Yahoo! JAPAN

JO1 初のアリーナツアー決定!川尻蓮「このために生まれてきたんだなって」

フジテレビュー!!

5月25日(水)、「JO1 2ND ALBUM『KIZUNA』リリース記念イベント」が開催。

JO1(大平祥生、川尻蓮、川⻄拓実、木全翔也、金城碧海、河野純喜、佐藤景瑚、白岩瑠姫、鶴房汐恩、豆原一成、與那城奨)が登壇しました。

ここでは、イベントの模様をレポートします。

開演前の影ナレを佐藤景瑚が担当!

イベントが始まる前の“影ナレ”は佐藤さんが担当。途中でナレーションを何度か噛んでしまう場面もありましたが、無事に最後まで読み終えると会場から温かい拍手が起こりました。

その後すぐに暗転し、M1「With Us」をパフォーマンス。JAM(※JO1ファン)が振るペンライトが一斉に色を変えながら光り、幻想的な空間が広がりました。

パフォーマンスを終えてステージに集まると「久しぶり!」と言いながら手を振るJO1メンバー。「Go to the TOP!JO1です!」というお決まりの挨拶ののち、與那城さんが平屋建ての会場を見渡しながら「2階席も3階席も満席!…もうちょっとツッコんでよ(笑)」とぼやく場面もありました。

その後、一人ずつ自己紹介。川西さんは「今日は朝からやってたんですけども(※フジテレビの情報番組に連続生出演)、ありがとうございますぅ〜!すぅ〜!」とちゃきちゃきと挨拶し、川尻さんが音ハメするかのようにお辞儀をしてリアクション。ほかメンバーが挨拶をするなか、大平さんはJAMに手を振り続け、木全さんも両手を顔の横でちまちまとキュートに振りながら会場を眺めている姿が印象的でした。

河野純喜、白岩瑠姫とハグをする

さらにアルバムのタイトル「KIZUNA」にちなみ、JO1の“絆”に関するエピソードへ。

「出番の前に、全員とハグする」という河野さん。その流れで隣の白岩さんとハグすることに。

河野さんは意気揚々と白岩さんに向き合いますが、白岩さんは河野さんの肩をつかんで向きを変え、反対側にいた鶴房さんのほうを向かせました。

河野さんと鶴房さんがハグをするのかと思いきや、河野さんは白岩さんのほうにふたたび向き直ってハグ。そこに鶴房さんも追いかけるように河野さんに抱きつき、さらに白岩さんの背後にいた木全さんも彼に抱きついて4人でぎゅっと密着していました。

さらに新曲「Walk It Like I Talk It」について話題が移ると、川尻さんが「(読み方は)ワキラキ?ウォキラキ?」と質問。すると、與那城さんが会場のJAMに“ワキラキ派”か“ウォキラキ派”か問いかけ、“ワキラキ派”が多数派となる結果に。佐藤さんは「ワキ(脇)がラッキーみたいな?」と渾身のボケを差し込み、JO1は大爆笑していました。

同じく新曲「Touch!」の話題では、與那城さんが豆原さんにタッチしはじめて“わちゃわちゃ”。

さらに「Touch!」は、河野さんが作詞で参加。河野さんは「自分の名前がクレジットに載るのが信じられない」とうれしそう。その後も曲への思いを熱く語るなか、佐藤さんと川西さんは腕時計を確認するようなジェスチャーをしながら河野さんを見つめていました。

同曲について「純喜くんらしさが出ていて!」と木全さん。川尻さんが「聴いたよ、って人〜?」と会場に呼びかけると、金城さんがスッと大きく手を挙げてアピールしていました。

その後、JO1一同がステージ上で「Touch!」のレコーディング映像をチェックする場面も。この時間だけは一同がモニター画面を真剣に見つめ、アーティストとしての表情も垣間見えたほか、「汐恩、可愛かったね〜!」と大盛り上がりでした。

さらに「KIZUNAボード」にまつわる話題へ。與那城さんに「安心安全の白岩瑠姫さん」と紹介された白岩さんがMCを務め、JAMから寄せられた“JO1との絆を感じたエピソード”が読み上げられました。ボード上のエピソードカードをJO1が熟読するなか、下部に貼られたメッセージを読もうとメンバーがしゃがみ込む姿もありました。

木全翔也「祥生くんがいてくれたおかげ」

続いて、アルバム収録曲「Move The Soul」の話題へ。MC台本を持つ鶴房さんの姿に「新鮮だなぁ!」「初めてじゃない?」と声が上がるなか、鶴房さんは「続いてはLa Pa Pa Pamという曲です」と別の曲を紹介して笑いが。

「Move The Soul」は、競馬学校を舞台としたアニメ「群青のファンファーレ」のOPテーマであり、メンバーの大平さんと木全さんはアニメの声優も担当。大平さんは「今回は翔也と一緒ということで楽しかったです」、木全さんも「隣で祥生くんがいてくれたおかげ…」とイケボで語っていました。

