Yahoo! JAPAN

FDAチャーター便で直行!一度は行きたい島旅特集【隠岐の島・五島列島/感動の絶景編】

NAGOYA.

FDAチャーター便で直行!一度は行きたい島旅特集【隠岐の島・五島列島/感動の絶景編】

本日から3週連続!【FDAのチャーター便】で行く魅惑の島旅をご紹介!電車や車ではアクセスに時間がかかりますが、チャーター便なら直行でひとっ飛び!大自然に包まれた非現実な世界が広がる、憧れの島旅へ、いざ出発です!

第一弾は”感動の絶景編”。島根県・隠岐の島と、長崎県・五島列島の福江島をご紹介いたします。

島根県・隠岐の島へ

島根半島の北へ約65キロの日本海に浮かぶ、約180の島々からなる隠岐諸島。最大の島で”島後”と呼ばれる「隠岐の島町」と、”島前”と呼ばれる3つの有人島「西ノ島町」「海士町」「知夫村」で構成されています。FDAのチャーター便では、名古屋空港から隠岐の島内にある隠岐空港まで直行でたった60分!気軽にアクセスが可能です。

隠岐ユネスコ世界ジオパークにも認定され、独自の生態系や手付かずの景色が守られてきた島内には、まるで別世界へ迷い込んだような光景が広がります。隠岐観光といえばの絶景スポットや、観光名所、グルメ、お土産までご紹介いたします!

隠岐の島No1の絶景スポット【ローソク島】

隠岐の島町(島後)の北西の沖合に、海から約20メートルの高さでそびえたつ『ローソク島』。その独特な形状から名が付けられた奇岩です。

夕暮れ時、夕日が重なり、まるで巨大なローソクに火が灯されたような感動的な光景を望むには、遊覧船の乗船が必要です。ベテランの船長さんがベストショットを撮影するためのアドバイスをしてくれるので、カメラを持参して奇跡の絶景に期待しよう!

(季節や海上の状態、天候により見ることができない場合もあります)

遊覧船のWEB予約はこちら

店舗名:ローソク島

住所:島根県隠岐郡隠岐の島町代(遊覧船乗場は「福浦岸壁」または「赤壁岸壁」)

電話番号:08512-2-0787(隠岐の島町観光協会)

営業時間:【遊覧船運行期間】
4月1日~10月31日
※必ず事前予約が必要

【遊覧船料金】
大人(中学生以上)3000円
小人(小学生)1500円
幼児(小学生未満)無料

公式サイト:https://www.e-oki.net/experience/detail.php?eid=4

約800年の歴史を誇る伝統を見学【隠岐モーモードーム】

伝統文化「牛突き」を見学することができる施設『隠岐モーモードーム』。「牛突き」とは、1221年の承久の乱で、隠岐へ配流となった後鳥羽上皇をお慰めするために行われたのが始まりだそう。現在、ここでは“観光牛突き”を開催。約800年という、日本最古の歴史を誇る貴重な文化を、気軽に体感することができます。

“観光牛突き”ではなく、本物の戦いを体感したい方は、年に3回行われる本場所大会を狙って訪れて。巨大の雄牛どうしがぶつかり合う大迫力の勝負は、一方の牛が逃げ出すまで続き、時には一時間以上も熱戦を繰り広げる大勝負もあるのだとか。

観光牛突きや大会の開催状況はこちら

店舗名:隠岐モーモードーム

住所:島根県隠岐郡隠岐の島町池田風呂前19

電話番号:08512-2-0787(隠岐の島町観光協会)

営業時間:観光牛突きは不定期開催

【料金】
大人1500円
小学生750円
幼児無料

公式サイト:https://www.e-oki.net/spot/detail.php?spot_id=8

雄大な大自然の造形美を堪能できる【赤尾展望所】へ

島後より、フェリーを乗り継ぎ島前へ。国賀海岸にある『赤尾展望所』は摩天崖・通天橋・天上界・国賀浜といった隠岐を代表する景勝地を一望することができる人気スポットです。周辺一帯の放牧地では、牛や馬の姿を見ることも!昼間はもちろん、夕景も圧巻です。

