Yahoo! JAPAN

若葉竜也「ゲーム実況は12時間」映画とYouTubeしか見ない!?意外な素顔

フジテレビュー!!

若葉竜也さんが、自身のプライベートな時間について明かしました。

6月24日に公開される映画「神は見返りを求める」。「ヒメアノ〜ル」「空白」といった話題作で、人のリアルな心をあぶり出す独自の世界観を確立してきた𠮷田恵輔監督の最新作です。

YouTuberという職業を通して現代を象徴的かつポップに描く一方、“欲”や“本音と建て前”、“嫉妬”といった、誰しもが持っている醜さや葛藤をも鮮烈に描いた、監督いわく「見返りを求める男と恩を仇で返す女の心温まりづらいラブストーリー♡」である本作。

そんな本作で、主人公・田母神尚樹(ムロツヨシ)が務めるイベント会社の後輩・梅川葉を演じている若葉竜也さん。

いい意味で変な映画になったと思う

<若葉竜也 インタビュー>

――最初に本作の脚本を読んだときはどんなふうに感じましたか?

「『空白』を撮った𠮷田さんが、次の着地点はここにいくのか」というのが第一印象でした。いい意味で自分を裏切りたいんだなというか、「空白」を撮っているときの自分に飽きてしまったのかなというか。まあ、「空白」は𠮷田さんの中でも少し異色ではあったと思うんですけど、そういう𠮷田さんの“わざと自分をブレさせていく感じ”というのは面白いなと思いました。

――完成作を見ての感想は?

いい意味で変な映画になったと思います。

――梅川という人物を演じるにあたり、どのような役作りをしましたか?

普段からあんまり役作りを考えたことはないんですけど、イヤなセリフを嫌味っぽく言おうとは思っていなくて。あくまで梅川はピュアにいようというか、純粋にそういった言葉を発することが怖いなと思ったので、そこだけは意識しました。

本当にヤバい人って、たとえば好きでもない女性に、相手の目を見てハッキリと「本当に好きだと思ってるよ」と言えるような人だと思っていて(笑)。

そういう人には悪気というより、気味の悪い感じとか怖さみたいなのがあるなと思ったので、そこをやろうと思いました。

――確かに、梅川はすごく嘘をつきますが、もしかしたら本人にはその自覚がないんじゃないかとも感じました。

僕もそう思いますね。彼の中で都合よく編集されて、その編集されたものがアウトプットされているだけで、彼の中では本当に言ったことになってるような気がします。

――参考にした人はいますか?

います、います。僕の嫌いな人たちをグチャッとした感じですね(笑)。

役者さんによっては梅川をもっとイヤなヤツにもできたと思うんですけど、ああいうヤツが普通に生活していて、すぐ隣にいる可能性があるというリアリティを出したいという思いもあったので、そこは意識しました。

久しぶりのムロツヨシとの共演に“照れ臭さ”と“緊張感”

――本作の登場人物の中で、梅川が一番嫌なキャラだと感じる人も多そうです。

僕も一番嫌いです。というか、今作に好きな人いないですけど(笑)。

――これほど嫌な人しか出てこない映画は、珍しいかもしれません。

本当にそうですね。でもそう感じるのはもしかしたら、登場人物の嫌だと感じる部分が、作品を観る人自身の嫌な部分と重なって、見るのがつらいと思うのかもしれないな、と思ったり。

そういうところが、𠮷田さんの映画を観た時の傷つくところだったりもして。

――𠮷田監督は、若葉さんのことを「いい意味で映画らしさを感じるうえ、どんな役柄でもハマる巧い俳優」と評していましたが、𠮷田組初参加の感想は?

𠮷田さんの作品は結構観ていて、「さんかく」とかすごい好きで。「ヒメアノ~ル」も原作が大好きなんで、どんな感じになるんだろうと思って劇場へ観に行ったら、最後が原作とは違ったんです。

原作の終わり方もすごく奇妙なんですが、映画ではそこにはいかずに、ちゃんと映画としてのエンターテインメントに昇華されていました。

しかも、落としどころも(森田剛さん演じる)森田の気味の悪さっていうのが少しだけ見えるという。あのへんのセンスにすごく才能を感じて、「𠮷田さんってどんな人なんだろう?」と思っていました。

現場はきっとヘビーになるだろうと思ってたんですけど、予想以上に軽やかで意外でした。𠮷田さんは現場ですごく大笑いしてるし、芝居も全然役者に任せてくれますし。だから、あの軽さがよけいに「こういう映画を作れる人なんだな」って感じさせられましたね。

――主演のムロツヨシさんとはこれまでも共演していますが、今作での共演はいかがでしたか?

初めて会ったのは十数年前で、そのときは役者さんとして会ったんですけど、その後「ムロ式」という舞台に参加してからは、演出家であるムロさんと接する時間の方が長かったんです。

だから、僕のなかでは“明るくてひょうきん者で面白い”というパブリック・イメージとはたぶん少し乖離しているというか。

本当はすごく繊細で、狂気を感じる瞬間もたくさん持っている方なので、そこを𠮷田さんがピックアップして、ここにムロさんを連れてきたというのは、僕としては納得できるというか。

純粋に役者としてのムロさんと一緒に芝居するって何年ぶりだろう…。相当久しぶりなんで、照れ臭さもありましたし、緊張感もありました。

――監督がムロさんをキャスティングしたのは「できるだけとんちんかんな映画にしたい!」という思いがあったからだそうですが…。

まぁ十分なっています(笑)。

すべての著名人の中で今いちばん会いたい人とは?

