Yahoo! JAPAN

不審電話には迷惑電話防止機器や留守電で対策を 旭警察署が注意喚起〈横浜市旭区〉

タウンニュース

旭警察署は3月1日、旭区内での事件の発生状況を発表。2月22日から28日までの1週間で合計11件が認知された。

内訳は万引き6件(鶴ヶ峰2丁目<3件>・二俣川2丁目<2件>・二俣川1丁目)、オートバイ盗2件(上白根町・柏町)、自動車盗1件(上川井町)、置引き1件(市沢町)、部品狙い1件(今宿東町)。

同署では、過去数年間の医療費の還付手続きなどを口実に暗証番号や取引金融機関を聞く不審電話を確認。「金融機関や警察が電話で暗証番号および預金残高を聞くことはない、警察が現金を用意してくださいとお願いすることは絶対にない」とし、「金融機関になりすまして口座番号や暗証番号、最終残高を聞く不審電話は詐欺です。安易に電話で個人情報を相手に話さないよう注意してください」と注意を促している。また、被害抑止のためには詐欺グループからの電話を安易に受けないことが重要になるため、迷惑電話防止機器の設置や留守番電話の設定を呼び掛けている。

相談は旭警察署【電話】045・361・0110へ。

【関連記事】

おすすめの記事