Yahoo! JAPAN

「元カレなんかじゃない!」思い出すのもイヤ“衝撃”エピソード #4「年上だからって…」

ウレぴあ総研

あなたには、今まで付き合った男性の中で、思い出したくないほどにイヤだ、と感じるような元カレはいますか?

一般的に、年齢を重ねるとその分恋愛経験も増えますので、それほどまでに嫌悪感を抱いてしまう元カレがいても不思議ではありません。

今回は、実際に女性たちに聞いた話をもとに、思い出すのもイヤな男性エピソードについて実録形式でご紹介します。

「以前付き合っていた元カレとのことです。

私よりも10歳年上の男性で、いつでも自分の意見をしっかり持っていてとても頼りがいがある男性、というのが第一印象でした。

自分の会社を経営していて、イケメンだし、何でこの歳まで結婚していなかったの? と疑問に思うほどの好条件。

女性の扱いにも慣れていて、付き合ってからもどんどん彼氏に夢中になっていきました。

しかし、付き合ってしばらくしてから、彼氏がずっと独身だった理由がわかりました。

自分が決めたことは絶対に曲げないし、こちらが違う意見を言おうものなら、すぐに理詰めにされて論破されてしまうんです。

私も口が立つタイプなので、喧嘩のたびに揚げ足を取って、相手が黙ってしまうこともありました。

でもそんな時に絶対に『本当に子供だよね……俺もそのくらいの歳の時にはそう思ってたよ』『早く大人になれるといいね』などと、年齢を理由に上から目線で呆れたように言い放つんです。

彼氏が悪い時でも絶対に謝れないし、よくよく考えたら私が何かしてもお礼の言葉すら言わない。

『ありがとう』と『ごめんね』は歳が上だからって言わなくて良いものじゃないですよね(笑)

別れを告げた時も『〇〇には俺くらいの年齢の男は手に負えないよね。もっと大人になって出直しておいで』と謎の上から目線発言で対応されました……出直すも何も、もう2度と会いたくないし思い出したくもないです。」(32歳/IT関連)

小さい子供でもできる『ありがとう』と『ごめんね』を言うことができないのに、年齢を理由に常に上から目線でいられることは疑問を感じますよね。

極端に歳下の女性を好む男性は精神的に幼い、と言われることもありますが、こちらの男性もそうだったのではないでしょうか。

(mimot.(ミモット)/Hanako Iguchi)

【関連記事】

おすすめの記事