――本作はYouTuberが題材となっていますが、若葉さんはYouTubeをよく見ますか?

逆にYouTube以外を見ることがほとんどないですね。映画とYouTubeしか見ないです。

――どんな動画を見るのですか?

ゲームが好きなので、ゲーム実況ばっかり見ています。休みだと1日12時間ぐらい見てるんじゃないかな。

自分がやっているゲームを見るんですけど、好きなゲーム配信者をずっと見てます。「あっさりしょこ」っていう配信者さんとか、声もすごく好きだし、プレースタイルも好きだし、撮影で3時間とか空くと、現場でもイヤホンして見てますね…って、こんなニッチな話で大丈夫ですか(笑)。 

あっさりしょこさんは、顔出ししてないんですけど、たぶんすべての著名人の中で今いちばん会いたい人だなぁ(笑)。どんな人なのか会ってみたいです。

「顔を出さずにお金儲けできるなんて最高だよね」と思うし(笑)、その知的さも素敵ですよね。顔を出すことに対してデメリットを感じているというか、別に有名になりたいわけじゃないっていう。

――もし自分がYouTuberのように動画を作るとしたら、どんな動画を作ってみたいですか?

いや、僕はないですね。面白い企画を考えて成功できる人って、YouTuberの中でもかなり限られた人だと思ってるんで、安易に手は出せないです。

今、YouTuberになりたい人って役者を目指してる人より多いんじゃないですか? 

――子どもがなりたい職業の1位に挙げるくらいですもんね。

だから、まだ俳優でご飯を食べられるようになる方が、確率が高いと僕は思いますね。

――映画を撮る側も経験していますが、それは今後も続けていきたいですか?

自分で映画やミュージックビデオを撮ったりしてるんですけど、圧倒的にめんどくさいんですよね、監督って。だから、求められればやりますけど、求められなかったら別にやることはないと思います。

役者ってもうほとんど、80パーセント以上できあがった状態のところに入ってきて撮るっていう感じなんですよね。つまり映画って、キャスティングが終わってクランクインしたら、もうほとんどできあがってるようなものなんです。

だから、役者だけやっていると気づきにくいですけど、自分が撮る側を経験してみると、撮影に入るまでにとてつもない時間と手間がかかることがわかるので、あんまり現場で生意気なことは言えないですよね。「監督、ここはこうじゃないですか?」とか言われても、「そんなの何回も何周も考えたことあるわ!」っていうことだったりするので。

――では、現場で何かを思っても「言うのはやめておこう」となるのですか?

そこは一応言います。形として(笑)。

「見返りを求めずにできる」ことは?

――監督やスタッフが考えてもみなかったことかもしれないですもんね。

その可能性もあるし、あと、映画におけるポジションにもよるんですけど、自分が主演したり相手役をやるとなった時に、わりと脚本から作業に入るタイプなんです。監督と脚本の話をしたり、「ここはこうだと思う」っていうところからスタートするタイプなので、わりと最初の時点で言いますね。

――タイトルにかけて、若葉さんが「これなら見返りを求めずにできる」と思えるようなことはありますか?

ゲームぐらいですね(笑)。ゲームをプレーしていること自体が面白いから、それに対して見返りはいらないかな。たまに「僕はノーギャラで(出演して)もいい」みたいな人もいますけど、それって責任感がないだけだから、僕は見返りを求めるし。それが仕事なので、ノーギャラだったらやらないです(笑)。

――ちなみに、今ハマっているゲームはなんですか?

「Dead by Daylight」っていうゲームで、それはずっとやってますね。

――ゲーム以外の気分転換やリフレッシュ法はありますか?

いや、ないんですよね。適度に旅行行ったりするぐらいで。それに、そんなにリフレッシュしなきゃいけないと思うほど追いつめられてないですね(笑)。仕事で追いつめられることも基本的にはないので。

――ここ数年は旅行に行きづらかったのでは?

そうなんですよ。リフレッシュというより単純に旅行が好きなので、行けないことへのジレンマはありました。好きなことができないっていうのは結構、つらかったですね。

――次に旅に行くとしたら、どこに行きたいですか?

あったかいとこですね。とにかく南国が好きなんで。寒いところには行きたくないです。とはいっても、実はどこでもよくて。行くメンバーが面白ければどこでもいいです。

――ひとり旅ではなく複数で行くほうが好きなんですか?

ひとりでは行かないですね、絶対。つまらないんで。

――では最後に、これから作品をご覧になる方へメッセージをお願いします。

すごくエンターテインメントな作品になっているので、友だち同士で観てもいいと思うんですけど、僕はデートムービーとして観たら面白いんじゃないかなと思っています。「僕はこう思った」「私はこう思った」って話題にしやすいような人たちが出てきますし、「最低だった」と言ってても、「この人にもああいうとこあるんだよな」って相手に思うこともあるでしょうし(笑)。

観た後にいろいろ話せる映画だと思うので、「デートムービーにどうですか?」って提案したいですね。

撮影:鷹野政起
取材・文:落合由希

映画「神は見返りを求める」は、2022年6月24日(金)公開
制作プロダクション:ダブ
配給:パルコ
©2022「神は見返りを求める」製作委員会

最新情報は、映画「神は見返りを求める」公式サイトまで。

【関連記事】

おすすめの記事