Yahoo! JAPAN

「物事のつながり」を説くのが説法。お釈迦様によるサールナートでの最初の説法とは?【般若心経】

ラブすぽ

「物事のつながり」を説くのが説法。お釈迦様によるサールナートでの最初の説法とは?【般若心経】

無無明 亦無無明尽(むむみょう やくむむみょうじん)

先に、「仏教でいう『法』は、お釈迦様の成道によって明らかにされた『物事のつながり』という意味でも使われる。それを説くのが説法」だと述べました。お釈迦様は、ブッダガヤーの菩提樹の下で悟りを開かれたあと、サールナート(先に紹介した仏伝レリーフのあるところ)ではじめての説法をされました。この出来事を「初転法輪(しょうてんぽうりん)」といいます。

 

般若心経のこの部分は、初転法輪の内容と深く関わります。

人間の苦は無知や迷いから始まる

 

人はなぜ苦しむのか。お釈迦様はその原因を追究し、苦が生まれる因果系列をつきとめます。それを十二縁起(十二支縁起、十二因縁)といいます。

 

十二縁起は、苦が生じる12の過程を描いたもので、出発点は「無明(むみょう)」です。無明は明知(めいち=知がある)の対義語で、「無知なこと」や「迷い・煩悩があること」をいいます。

無明から、連鎖反応のようにいろいろなものが生まれることが、人の苦の根源だと、お釈迦様は見極めました(十二縁起の内容は次項参照)。無明がなくなれば、次々に苦の原因がなくなります。

十二縁起の各要素がなくなることを「滅尽(めつじん)」といい、無明がなくなることを「無明尽」といいます。

ところが、この大事な説法で触れた「無明」も、「無明尽」も、般若心経では「ない」といいます。原典では、無明の対義である明知も、それがなくなることも「ない」と述べています。十二縁起に関わる般若心経の記述は、さらに続きます。

【出典】『眠れなくなるほど面白い 図解 般若心経』
著:宮坂宥洪 日本文芸社刊

執筆者プロフィール
真言宗の僧、仏教学者。1950年、長野県岡谷市生まれ。高野山大学仏教学科卒。名古屋大学大学院在学中、文部省国際交流制度でインド・プネー大学に留学し、哲学博士の学位取得。岡谷市の真言宗智山派照光寺住職。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. ステーキガストに白米泥棒メニュー 平日ランチ限定で「鉄板味噌とんかつ」販売

    おたくま経済新聞
  2. 根浜海岸を彩る紅紫の大輪 震災津波に耐えた「ハマナス」今年も開花!

    かまいし情報ポータルサイト〜縁とらんす
  3. ギャル曽根も大絶賛!アンテナショップで買える広島スイーツ3選

    TBS Topics
  4. <反抗期だから普通?>高校生ってママを邪険に扱いますか?「ウザイ」「役立たず」と言われつらい

    ママスタセレクト
  5. 実際に行ける!宮崎駿監督がデザインした“坂本龍馬ゆかりの旅館”とは

    TBS Topics
  6. 【大井記念】帝王賞を賭けての熱い戦い! 過去8年データから勝ち馬を炙り出せ!!

    ラブすぽ
  7. 実戦復帰でいきなり適時打!1軍復帰が待ち望まれる矢野監督が信頼寄せる阪神の勝利に欠かせない仕事人とは!?

    ラブすぽ
  8. 巨人がキッズファンによる応援動画を募集! 試合中にメインビジョンで放映

    SPICE
  9. 【スマホお悩み相談室】「Wi-Fi」って何? どうすれば使えるの?

    毎日が発見ネット
  10. 味方良介、石田明(NON STYLE)らが出演 つかこうへい十三回忌追悼公演『つかこうへいLonely 13 Blues』公演決定

    SPICE