日本海の激しい海食作用を受け、約7㎞にわたり断崖絶壁が続く国賀海岸は国の名勝および天然記念物にも指定されています。中でも高さ257mの大絶壁『摩天崖(まてんがい)』は必見。海蝕崖のなかでは日本一の高さを誇ります。

店舗名:赤尾展望所

住所:島根県隠岐郡西ノ島町浦郷

電話番号:08514-7-8888(西ノ島町観光協会)

営業時間:終日開放

公式サイト:https://www.e-oki.net/spot/detail.php?spot_id=31

肉も海鮮も!


必ず食べたいご島地グルメ

隠岐が誇る最高級ブランド、島生まれの幻の和牛は、シンプルに焼肉がオススメ!

日本海に浮かぶ隠岐諸島。そこは暖流と寒流が交わり、無数のプランクトンが繁殖、様々な魚介類が生息し、日本有数の良好な漁場が形成されています。また、ミネラルたっぷりの潮風を浴びながら大自然の中でのびのびと育った「隠岐牛・隠岐黒磯牛」も名物。市場にでるのはごくわずかなので、隠岐に来たなら必ず食べたい幻の和牛です。

新鮮な海産物を盛りだくさんに乗せた海鮮丼で、島の恵みを堪能しよう。写真は島後の『味乃蔵』の「味乃蔵丼」。

最後はやっぱりご島地のお土産を

隠岐の特産である”さざえ”の形の最中。甘さ控えめな藻塩つぶあんとお餅が入っています。

旅に欠かせないのがお土産。隠岐で獲れた果物を使ったジュースやお茶、お菓子、ご島地カレーなどの食品から、隠岐の島から連想されるデザインがモチーフとして入るオリジナルグッズなど。隠岐ならではの逸品を見つけて。

隠岐汽船のオリジナル手ぬぐい

隠岐酒造のオリジナルのグラス

隠岐の島へのチャーター便ツアー


はこちらをチェック

大自然が織りなす絶景が広がる隠岐の島はいかがでしたか?見て、体験して、食べて、買い物をして、島旅を満喫してくださいね。

隠岐へのチャーター便ツアーはこちら

・HIS 秋のチャーター特集

・名鉄観光

長崎県・五島列島へ

お次に紹介するのは、長崎県の西方100キロの海に浮かぶ大小約150の島々からなる五島列島(五島市)。福岡空港から飛行機や、長崎港から船など、アクセスの仕方は様々ありますが、FDAのチャーター便ではなんと名古屋空港から、拠点となる福江空港(五島つばき空港)までたったの110分!気軽にアクセスが可能です!

福江空港を拠点とする五島市は、潜伏キリシタン関連遺産からなる世界文化遺産や遣唐使ゆかりの史跡からなる日本遺産、溶岩海岸や東シナ海に面した断崖絶壁からなる雄大な自然は西海国立公園に認定されており、五島列島の中でも見どころがたくさん集まる注目の場所。絶景、伝統文化、グルメ、お土産をぜひ楽しんで!!

教会を巡って、キリスト教布教の文化を感じよう

五島のシンボル的存在の教会『堂崎教会』。県指定有形文化財にも指定されています。

長崎はキリスト教布教の中心地。明治6年、禁教令が解除されると、五島にも大小さまざまなカトリック教会が建てられ、今もその名残を見ることができます。点在する教会を巡り、その歴史・文化や、教会建築美を堪能しよう。

1899年、島内の奇岩や珍石を集め作られた巡礼地・ルルドが見どころ。『井持浦教会』

『江上天主堂』

世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産でもある『江上天主堂』。1918年に建てられた、今では珍しい木造建築の教会を見ることができます。

断崖の上に建てられた白亜の灯台『大瀬崎灯台』へ

五島の代表的な景勝地『大瀬崎灯台』は、日本の灯台50選の一つにも選ばれています。明治12年に初点灯、現在は昭和46年に改築された姿を見ることができます。断崖の上に建ち、その先には東シナ海の大パノラマ。青い海・空とのコントラストを楽しむ日中はもちろん、夕日をバックに灯台のシルエットが浮かびあがる夕暮れ時の景色も絶景です。

