Yahoo! JAPAN

栄|立ち飲みスタイルでサクッと本格焼き鳥を味わえる酒場

ナゴレコ

料理って場所、人などその環境でより美味しく感じることができますよね。
1人で食べるよりもみんなで食べたほうが美味しいものもあれば、1人でじっくりと味わいたいものもあえるはず…。
そのどちらにも当てはまるものは串物だと思います!

今回はそんな串物の中から個性豊かなスタイルで焼き鳥を提供するお店をご紹介します!

栄の中心で焼き鳥を喰らうならココ!「てり串」

お店があるのは中区栄。数々の酒場があちらこちらに点在し、栄に来れば飲む場所に困ることはまずないですよね。いろんなジャンルの酒場があり、それぞれの用途に合うした酒場を選ぶことができると思います。

栄エリアは三越、ラシックなどの百貨店がある大通りを境に女子大、住吉エリアに分かれますが、今回ご紹介していくお店は住吉エリアにお店を構えます。栄、矢場町駅から徒歩5分という抜群のアクセスの良さを誇るのが今回紹介していく「てり串」さん。

立ち飲みスタイルの上で、屋外でも呑める!

名古屋栄のど真ん中に、焼き鳥のめちゃくちゃいい香りが漂ってきます!この香りのルームフレグランスが欲しい。その香りは当然食欲そそるわけですが…。こちらはなんと焼き場からサーキュレーターで香ばしい香りを路面へ送るという徹底ぶり!

「てり串」さんの特徴として、店内は立ち飲みスタイルとなっています。(椅子もあります)焼き鳥ってチェーン店から歴史を感じる老舗、そして高級感漂うお店と雰囲気が結構違いますよね。

立ち飲みという非常にカジュアルなスタイルで焼き鳥を提供するお店は少ないイメージ。そして焼き場の正面で焼き鳥を味わうことができます!テラス席とは言いがたいですが、まさに特等席!コンサートならS席という最高の場所で焼き鳥を味わえます!

そしてこちらの営業時間はなんと昼の11時30分から!ここは砂漠でいうオアシスと言ってもいいでしょう。屋外で昼から焼き鳥を味わえるお店は名古屋にそうはないと思います。

縦長の店内はコンパクトながらもいい意味で距離感が近い印象。焼きたての焼き鳥を店員さんが手元まで提供できる距離感だと思います。

カウンターのすぐそこは厨房になっていて、調理する姿を見ながらしっぽり飲むことができるし、壁面にはテレビがあって1人呑みにもピッタリではないでしょうか。

THE・焼き鳥屋を感じる王道のラインナップ

ドリンクメニューは居酒屋の定番からもれることなく網羅した盤石の布陣。

フードメニューは当然焼き鳥中心。季節を問わずおでんは年中提供されているそうです。これは酒飲みにとってポイントが高い!お酒呑んでる時って出汁の効いた温かいものが無性に食べたくなる時がありますからね。

焼き鳥のほかにはすぐに出るスピードメニュー、しめの逸品、黒板の限定メニューがあります。

よっしゃ!呑むぞ!

焼き鳥に合う最高の1杯

●生ビール

まずは生から!ただこちらにはスーパードライのエクストラコールドがあるのです!

エクストラコールドとは氷点下の温度で提供される生ビールで、きめ細やかな泡、素晴らしいキレを感じる至極の1杯。ざっくりいうとすげぇ冷たいめちゃ旨いビールです。エクストラコールドのあるお店って少ないんですよね…。

同時にお通しのキャベツもやってきました。このキャベツ、おかわり無制限で最高です。

カラカラの喉にキンキンに冷えた生ビール…。しばらく俯いてその旨さを感じていました。

私は当然のように12時前に呑み始めたので、その背徳感もあり、最高のスタートを切ることができました。糖質はビールから取るべきなんだよな。

このタイミングで串物をガンガン注文。10本頼むと50円引きになるとのことで、チョロい私は10本の串物を注文。

焼き鳥はたれ、塩、黒こしょうから味が選ぶことができますが、私は焼き鳥のイロハを知る店員さんにその部位に合ったお任せの味をお願いしました。

●めかぶわさび

焼き鳥が焼けるまでにすぐに出るものをと、黒板メニューにあっためかぶわさびをいただきます。酸味を感じるあっさりとしためかぶにシャキっとしたわさびの食感、爽やかな辛味。これはあっさりおつまみ代表として世界大会に出場すべきだと思います。

