Yahoo! JAPAN

西武のドラ1渡部健人が116キロに減量成功、“スリム”な体でいざキャンプイン

SPAIA

西武のドラフト1位・渡部健人(球団提供)

トレーニングと食事も減らして体重2キロ減

西武の新人合同自主トレが27日に終了し、ドラフト1位ルーキー・渡部健人内野手(桐蔭横浜大)がオンライン会見に臨んだ。1月6日の入寮時に、昨秋ドラフト当時の112キロから118キロに“正月太り”したことが話題になった巨漢スラッガー。開口一番「長く感じた」とプロとしてのスタートとなった合同自主トレを振り返った。

トレーニングを消化してきたおかげで116キロになったと明かし、「今日、計ったら減っていたんでよかった」とニッコリ。寮での食事も夜は少なめに抑えており「112キロから115キロくらいが一番動ける。重すぎると守備で動けなくなってしまうので、重くなりすぎず軽くなりすぎずキープしていきたい」と体重維持を誓った。

昨秋に痛めた右肩は徐々に良くなっているという。肩の負担を減らすべくコンパクトに投げる練習しており、ネットスローにも取り組んだ。「投げられるようになってきてるのが収穫」と語る表情は明るい。

大学通算45本塁打の強打が自慢だが、現在は打撃フォームを改造中。「足の上げ方やバットの持ち方を変えてみようと思ってます。(マシン打撃では)引っ張りばかりになるとフォームが崩れるので、センターから逆を意識して振ってます」とフォーム固めに熱を入れている。

山川穂高と森友哉から「首ないやん」といじられる

2018年から2年連続本塁打王の山川穂高と2019年首位打者の森友哉と対面した際は「首ないやん」と早速いじられたと苦笑い。「いじってもらえるのは嬉しい。チームを代表する選手なのでオーラがあった」と先輩の“愛の洗礼”を振り返った。

右肩痛もあってキャンプはB班(二軍、所沢と高知・春野)スタート。「飛行機では暇なので寝てます」という渡部は、初めてのプロのキャンプで疲れを残さないよう遠征用のマットレスも購入済みだ。「疲れた時に寝られるように」と抜かりはない。

B班には日米通算170勝の松坂大輔や通算134勝の内海哲也らベテラン投手もおり、シート打撃等で対戦する可能性もある。「実績のある投手なので、打ち返して自信になればいい」と思いを馳せた。

プロ野球選手として本格的に始動するキャンプインまでもうすぐだ。「肩の状態を良くして、少しでもレベルアップできるようにしっかりやっていく」と意気込みを示した。

【関連記事】
・巨漢スラッガー・渡部健人は16人目なるか?西武歴代新人王のそうそうたる面々
・西武・中村剛也が危機感いっぱい20年目「試合に出ないと給料下がる」
・西武・栗山巧「強い速い打球を打つ」意識継続で球団生え抜き初の大記録へ

記事:SPAIA編集部

【関連記事】

おすすめの記事