Yahoo! JAPAN

NEO JAPONISM[ライブレポート]激闘とともに掴み取った光り輝く希望と誇り「夢に向かって逃げずに闘っていくことが、みなさんの明日を生きるための勇気になれば」

Pop’n’Roll

NEO JAPONISM[ライブレポート]激闘とともに掴み取った光り輝く希望と誇り「夢に向かって逃げずに闘っていくことが、みなさんの明日を生きるための勇気になれば」

4月18日(日)に恵比寿LIQUIDROOMにてワンマンライブ<LOVE & FIGHT>を開催したNEO JAPONISM。どこまでも貪欲に“闘う”ことを続けている5人が、自身最大規模のワンマンライブとなったこの夜、ステージに描いた景色とは?

“ステージデビューから1年と少しで恵比寿LIQUIDROOMに立てているのは、ほかでもなく日頃から応援してくださるみなさんのおかげで。60人のキャパから始まったNEO JAPONISMのワンマンライブをここまで大きくしてくれたのは、今ここにいるみなさんのおかげです。ありがとうございます。夢に向かって、真剣に……”

ラストの挨拶で、辰巳さやかは涙で言葉を詰まらせた。夢を諦めずに自分を信じて突き進んできたからこそ今がある。だが、その過程には悔しいことも、つらいこともあったと語る。現に昨年はパンデミックにより、グループでの活動が儘ならぬ状況に陥った。無論、それはエンタテインメント全体を襲ったものであったが、“闘う”ことをコンセプトとする彼女たちにとっては、絶対に負けられない苦境であったように思う。

現在も油断ができぬ情勢下、勝ったとか負けたとか、それで片付けられるものではないわけだが、少なくとも彼女たちは負けなかった。アイドルとして、アーティスト、ステージに立つ表現者として多くの人に希望を与え、なによりも1人の人間として、比類なき強さを得たことは間違いない。

“私たちはまだまだ夢の途中で、これから先ももっともっと努力して、もっともっと大きいステージに立ってみんな一緒にいろんな思い出を作りたいので、これからも一緒に闘ってくれたら嬉しいです。私たちをよろしくお願いします”(辰巳さやか)

2021年4月18日、NEO JAPONISM最大規模となる恵比寿LIQUIDROOMでのワンマンライブ<LOVE & FIGHT>は、この1年あまりで得た強さを形で証明したライブであったと同時に、夢のために、生きるために、新たな“闘い”へと向かっていく大きな節目の夜になった。

NEO JAPONISM<LOVE & FIGHT>恵比寿LIQUIDROOM(2021年4月18日)

最高の日にして帰ろうぜぇ!

ロビーに飾られた無数の“新和様式”のぼり旗に出迎えられながら、会場に足を踏み入れると、異空間が広がっていた。

けたたましく響き渡るインダストリアルな機械音と金属音。見上げれば天井の至るところに吊るされたメタリックなオブジェと、張り巡らされたスパイダーネット。暗がりの中ではっきりとは見えないが、ステージ上にも大きなセットが組まれている。退廃的な世界が広がる場内にたじろぐ。こんなLIQUIDROOMを見たのは初めてだ。

定刻になると地鳴りのような重低音の不穏さの中に響く、注意喚起を促す聞き慣れたロボットボイス「NEO START」。そこから、いつもとは違う荘厳なストリングスの重奏へと変わっていく。ステージが光に包まれ、悠然と組まれたスチームパンク調の巨大なセットが露わになる。無機質ながらもなんだか今にも蠢くような生き物のようであり、不気味な美しさを放つ。

福田みゆ、辰巳さやか、朝倉あい、瀬戸みるか……、いつもであれば、勢いよくステージに登場するメンバーも1人ひとり、己の場所を確かめるようにゆっくりとした足取りで持ち場に着いていく。最後に滝沢ひなのが中央に陣取ると、NEO JAPONISMの臨戦態勢が整った。鳴り響くシンバルのカウントによって、今宵の“闘い”の火蓋が切って落とされる。花びらが1つひとつ開くように、逆円陣から1人ずつ両手を合わせて天を衝く。「Carry On」だ。

“イェイ、イェイ、イェイ、イェイ、イェイ、イェイ! 最高の日にして帰ろうぜぇ!!”

