Yahoo! JAPAN

バスケB1川崎 ホーム集客、リーグ1に チケット過去最高 2・7億円〈川崎市麻生区〉

タウンニュース

感謝祭でファンと交流する選手ら(先月)

バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の川崎ブレイブサンダースは、昨季(2020-21年)のホーム戦1試合平均来場者数がリーグ最多の2353人を記録。コロナ下で全試合入場制限50%の中、チケット売上を過去最高の約2億7千万円に伸ばすなど事業面で基盤を固めている。

DeNAグループが川崎ブレイブサンダースの運営権を東芝から受け継ぎ、3年目として迎えた昨季。躍進したホーム戦の平均来場者数をたどると、承継前の7位から初年度(2018-19)は3位、翌年は2位に。戦績では昨季、16年のBリーグ発足に伴うプロ化の後、初タイトルの天皇杯優勝で弾みをつけた。

とどろきアリーナでのホーム戦30試合のチケット売上は約2億7千万円で、前年比7千万円増。ダイナミックプライジング(変動価格制)と呼ばれる独自の仕組みを導入し、来場者を全試合に分散できたとしている。

運営会社の元沢伸夫社長は先月24日、オンライン事業報告会を開き、ホーム戦の施策について「コロナの中、ホーム戦では中村憲剛選手や三浦大輔監督らゲストを呼ぶなどイベントに注力した」と説明。スポンサー売上では昨季、前年比2倍の約4億2千万円で、27社増の167社に伸ばした。2年後には売上約9億円を見込む。

2年で黒字化へ

昨季の収支は、決算期間を昨年4月から1年間とし売上約9億6千万円。営業利益は3億6千万円超の赤字だった。元沢社長は「3年間で運営の基礎ができた。2年後の5季目には売上約17億円、利益5千万円超えを狙い、黒字化させる」と意気込む。最終候補地を2カ所に絞り調整を進める1万人収容の新アリーナ計画にも触れ、「バスケ興行とアリーナ運営で40、50億円は十分狙える」との展望を示した。

【関連記事】

おすすめの記事