そこで今回は、2人が“競馬風”に「Move The Soul」の曲フリをすることに。「さあ〜やってきました!2番!2番!ムーブ・ザ・ソウル!」と叫ぶも、なかなか暗転へ切り替わらず「(曲へ)いける?いける?」とガヤが飛ぶ場面もありました。

M2「Move The Soul」を披露したのち、「かっこよかったと思う方〜?」と呼びかけるJO1。河野さんが「プチョヘ〜ンザ!(=Put your hands up(手を挙げて))」と叫ぶと川西さんも「ざ〜!」と反応して楽しそうな場面もありました。

イベント中には、「KIZUNA」がオリコンデイリー1位を獲得したことが発表に。河野さんは「ほっとした気がします」と安堵し、與那城さんは「これからもよろしくお願いします!」と感謝を。鶴房さんは体を左右に激しく揺らして喜び(?)を表現していました。

続けて、サプライズ演出として豆原さんの誕生日(※5月30日で20歳)をメンバー全員でお祝い。豆原さんは「JO1は17歳からやってきて、早く感じる部分もあって。全員20代になったJO1を見守ってくれたらなと思います!」と語りました。

初のアリーナツアーがサプライズ発表!川尻蓮が男泣き

さらにここで、もうひとつのサプライズ発表が。

「JO1の新たな冒険が始まる」というテロップとともに映し出されたのは「2022年9月 1stアリーナツアー開催決定」の文字。JO1メンバーも会場のJAMも思わず大きな歓声を上げるほど、大興奮の発表となりました。

「これはほんとうに知らなかった!」と驚くJO1。鶴房さんは「ぶっかまそう!」、川西さんも「また皆さんの前に立てる機会がいただけたので頑張ります!」とコメントを寄せました。

金城さんは「休養から復帰して少しずつ会える機会が増えてきて。ツアーも決まってめっちゃ緊張してるんですけど、絶対にJAMで良かったと思ってもらえるように頑張ります」と意気込みを披露。

河野さんは「皆で力を合わせて作り上げてきたこの結果がうれしいです!」、白岩さんは「アルバムを出すたびに1位をいただけて、ありがとうございます!」、豆原さんは「常に全力で頑張りますので、今後も応援よろしくお願いします!」とリクエストし、ケーキを頬張りながらピースサインを見せました。

木全さんは「ここまで来られたのは皆さんの応援があったからこそ。楽しみに待っていてください!」、大平さんは「地方ではまだリアルで会えていない方がいるのですが、今回やっと会いに行けますね!待っていてください!」とコメント。

佐藤さんは「もっとこれから全国回っていくので皆で頑張っていきましょう!」、與那城さんも「夢にまで見たような世界。皆さんへ恩返ししたいとずっと思っていて、少しずつできるようになってきました。僕たちも全力でJAMの皆さんを幸せにします」とメッセージ。

川尻さんは「ツアーの発表があったとき、皆さん、歓声が出ちゃったじゃないですか。それを聞いたときに…、(ヒップホップダンスを踊りながら)なんか…、うん…、ちょっと、皆トークつないでて…はぁ〜、それを聞いた時にこのために生まれてきたんだなと思って…」と語り、背を向けて涙を堪える場面も。

佐藤さんは與那城さんの背中を優しくさすり、「俺じゃないのよ」とツッコまれていました。

向き直った川尻さんは「またすぐ会いましょう。大好きです。帰って練習しましょう!」とメンバーに呼びかけ、一同は「はい!!」と元気に返していました。

終演時間となり、JO1メンバーはJAMへ向けて手を振りながら退場。最後まで残った與那城さんは深々とお辞儀をし、ふたたび会場から大きな拍手が起こりました。

©LAPONE ENTERTAINMENT

「2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’」概要

●ツアータイトル:「2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’」

●スケジュール:

【愛知| AICHI SKY EXPO ホール】

2022年9月3日(土) 開場17:00 / 開演18:30

2022年9月4日(日) 開場15:30 / 開演17:00

【大阪| 丸善インテックアリーナ大阪】

2022年9月10日(土) 開場11:30 / 開演13:00

2022年9月10日(土) 開場17:00 / 開演18:30

2022年9月11日(日) 開場15:30 / 開演17:00

【神奈川| ぴあアリーナMM】

2022年9月17日(土) 開場17:00 / 開演18:30

2022年9月18日(日) 開場17:00 / 開演18:30

2022年9月19日(月・祝)開場11:30 / 開演13:00

【福岡| マリンメッセ福岡 A館】

2022年9月21日(水) 開場17:00 / 開演18:30

2022年9月22日(木) 開場17:00 / 開演18:30

【関連記事】

おすすめの記事