初っ端から、滝沢が歌い出しを見失うほどにヒートアップして攻め立てる。巨馬の蹄が大地を抉るごとく掻き鳴らされるバンドサウンドに跨り、鋭い眼差しの5人は精彩を放ちながら力強い歌声を轟かせる。ステージ中央で妖しく光る翼を広げた鳥のシンボルを背負いながら、俊敏な動きで歌い踊る姿は勇ましく美しい。

滝沢ひなの<LOVE & FIGHT>恵比寿LIQUIDROOM(2021年4月18日)

ステージから放たれるすさまじいパワーに圧倒されながらも、フロアを埋め尽くしたオーディエンスは惹き摺り込まれるように腕を上げ、クラップし、ジャンプし、《今勝ちに行け》と全力で応える。そうしたフロアからの熱を受け、ステージのボルテージはさらに加速していく。確実な手応えを感じ取った辰巳が《All I want》と天井を突き破るほどに響かせた。

“恵比寿リッキドルーム、まだまだいけるだろー!”

瀬戸が高らかに叫ぶと、間髪入れずに「rewind the story」へとなだれ込む。言葉とリズムを重ねていきながら各々が紡いでいくボーカリゼーションと、サビで一気に解放されるメロディの展開が美しい。そして、深淵へと一気に叩き落とされる間奏のヘヴィリフも大きな見せ場だ。“いくぞー! ヴォイ! ヴォイ!”青髪を靡かせる滝沢の野太い掛け声に煽動され、フロアも一斉に大きく頭を揺らす。

滝沢が吠え、辰巳が制し、福田が突き刺す——。“闘い”を標榜する彼女たち。戦闘能力の高い三つ巴が鬩ぎ合う。NEO JAPONISMにメインボーカルは存在しない。それぞれが躍り出ていくパートで、楽曲が、グループが、異なる表情を見せる。滝沢が台に上がり咆哮すれば、海外バンドのフロントマン顔負けのカリスマ性でオーディエンスの士気を掌握し、辰巳が上がれば、凛とした美声を震わせながら気高き女神のごとき統率力で場を制していく。福田の戦士魂がみなぎるパッションは“正”にも“邪”にもなる。彼女の声量ある伸びやかな高音は大いなる希望を感じさせるが、しゃくりあげる声とギラついた中低音は危険な香りをも漂わせ、聴き手の背筋をゾクゾクさせる魔力を持っている。

福田みゆ<LOVE & FIGHT>恵比寿LIQUIDROOM(2021年4月18日)

そうしたロックボーカリストさながらの3人がいる一方で、朝倉の真っ直ぐで少女性ある澄んだ歌声と、瀬戸の人懐っこさを感じさせる声が、NEO JAPONISMの像をアイドルとして整えていく。

ダブステップのリズムが伸び縮みしながら、彼女たちの強さが歌だけではないことを知らしめるダンスチューン「Call my name」。ほかメンバーと同じ動きをしていても、一際目立つのは朝倉のシルエットである。小柄ながら、誰よりもダイナミックに動かす四肢と艶のある腰つき、加えて独特のタイム感を持ったタメとトメに目を奪われる。最年少の瀬戸は5人の中で1番愛くるしさを放つ存在であるものの、久々に披露された極悪ハードコア「again」でのシャウト、エッジの効いたアクセントの強い歌唱といい、時折噛み付いてくる狂犬のような凶暴性にハッとさせられる。

強烈な個性と声色を持った5人が、NEO JAPONISMの他の追随を許さない強さを作り上げているのである。

朝倉あい<LOVE & FIGHT>恵比寿LIQUIDROOM(2021年4月18日)

ロックバンド然とするアイドルも多い中で、純然たるアイドル性を忘れていないのもNEO JAPONISMの魅力だ。獰猛なモダンヘヴィナンバーだけではなく、煌びやかなポップソングも数多く存在する。「ジャンピンポ!!!!!」のポップなメロディとキャッチーな振り付け、これも大きな武器だ。軽快なリズムに合わせて両手を大きく掲げ振り乱しながら、フロアと一体になって歌い踊る。曲中に盛り込まれたメンバーとオーディエンスによる、ガチンコじゃんけん三本勝負に場内は先ほどとは違った熱気に覆われる。オーディエンス1人ひとりの出し手を確かめるようにフロアを見渡す5人は、序盤の鋭い面持ちから優しい表情に変わっていた。