このめかぶわさびならボールで飲むようにいける。

こだわりの串物の数々をご紹介

●串カツ

まず最初にやってきたのは焼き鳥ではなく、串カツ!50円引きになる串物の中には焼き鳥だけでなく、串カツも含まれるとのことで、味噌でお願いしました。濃口の味噌ダレが衣に染みて、ビールが進みます。串カツ半端ないって、ビールめちゃくちゃ進むもん。

●もも

焼き鳥のど定番であるもものお出ましです。ブリプリのももに甘めのタレ、同時にやってくる香ばしさ。いろいろ試してみたけど、やっぱこれだね。

●肉付きなんこつ

次にやってきたのは肉付きなんこつ。おすすめはブラックペッパーでとのでした。

これ、好き。

コリコリのなんこつとしっとりとした鶏肉が同時に味わえる1本。ピリっとくるブラックペッパーもマッチしており、なんこつの食感がたまらない!勢いだけでいうならポテチみたいな感覚でバクバクいけます!

ここでエクストラコールドが一気を一飲み干してしまったので、通常の生ビールにシフト。旨い!

●ぼんじり

私の好きな部位の1つであるぼんじり。食べたくてもなかなか出会えない部位で、ジュワっと溢れる脂の旨味…めちゃくちゃそそられます!ぼんじりを例えるなら、色気のある大人の女性だと思います。

●つくね

こちらも私の好きなつくね。つくねはタレのイメージが強かったですが、塩で提供されました。塩でいただくことで、つくね本来の味を楽しむことができ、もうそれは優しくてふわっふわなんです!まるで雲、このつくねの上で寝れる。

全米が称賛するレベルでオススメなので、このつくねは絶対に注文しましょう!

●鶏皮にんにく

少しアレンジを加えた串をとオーダーしました。カリっとした鶏皮に口にひろがるにんにくの抜群の存在感。これは酒だ、酒を持ってこい…!

●えくぼ

お次は珍しい部位であるえくぼ。皆さんの想像通りのえくぼだそうで、初めて出会いました。塩でいただきましたが、不思議な食感!柔らかくもあり、噛み応えもある印象で、噛めば旨味がやってくる。砂肝を柔らかくしたという感覚が近いかもしれません。これはまた食べたい…!

●ちょうちん

終わりが見えてきた9本目はちょうちん。好きな人はすごく好きな部位だと思います。しっとりと濃厚な卵黄、黄身についてくる肉の部分はヒモと言われるそうで、淡白ながらも噛み耐えがあり、これまたお酒が進む1本。

□半熟うずら卵

〆の10本目は半熟うずら卵。噛めばプチっと弾ける濃厚な黄身。焼き加減が絶妙でさすがのお仕事!
口の中で濃厚な黄身が弾ける感覚を味わうことができるのはうずら卵ならではで、串物の箸休めや〆の1本として味わってほしいです。

ふらっと立ち寄ることができるスタイルとこだわりの詰まった串物の魅力

ここまでふらっと立ち寄れるスタイルの焼き鳥屋はそうないと思います!

焼き鳥をはじめとする串物の魅力その1本にさまざまなバリエーションがあり、その1本で完結すること。串という1本にお店のこだわりが詰まっているので、そのこだわりの1本をぜひ味わってみてください!

INFORMATION

店名:

炭火焼き てり串 (てりくし)

住所:

愛知県名古屋市中区栄3-9-17 松樹ビル 1F

営業時間:

(日~木)11:30~23:30
(金・土)11:30~24:00

一人当たりの予算:

¥1000〜¥3000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

【関連記事】

おすすめの記事