Yahoo! JAPAN

犬に負担をかけず節約!『お金をかけなくてもいい犬用品』トップ5

わんちゃんホンポ

1.食器

犬の食器はサイズもデザインも様々な種類があります。しかし、食器は人間用のものでも特に問題はありません。

犬が水を飲んだりご飯を食べたりする時に、動いてしまわないようある程度重さがあり、倒れにくいよう底が広めのものがおすすめです。人間用の食器であれば、グラタン皿やココット皿などがぴったりです。

ただし、年齢や体質によっては犬用に設計された食器を使うことが適している場合もあります。

早食いをしすぎてしまい、喉に詰まらせてしまう恐れや胃捻転・胃拡張症候群の危険性がある場合は、早食いを防ぐために内部に突起が付けられている食器がおすすめです。

また、大型犬や老犬など、うつむくことで体に負担がかかる犬の場合は、高さのある食器や手前に傾いた形状の食器を使うのが効果的です。

犬の体や状態に合わせて、節約をしながらも本当に適しているものを選ぶということもとても大切です。

2.おもちゃ

ペットショップやインターネットサイトには、犬用のおもちゃがあふれています。ぬいぐるみやボール、デンタルトイ、知育玩具と色々な種類があり、デザインも豊富なので選ぶのも楽しいと思います。

しかし、自宅にある不要になったものでも十分に魅力的なおもちゃを作ることができるということも知っておいてください。

使い古した靴下の中にボールを入れたり、いらなくなったタオルに結び目を作ったりして引っ張りっこできるおもちゃを作ることができます。

このようなおもちゃであれば、ボロボロになったりにおいが気になったら気兼ねなく捨てて新しく作り替えることができますし、タオルや靴下に飼い主さんのにおいがついている分、愛犬にとっては非常に魅力的なおもちゃになるのです。

3.歯ブラシ

犬にとっても歯ブラシは欠かすことのできない日常的なケアのひとつです。

そのため、歯ブラシを日課にしている飼い主さんも多いと思いますが、念入りに歯磨きをしていると思いのほか歯ブラシの消費が早いため、買い替える頻度も高いのではないでしょうか?

もちろん犬の歯にフィットするように開発された犬用の歯ブラシも販売されていますが、人間用の歯ブラシで代用することもできます。

犬の歯みがきに使う場合は、子ども用の歯ブラシがおすすめです。子ども用であればヘッド部分が小さいので犬の口内でも動かしやすく、ブラシ部分が柔らかいので歯ぐきを痛めるリスクも少ないでしょう。

歯ブラシは高価なものを長く使い続けるよりも、清潔で型崩れしていないものにこまめに替えながら使う方が良いとされています。

歯ブラシの買い替えを金銭的に悩むことがあれば、ぜひ人間の子ども用歯ブラシをチェックしてみてください。

犬の歯は人の歯よりも弱いといわれています。子供用の歯ブラシでも毛が柔らかいものを選んでください。硬い毛の歯ブラシは歯の表面のエナメル質に傷が入り、歯垢や歯石が付きやすくなってしまいます。できるだけ柔らかいものを選び、ごしごし力を入れすぎないようにしましょう。

4.ウェットシート

散歩の後の足拭きや、トイレをした際のお尻拭き、ご飯後の口まわりのケアなど様々なシーンでウェットシートを利用している飼い主さんは少なくありません。しかし、犬用のウェットシートは入っている枚数が少なく、単価が高い傾向にあります。

ウェットシートを日常的に使うのであれば、人間の赤ちゃん用のお尻拭きや、口まわり拭き用のシートを代用するといいでしょう。

生まれたばかりの赤ちゃんのデリケートな肌にも使えるように、肌の刺激になるような成分が入っておらず、水分をたっぷり含んでいるので犬の体にも負担がかかりません。

ドラッグストアやスーパーでリーズナブルな価格で販売されているので、簡単に手に入れられる点も魅力です。

5.オムツ

犬も年齢を重ねると排泄のコントロールがうまくできなくなってしまい、オムツが必要になる場合があります。

犬用のオムツも販売されていますが、実は人間の赤ちゃん用のオムツも活用することができるとされています。人間用のオムツの方が吸水力や蒸れ防止などの性能に優れており、サイズ展開も豊富なので犬の体にも負担の少ないものが見つかります。

犬用のオムツが高いからといって節約のために長時間つけっぱなしにする人もいるようですが、オムツはできるだけこまめに替えて衛生的に保つことが大切です。

節約したいのであれば、人間用のオムツを活用することをおすすめします。人間用のオムツを愛犬に使う場合は、お尻部分に小さくクロスの切れ目を入れて尻尾が出るようにしてください。

まとめ

愛犬のことを思ってグッズを揃えることは、飼い主さんにとっての楽しみのひとつかもしれません。

しかし、犬グッズは全て専用のものを揃えようとすると、意外と費用がかさんでしまいます。そのため、時にはリーズナブルに手に入れられる人間用のものを活用するのもおすすめです。

ただし、シャンプーや医薬品のように犬の体に直接的な影響を及ぼす可能性のあるものや、首輪・リードなど犬の安全を守るためのものは、品質を重視して選ぶようにしましょう。

あまりにも安価なものや、人間用に成分配合されたものは犬に負担をかけたり、危険を招く恐れがあるので十分注意してください。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事