NEO JAPONISM<LOVE & FIGHT>恵比寿LIQUIDROOM(2021年4月18日)
NEO JAPONISM<LOVE & FIGHT>恵比寿LIQUIDROOM(2021年4月18日)

私たちNEO JAPONISMはライブが本当に大好きです

この日のチケットはソールドアウト。NEO JAPONISMは単独公演とワンマンライブは必ずソールドアウトさせることを目標にしてきたこと、そして、デビューしてから今日に至るまでその目標を達成し続けられたこと、それには多くの人に支えられたものであると、感謝の意を朝倉が述べる。続いて、福田が渋谷駅構内に本公演の巨大な宣伝広告を出すことができたのは、“ブラックキャンペーン”なる、ファン協力の拡散による宣伝企画があったからこそ、実現できたものだと重ねて礼を口にすると、大きな拍手が巻き起こった。

そんな広告掲示期間の最終日でもあったこの日、辰巳が会場入り前、名残惜しくて密かに1人で広告を見に行ったことを告げると、“ひなも!”“福田も!”と、5人全員がそれぞれ見に行っていたことが発覚。和やかな雰囲気に包まれた。そして話題は場内を飾るセットの話へと変わった。

“(私の好きな)工業地帯やって。めっちゃ嬉しくて。……みんな「はよ曲いけや!」みたいな顔してるんで、あと2時間しゃべろうかなぁ、……知らんけど!”

滝沢のお決まりの台詞でオチがつくと、何事もなかったようにそれぞれの配置につく。銃口を突きつけるポーズからの大量ガス噴射で始まったのは「Trigger」。猛り狂う図太いディストーションギターのリフに合わせて“日進月歩 進めよ 此処から リキッドォ、準備いいかぁぁぁ!?”と滝沢が叫ぶ。次々と言葉を捲し立てていく前のめりのリズムがより攻撃性を高め、バンカラ応援団風のメロディが昂揚感を問答無用に掻き立てていく。ヘヴィなロックナンバーといえば洋楽影響下、そして英詞、というのがバンドでもアイドルにおいても常套手段であるわけだが、和メロに日本語詞で昇華していくのがNEO JAPONISMの強み。アクセントの強い子音の発音で斬り込み、巻き舌気味に鋭くキメてくる滝沢と、母音の含みに強烈な個性を、がなりながらぶち込んでくる福田のコントラストが、強靭な歌の印象を色濃くしていく。ライブアイドルとしての真骨頂、ライブを重ねていくことによって生み出された破壊力が顕著なのだ。思えば福田は当初、ここまでの強烈なスタイルを持ったボーカリストというわけではなかった。この1年あまりで驚くべき成長を遂げたNEO JAPONISMであるが、その象徴ともいえるのがこうした福田のボーカルスタイルの変化だろう。

NEO JAPONISM<LOVE & FIGHT>恵比寿LIQUIDROOM(2021年4月18日)
NEO JAPONISM<LOVE & FIGHT>恵比寿LIQUIDROOM(2021年4月18日)

NEO JAPONISMはパンデミック下の制約のある活動の中、どこよりも早く配信ライブをはじめとした施策を重ねてきたこともあり、着実にスキルを磨きながら“魅せつけていく”完成度の高いライブを構築していった。それは歌唱面だけでなく、ダンスにおいても同様である。

トライバルなリズムに合わせて、メンバー1人ひとりにスポットライトが当てられるソロダンス。手の指先から足の爪先まで華麗な動きで陶酔させる辰巳、長い髪を振り乱ししなやかな肢体で惹きつけていく朝倉……、各々の動きの個性が強調される場面であると同時に、ダンスグループとしての力量を誇示する一幕だ。多くの楽曲でコレオグラフィを担当し、本公演の演出にも携わったという辰巳のセンスが光る。確かな技巧で魅了しながらも、必ずどこかで誰でも真似しやすいキャッチーな振り付けを持ってくる彼女のバランス感覚は見事だ。ソーシャルディスタンス下のライブにおいて、いわゆるオーディエンスによる“フリコピ”文化は急増している。そこを見据えたものでもあるだろう。

