ、ゆずカルピス 各250円 ・宇治金時 300円 トッピング 練乳+50円

村上茶屋は、水槽がたくさんあり小さな水族館のような「アクアカフェ」。夏季限定でメダカの販売も行っています。小さい子どもからお年寄りまで幅広く利用されている地域に密着したお店です。他店にはないオリジナルの「おいも氷」を食べにおでかけしてみてはいかがでしょうか。

村上茶屋 住所/千葉県八千代市村上1643-19 営業時間/13時~17時 定休日/水・木 電話/047-779-3572 HP/https://snack-bar-2992.business.site/ Twitter/@murakamichaya

【印西市】マリーチサーカスカフェの天然氷かき氷が話題に!店長おすすめはチャイ

印西市草深のマリーチサーカスカフェは「体の中からキレイに」をコンセプトにしており、地元の契約農家さんから仕入れる10種類以上の季節の野菜を生かした手作りランチが楽しめます。美容室マリーチサーカスに併設された、隠れ家のようなお店です。

マリーチサーカスカフェ

今年から天然氷かき氷を扱っているお店として、早くもSNSで話題になっているマリーチサーカスカフェ。栃木県日光市の蔵元「松月氷室」の天然氷を使用しています。

昨年、蔵元「松月氷室」に天然氷を使わせていただきたいと打診していたところ一旦はお断りされたそうですが、今年になって良いお返事がいただけたとのこと。「老舗の天然氷が使えると連絡があったときは本当にうれしかった」と店長の澄川さんは話します。

天然氷の温度を戻す方法、かき氷の削り方など、蔵元「松月氷室」で天然氷の管理方法の全てを教わったといいます。かき氷に使用しているシロップも、蔵元「松月氷室」のアドバイス内容をもとに開発しています。

マリーチサーカスカフェおすすめの天然氷かき氷は「チャイ」。

チャイ1200円

チャイとは、インド式で甘く煮出したミルクティーのこと。自家製ホイップクリームの上には、ザクザク食感のクッキーやシナモンパウダーがトッピングされています。シナモン好きにはたまらないかき氷です! チャイシロップも添えられているため、最後までおいしく食べられます。

天然氷のかき氷は全8種類。かき氷で「チャイ」は珍しく、マリーチサーカスカフェのオリジナルメニューです。メープルナッツや、抹茶あずき、黒蜜きなこあずきの人気かき氷が揃う中、店主のおすすめは「チャイ」なんだそう! ぜひ、味わってみてほしいです。

マリーチサーカスカフェの天然氷かき氷メニュー ・いちご 1200円 ・ベリー 1200円 ・メープルナッツ 1200円 ・チャイ 1200円 ・抹茶あずき 1200円 ・黒蜜きなこあずき 1200円 ・メロン 700円 ・みぞれ 600円

テラス席もありペット連れOK

マリーチサーカスカフェの天然氷かき氷の販売期間は、6月中旬から9月末予定。天然氷の仕入れ状況によって異なるため、最新情報は下記のTwitterもしくはInstagramでご確認ください。かき氷の販売時間は、営業日の14時から16時半まで、ラストオーダーは16時となっています。かき氷の営業時間が短いので、要チェックです!

マリーチサーカス カフェ 住所/千葉県印西市草深2426-5 営業時間/11時~16時半、かき氷販売時間14時~16時半(ラストオーダー16時) 定休日/HP、もしくはTwitterでご確認ください 電話/0476-37-6004 Twitter/@cafe93980542 Instagram/@marichicafe

【千葉市】韓国で話題の新食感かき氷「糸ピンス」が「路地裏カフェ」で食べられる!

JR千葉駅から徒歩3分の場所に2021年7月にオープンしたばかりの「路地裏カフェ」。店名の通り路地裏にあり、店のドアを開けると、「非日常のひとときが楽しめる、ゴージャスでおしゃれな空間」が出迎えてくれます。

路地裏カフェ

路地裏カフェのかき氷は、韓国発の話題のスイーツで「糸ピンス」と呼ばれるもの。「アイスのような、かき氷のような、不思議なふわふわ食感」とSNSを中心に注目を集めています。日本でもブーム到来といわれていますが、今のところ千葉県で食べられるお店はココだけ!

かき氷の氷自体に味がついているのが特徴で、糸のような繊細な氷を作る専用の機械を採用しています。氷の糸が切れないように、糖度と粘度のバランスが大事なのだそう。料理研究家に相談しながら開発したメニューです。

路地裏カフェおすすめのかき氷はこちら。

ふわふわ いとごおり ストロベリー1320円

「ふわふわ いとごおり ストロベリー」、価格は1320円。

本当に糸のように細いです。なじみのあるかき氷とは違ったスタイルにびっくり! サクッとした食感もありながら、滑らかでしっとりしています。いちごの果肉入りシロップと練乳が添えられていますが、そのまま食べてもおいしいです。

いとごおりを食べるお客さんからは、早くも好評! 「初めての食感でおいしい、最後は水っぽくならず、飲むいちごミルクみたい」と驚きの声が多いのだそう。季節を問わず、1年中食べられるかき氷です。

路地裏カフェのかき氷メニュー(通年販売) ・ふわふわ いとごおり ストロベリー 1320円 ・ふわふわ いとごおり マンゴー  1320円 ・ふわふわ いとごおり ミント  1320円

ミント味は、練乳とチョコシロップが添えられています。爽快感がたまらない♪ ミント好きは必見です!

路地裏カフェ

路地裏カフェは、スパイスカレーとかき氷のお店。ワインに合う肉料理や、グリル野菜も全てお店で手作り。ぜひ、素敵な空間で、おいしい料理とともに最新スイーツ「糸ピンス」を体感してみてください。

路地裏カフェ 住所/千葉県千葉市中央区弁天1-15-8 サンライズビル1F 営業時間/11:00~22:00 定休日/月 電話番号/043-441-5108 公式HP/https://rojiura-cafe.owst.jp/ Instagram/@rojiura.cafe

【関連記事】

おすすめの記事