店舗名:大瀬崎灯台

住所:長崎県五島市玉之浦町玉之浦

電話番号:0959-87-2211 (五島市玉之浦支所)

営業時間:終日開放

公式サイト:https://goto.nagasaki-tabinet.com/

澄み切った青い海!日本随一の


美しさを誇る『高浜海水浴場』

新観光百選、日本の渚百選、日本の水浴場88選にも選ばれる、五島を代表するビーチ『高浜海水浴場』。浅瀬は透き通るエメラルドグリーン、水平線沖は鮮やかなコバルトブルーといったグラデーションが圧巻の美しさ。白い砂浜から見渡すもよし、『魚籃(ぎょらん)観音展望所』から見渡す全景も人気です。

店舗名:高浜海水浴場

住所:長崎県五島市三井楽町貝津1054-1

電話番号:0959-84-3162 (五島市三井楽支所)

営業時間:終日開放

【桟敷貸出】
7月中旬~8月末
大人(中学生以上)500円
小学生以下 300円

公式サイト:https://goto.nagasaki-tabinet.com/

五島ならではのグルメを食べよう

知る人ぞ知る最高級の牛肉『五島牛』。広大な牧草地でのびのびと飼育され、やわらかな肉質が特徴です。

五島には、新鮮な魚介類をはじめ、五島牛・五島豚・五島地鶏などの肉類、全国的にも有名な五島うどんや、お酒など、伝統的な食が満載。せっかく訪れたなら絶対に食べておきたい、五島の海の幸、山の幸を堪能しよう。

良質な小麦粉とたくさんのミネラルを含んだ天然塩、五島産の椿油を使用して作られる『五島うどん』。煮込んでものびにくいのが特徴で、鍋でぐつぐつと地獄炊きしていただくのがメジャーな楽しみ方。

海の幸の中でも特におすすめしたいのが、10センチほどの小さな魚「キビナゴ」。醤油煮や唐揚げ、南蛮漬けなど様々な食べ方がありますが、まずは新鮮な刺身をいただいてみて。

最後はやっぱり


ご当地のお土産をゲット!

大判焼きや和菓子、洋菓子、クッキーなど、市内の様々なお店で考案される”つばきねこ”スイーツ。写真は『スプラウト三葉家』の「つばきねこ求肥・黒糖まんじゅう」。

五島の大自然に育まれた食を使ったお菓子など、お土産に最適な商品も満載。中でも五島市のイメージキャラクター”つばきねこ”をモチーフとしたスイーツが市内で続々と誕生中!新たな五島名物をチェックしてくださいね。

サツマイモを天日干しにした”かんころ”を原料に作る、五島の伝統的なおやつ「かんころ餅」。昔ながらの味を楽しんで。

長崎で水揚げされた真鯖を使った『三井楽水産』オリジナルの鯖寿司「鬼鯖鮨」

五島列島へのチャーター便ツアーはこちらをチェック

歴史的な建築美と、海・山の絶景が楽しめる五島列島はいかがでしたか?雄大な自然に育まれた美味しいグルメとともに島旅を楽しんでくださいね。

五島列島(福江空港)への

チャーター便ツアーはこちら

・阪急交通社

国内でも壮大な大自然と、非日常の旅情を満喫できる、隠岐の島と五島列島の島旅はいかがでしたか?何と言っても、チャーター便なら乗り換えもなく直行でひとっ飛び。こんな非日常の空間に、簡単なアクセスで訪れることができるのが魅力ですよね。

次回は【関東/福島・八丈島 編】をお届けします。お楽しみに。

▼アクセス情報はここでチェック▼

名古屋空港HP

https://nagoya-airport.jp/access/index.html

名駅/栄/西春/勝川からバスでたった20分!近くて便利な名古屋空港から空旅へ!

協力/県営名古屋空港協議会

【関連記事】

おすすめの記事