大地の鼓動を打ち鳴らすリズムはそのまま「Mind-Mirror Nuxx」へと突入。「Trigger」と対照的に英詞パートの多い曲だが、洋楽的なアプローチではなく、あえて母音を増やした言葉選びで無国籍さを醸していく手法もNEO JAPONISMの妙味。複雑極まりないメロディ運びながら、サビで一気に爆発するジュリアナ扇子の振りで、会場全体がバブリーに踊り狂った。

辰巳さやか<LOVE & FIGHT>恵比寿LIQUIDROOM(2021年4月18日)

“このフロアの熱をまだまだ上げるために、今より拳上げて楽しんでいこうぜ!!”

打ち鳴らされる精悍なビートと雄々しいホーン、滝沢の煽りで始まったのは「Fight For The Right」。ガールクラッシュなEDMの色彩と研ぎ澄まされたヘヴィミュージックのアウトラインがクロスオーバーしていく様相は、強硬と柔軟のバランスに優れる5人だからこそ創り上げられるもの。デジタルなリズムに合わせて加速するダンスフォーメーション、そこからのたっぷりブレスを取りながらメロディをなぞっていく滝沢に息を呑み、福田がトドメを刺す。

《覚悟決めた 答えなんかは興味ない ただ前に進むだけ》

福田の鋭利な歌声と、拳を高く上げながら横一列に並んだ5人の最強の陣形が、閃光とともに勝ち誇った。

そこから「Subriminal」「Identity」と、無機質なデジタルサウンドと有機的な音像を生むダイナミズムのコントラストが美しい楽曲が続く。アタックの深く切れ込むようなハイエンドから地を這うような重厚なローエンドまで、実にタイトですっきりとしたサウンドと、ワイルドながらもエレガントな5人が生み出すグルーヴが絡み合い、ブライトな輪郭を伴って押し寄せる。

“私たちNEO JAPONISMはライブが本当に大好きです”

朝倉が口開く。ライブでファンの笑顔を見ることが生き甲斐だということ、その生き甲斐がコロナによって奪われてしまったこと……。先の活動に不安を抱えながら始めた配信ライブだったが、最初はその意味を見出せなかったという。しかしながら、配信を通してたくさんの人がNEO JAPONISMを知ってくれた。自分たちはまだ夢に向かっている途中であり、それは自分たちだけでは叶えられないもの。だから、みんなと一緒に大きくなっていきたい、きっぱりとした口調でそう語った。

その言葉の後に始まったのは「WORLD PARADE」。チップチューンのサウンドは美しい轟音となり、そこに交錯していく歌声とともに新しい世界が切り拓かれていくような感覚に見舞われる。NEO JAPONISMのこれからを予感させるような胸の高鳴りを覚えた。曲終わりできりりと並んだ5人。先ほどの最強の陣形が、朝倉を中心としたフォーメーションになると、なんだか神秘的な見え方に変わるから不思議だ。

NEO JAPONISM<LOVE & FIGHT>恵比寿LIQUIDROOM(2021年4月18日)

パンデミックにより思うような活動ができない状況下、希望として生まれた“未来へ導く”「Spica」、“偽物の愛で煌めくこの世界”で《僕らが歌う本当の意味は 君に届いてますか》と優しく歌う「聞こえない歌」と続いた。

“今日は夢の1つだった、恵比寿リキッドルームに夢を叶えにきましたぁ!”

不意をついた滝沢の叫びに、心を震わされる。

ラストは「トゥー・ザ・フューチャー」。かなり久しぶりに聴くイントロを前に、フロアから思わず歓喜の声が溢れ出た。最後の魔法を前に、フロアよりもっと遠くを見つめる5人は〈行かなくちゃ〉と新たな旅立ちに向かい、本編は幕を降ろした。

NEO JAPONISM<LOVE & FIGHT>恵比寿LIQUIDROOM(2021年4月18日)

もっとすごい景色を見ていきたい

“NEO JAPONISMは「闘う」をコンセプトに活動してきたんですけど、改めて、「闘う」って自分たちにとってのなんやろ?と思った時に、やっぱり逃げないことが、自分たちのコンセプトなのかなって”

