Yahoo! JAPAN

京都の老舗ベーカリーが関東初出店!【GRANDIR(グランディール)カメイドクロック店】(東京都江東区)

パンめぐ

看板商品「黄金のメロンパン」

パン屋の激戦区京都で誕生した老舗ベーカリー「GRANDIR(グランディール)」。

素材にこだわり、職人が丹精込めて焼き上げる伝統の味は、地元の人々に愛され創業から30年以上続いているお店です。

このたび、2022年4月28日亀戸にNEW OPENの「KAMEIDO CLOCK(カメイドクロック)」内に「GRANDIR(グランディール)」がOPENしました。

亀戸の下町ならではの食文化を活かし、食を通じた新たな地域コミュニティ拠点「カメクロ横丁」や、 ライフと専門店26店舗が集うライブ感あふれる、地域ナンバーワン食市場「カメクロマルシェ」など、いろいろな楽しみ方ができる商業施設です。

それでは、「GRANDIR(グランディール)」のおすすめ商品をいくつかご紹介します。

■看板商品「黄金のメロンパン」

卵黄仕立てのさっくりとしたメロンの皮が特長のこちら。バターが贅沢に練り込まれています。素朴でありながらコク深い味わいで、長年愛されてきたメロンパンというのも納得。

■ベーグル ショコラ(写真左)

ベーグルもお店の自慢の品だそう。軽めのモチモチ食感と芳醇な香りが特長です。ブラックココアパウダー入りのベーグル生地に、チョコチップが入っています。ベーグルは10種類前後あるので、いろいろな味を楽しめます。

■カヌレ~ボンヌ・キャリテ~(写真右)

表面はカリッと、中は驚くほどしっとり。バニラ感が増して、よりしっとりな”濡れ”食感に。リニューアルで加わった隠し味のマスカルポーネチーズがコクと濃厚さをプラスしています。カヌレの魅力でもある、2種類の食感とラム酒の香り、じっくりと高温で焼き上げることによる香ばしさをぜひ堪能してくださいね。

■ショーソン・オ・ポム(写真左)

ショーソンは、フランス語でスリッパの意味だそう。
フランス産AOPバターが香るサクサクのパイ生地の中にはジューシーなリンゴのコンポートが。あたためて食べても冷やしてから食べてもおいしい。ぜひ食べて欲しい1品です。

■ソシソン ラタトゥイユ(写真右)

食べ応えのあるソーセージの上にラタトゥイユがかかっています。ソーセージはパリッとしていて、トマトの甘みのあるラタトゥイユとの相性も抜群です。暑くなるこれからの季節はビールとの相性もいいかも。

種類も豊富で他にも焼菓子や食パンもありますよ。

関東初出店ということで、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

SHOP INFORMATION
【店名】GRANDIR(グランディール)カメイドクロック店
【住所】東京都江東区亀戸6-31-6 B1F
【電話番号】03-5875-1280
【営業時間】10:00〜21:00
【定休日】KAMEIDO CLOCKに準ずる

※写真の商品の種類、価格は、2022年4月現在の情報となります。
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗またはHP、Instagramにてご確認ください。

【関連記事】

おすすめの記事