Yahoo! JAPAN

札幌駅 大改造、在来線ホーム1番線に新幹線 通過線

鉄道チャンネル

2030(令和12)年度末の完成をめざして工事がすすむ北海道新幹線 札幌延伸事業。

新函館北斗から線路を延ばす計画の最終地点、札幌駅でもいよいよ新幹線ホーム新設にむけた工事が動き出す。

札幌駅は現在、メイン側の南口寄りから1番線、2番線と線路が並び、10番線まである。ホームは5面ある。

北海道新幹線のホームは、この在来線ホームとは並ばず、その先の苗穂寄りにつくる計画で、在来線ホーム付近は新幹線通過線ができるイメージ。

在来線ホーム1番線に新幹線 通過線

札幌駅 在来線ホーム付近の新幹線通過線は、現在の1番線付近につくる。

この現1番線が新幹線通過線の空間を生むために廃止されることから、1番線に代わる11番線ホームを北側に新設する工事がすすんでいる。

今後は、11番ホームの下に改札内コンコースの増設工事を行うため、2021年10月から、北側連絡通路が通行不可になる。

こうした11番線工事は2022年10月ごろに完了し、供用開始される予定。1番線が廃止になり、着発線ホームが変更される。

計画図をみると、既存ホームの2~10付番はそのまま変更しない見込み。

また、1番線跡地に新幹線高架橋を構築する工事に着手するため、2番線ホームについては、ホーム・階段の幅員の縮小、エスカレーター改修などのほか、南側連絡通路も閉鎖する計画。

画像:JR北海道
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/)

【関連記事】

おすすめの記事