Yahoo! JAPAN

モデルUTA、父・本木雅弘からの教え明かす 戸田奈津子は“映画界の大谷翔平”を期待

Techinsight

本木雅弘と内田也哉子夫妻の長男でモデルのUTAがイベントに登場

モデルのUTA(24)が3日、都内劇場で開催された映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズバースデイイベントに登場した。UTAは本木雅弘・内田也哉子夫妻の第1子であるが、イベントでは父からの教えを明かした。また字幕翻訳者で通訳者の戸田奈津子さんが、UTAが将来「映画界の大谷翔平」になると期待を寄せる場面もあった。

公開から1か月を過ぎ、早くも日本興行収入70億円を突破した映画『トップガン マーヴェリック』の主演俳優トム・クルーズと、長年トムの通訳を務めてきた戸田奈津子さんが同じく7月3日が誕生日ということでバースデイイベントが開催された。そこにトムと戸田さんの顔写真入りのバースデイケーキを運んできたのがUTAだ。

UTAは「戸田さんとトムさん、お誕生日おめでとうございます」と述べてから、「トムには英語で…」とトム・クルーズに向けて流暢な英語でお祝いメッセージを送ると、字幕翻訳の第一人者でもある戸田さんが思わず「素晴らしい」と声に出して感心した。UTAは「長年第一線でご活躍されているお二人のバースデイを今日お祝いさせていただけるのは光栄です」と続けた。

これに戸田さんは「こんなイケメンの素敵な若い男性からケーキをいただくなんて、私にはありえないことで夢みたいです」と感激したが、UTAは身長約190センチの長身で、米カリフォルニア州の大学に在学中の2018年にパリコレクションデビューという経歴を持つ世界で活動するモデルだ。中学生の頃も日本を離れスイスに留学していて、英語の実力は疑う余地もないだろう。

父親は本木雅弘、母親は内田也哉子であり、母方の祖父は内田裕也、祖母は樹木希林という血筋のUTA。日本語吹替版でトムの声を務めた声優・森川智之から、「UTAくんはエンターテイメントのお仕事をされているけど、この世界に飛び込むにあたってご家族からアドバイスをもらいましたか?」と質問がなされた。UTAは「まだ役者の経験はないので、同じ舞台に立っているという意識はないんですけど、表現をしていくという意味では同じ世界にいるとして、父からは『自分の納得する道を選んで欲しい』とよく言われていますね」と本木からの言葉を紹介した。「でもまだまだ失敗や不安が多いんですけど、『自分の納得』というのは迷いながらも自分で答えを出していくという強さのことなのかなと思います」と補足した。

するとこれまでトップクラスの海外セレブを目の当たりにしてきた戸田さんが「(UTAは)すごいポテンシャルがあると思うのね。この背丈でしょう? このお顔でしょう? そして英語ができる。みんな日本人は『ハリウッドに行きたい』というけれど、英語がいつもそこで難関になるわけですよ。それができるってことはすごい。彼は映画界の大谷くんだよ。大谷くんになりますよ」とメジャーリーガー・大谷翔平選手を持ち出して太鼓判を捺した。

UTAは1986年公開の『トップガン』は観ないまま、『トップガン マーヴェリック』を字幕版と日本語吹替版で鑑賞したという。ちなみに日本語吹替版を観たのは初めてとのこと。UTAは「はじめはアクションを楽しむつもりで観に行ったんですけど、想像以上に人間ドラマだったのでどんどん引き込まれました」と夢中になったようで、トム・クルーズが他のキャストに飛行訓練を指導したエピソードに触れてから「そのトムの行動力が映画全体のリアリティを生んでいるんだなと思いました」と語った。森川は「(同作は世代の)継承の作品でもあるので、トムは若い世代にも観て欲しいと思っている。今のコメントをトムが聞いたらとても嬉しいんじゃないですかね」と応じていた。
(TechinsightJapan編集部 取材・文:関原りあん)

【関連記事】

おすすめの記事