鳴り止まぬアンコールの拍手に迎えられ、再びステージに現れた5人。滝沢が語り始めた。

“ライブもアイドルっぽくない、厳つかったり、オラオラ!って、けっこう怖かったりするかとも思うんですけど、実際5人ともそんなに強くないし、弱音も吐いてしまうし、逃げたくなったこともあったりしたんですよね。けど、自分たちがこうやって、夢に向かって逃げずに闘っていくことが、みなさんの明日を生きるための勇気になればなって、思います。今日生きることが明日につながる、このライブが自分たちとみなさんにとって、明日を生きるための、夢を追いかけるためのスタートラインになったら嬉しいなと思います。そんな気持ちを込めて、みなさんに向けて歌います”

熱い紹介で披露されたのは「Set Off」。ちょうどこのライブ前日の17日に、MVとともに初公開されたばかりの新曲だ。緩急のついたメロディラインを、助走なしに一気に駆け上がっていく熱き想いが、聴く者の心に揺さぶりを掛けてくる。もがいてきたこれまでの軌跡を胸に新たなステージへ、夢へと突き進んでいく決意が伝わってきた。

“こういう時期でみんな(ライブに)来るのとかすごい戸惑ったと思うんですけど、それでもここに来てくれた方と、今日は来れないよという方も、どっちの選択も間違ってないと思うし、そうやって私たちのために行動してくれることがとても嬉しくて幸せです。次の曲で最後の曲です。みんなで1つになって帰りましょう。今日は本当にありがとうございました”

瀬戸みるか<LOVE & FIGHT>恵比寿LIQUIDROOM(2021年4月18日)

瀬戸の言葉から、ラストの曲「sky」が始まる。

《もしも過去に戻れる力があったら
どこからやり直すかな
何度も何度も考えてみても 答えはなくて》

ここまで颯然とした表情を見せていた辰巳が、自分のパートを前に感極まって思わず涙を流す。そのまま項垂れるように滝沢にもたれ、2人はお互い引き寄せるように抱きしめ合った。そこで垣間見えた絆は各々の手から手へと繋がっていき、5人は肩を寄せ合い歌う。そんな彼女たちを称えるように、フロアいっぱいに手が挙がり、心の合唱が場内に響き渡った。楽曲のラスト、5人それぞれが翳した右手の先にある“これからも続いていく空”は、きっと晴れやかなものであるに違いない。そう確信した。

NEO JAPONISM<LOVE & FIGHT>恵比寿LIQUIDROOM(2021年4月18日)
NEO JAPONISM<LOVE & FIGHT>恵比寿LIQUIDROOM(2021年4月18日)
NEO JAPONISM<LOVE & FIGHT>恵比寿LIQUIDROOM(2021年4月18日)

“以上、私たち、NEO JAPONISMでしたぁ!!”

こうしてライブは大盛況のうちに終了した。この日の福田の言葉を借りれば“NEO JAPONISMに力を貸してくれる人たちがだんだん増えて、このワンマンライブが完成した”、それを大きく感じた壮観な景色だった。だが、彼女たちの夢へと向かう“闘い”はまだ始まったばかりだ。

“もっとすごい景色を見ていきたいなって——”(福田みゆ)

NEO JAPONISMはこれからも闘い続ける。明日を生きるために、今日をともに。

5人が掛けた最後の魔法は、今もこの先も醒めない。

撮影:真島洸/秋和杏佳

NEO JAPONISMワンマンライブ<LOVE & FIGHT>

2021年4月18日(日)
恵比寿LIQUIDROOM

00.SE(ワンマンスペシャルver.)
01.Carry ON
02.rewind the story
03.Call my name
04.brave your heart
05.again
06.ジャンピンポ!!!!!
MC
07.Trigger
08.Mind-Mirror Nuxx(ワンマンスペシャルver.)
09.Fight For The Right(ワンマンスペシャルver.)
10.ロボトミーランド
11.Subliminal
12.Identity(ワンマンスペシャルver.)
MC
13.WORLD PARADE
14.ゆるゆらオヤシロガール
15.Spica
16.聞こえない歌
17.トゥ・ザ・フューチャー

〜アンコール〜

EN1.Set off
MC
EN2.sky
MC

【関連記事】

おすすめの記事