Yahoo! JAPAN

【かき氷】練乳をまとった手がきのふわふわ氷に感動。巣鴨のかき氷専門店「雪菓」の富士山の天然氷を使った贅沢かき氷

オズモール

◆【かき氷】練乳をまとった手がきのふわふわ氷に感動。巣鴨のかき氷専門店「雪菓」の富士山の天然氷を使った贅沢かき氷

オズモール


夏になると恋しくなるかき氷。今回は、都内の名物かき氷の魅力をご紹介。東京・巣鴨の「雪菓(せっか)」は富士山麓でつくられる天然氷を使ったかき氷専門店。練乳をまとった手がきのふわふわ氷に、甘酸っぱい自家製いちごシロップや新感覚の抹茶シロップをたっぷり。かき氷をこよなく愛する店主がつくるこだわりの一杯をどうぞ。

オズモール


四季折々のフルーツをシロップに。練乳もたっぷりかけて召し上がれ
巣鴨のシンボル、とげぬき地蔵のほど近くにある「雪菓」は、かき氷をこよなく愛する店主・本田祐紀さんが「自分でつくれば、いつでも並ばずに食べられるから」と2014年にオープン。かき氷好きが高じて店を開いただけあって、氷にもシロップにもとことんこだわる本田さん。さまざまな氷を食べ比べて惚れ込んだという、富士山麓の蔵元「不二」の天然氷を使用。手回し式のかき氷機にこだわり、1杯ずつ丁寧に削る。

オズモール


シロップは、基本的には“自分が食べたいもの”。旬のフルーツを中心に、不二の氷のおいしさが生きるようなシロップを心がけているという。人気のいちごミルクをはじめ、粉末納豆を使った「納豆きなこ」なんてユニークなものも。どのメニューにも練乳はたっぷり。さらに、追加の練乳が無料というのも嬉しい。

オズモール


男女を問わず人気があるのが「生いちごミルク」(950円)。練乳をまとったふわふわ氷に、とちおとめでつくった甘酸っぱいシロップは別添えタイプ。食べ進めていくと、氷の中にもシロップと、フレッシュないちごがゴロゴロと! さっぱりとした甘さだから、いくらでも食べられそう。いちごを11個も使ってつくる季節限定の「いちごまみれ」も気になるところ。

◆ほかにもある!お店の人気メニューや雰囲気をチェック

オズモール


抹茶を使ったかき氷の新しいカタチを提案
苦くない抹茶をコンセプトにつくったという「抹茶無双」(950円)は、抹茶ミルク×抹茶チョコ×抹茶クリームの3層で構成された贅沢なかき氷。まろやかだけれど、しっかり抹茶が香る。1年を通して食べられるので、抹茶ファンはお見逃しなく!

オズモール


濃厚でやさしい味わい。安納芋のかき氷
鮮やかな黄色が目を引く「安納芋」(1150円)は、種子島産の安納芋を壺で焼き芋にしてからシロップにしているという。じっくり時間をかけて引き出されたさつまいもの甘みが濃厚で、そのままはもちろん、別添えのキャラメルシロップをかけてもおいしい。

オズモール


待ち時間にはのんびり巣鴨散策を楽しもう
オーダーごとに1杯ずつかき氷を作るため、平日でも行列ができてしまうことも。そこで本田さんは待ち時間に散歩を提案している。「地蔵通り商店街は老舗のお店もたくさん並んでいて、ぶらぶらするだけでも楽しめます。初めて巣鴨に来たという方はぜひ歩いてみて」

OZmallからのお願い
新型コロナウイルスの影響により、施設・店舗の休業、営業時間の変更、提供内容の変更が発生しております。日々状況が変化しておりますので、ご不明点がございましたら各施設・店舗へお問い合わせください。
外出時は、ご自身の体調と向き合いマスク着用のうえ、各施設の3密対策・ソーシャルディスタンス確保などの衛生対策に従い、思いやりを持った行動をお願いします。

【関連記事】

おすすめの記事