Yahoo! JAPAN

乗っていった車を忘れて帰宅!?お疲れすぎて「やっちまった」エピソードあれこれ

ママスタセレクト

SNSなどで“毎日楽しく子育てしてまーす!”というような投稿を見かけ、「ふっ……。元気だなぁ」と羨ましさをクールに隠して反応してしまうママさんたち。お疲れさまです! もしかして日々の疲労が蓄積していませんか? お疲れマックスで過ごしていると、自分でも信じられないような失敗をしてしまうこともあります。

アレとコレがこんがらがる「間違えた!」エピソード

ママスタコミュニティにも、どうやらお疲れ気味の方から「お疲れすぎてやっちまったこと、ある?」というトピックがあがりました。まずは投稿者さん自身の“やっちまったこと”をご紹介。

『お風呂で歯磨きしようとしたら、歯磨き粉じゃなくて洗顔料だった。「オエエー!」となって、どんなにゆすいでも口のなかがモワモワしてた』

歯磨き粉と洗顔料は、色も形状も似ている場合がありますよね。その後に何か飲食をするときには、かなりの勇気がいりそうです。 お疲れママさんは、あちらにもこちらにも。トピックにはゆかいな(?)報告コメントが次々集まってきました。まずはお疲れすぎて「間違えた!」エピソードから。

『ダンナのマスクをしばらく柔軟剤で洗っていた。汚いままだったけど、ふんわりしていた』

マスクは手洗いでしょうか? ふわっふわのマスクは、着け心地バツグンのはずです。

『犬を飼っているんだけど、ダンナに「〇〇(犬)にご飯あげてくれる?」と頼もうとして、「〇〇(犬)、パパにご飯あげて」と言った。ダンナが爆笑したけど自分が言い間違えたのに気づかず、なぜ笑っているのかわからなかった』

愛犬がダンナさんにご飯を出している様子をイメージするだけで、笑いがこみ上げてきます。

『生卵を割って、中身の卵を三角コーナーに捨てちゃった~』

『コンディショナーで髪を洗っていた』

このあたりは「私もやったことがある!」という人も多いのでは? コンディショナーやリンスで洗髪して「あれ? どうして泡立たないの?」ととまどうこともあれば、コンディショナーやリンスのタイミングでシャンプーを使う場合もあります。2度目に髪を洗い流すときは、なんともいえない気持ちになりますね……。

『コンビニでパートをしていた頃。帰宅した娘に「いらっしゃいませぇー」と言ってしまった』

今回集まった“やっちまった”エピソードのなかで、一番多かったのがこの「いらっしゃいませ!」でした。接客業をしている人の“あるある”です。仕事中はおそらく半分無意識で「いらっしゃいませ」と、繰り返しているのでしょう。自宅でいうだけならただの笑い話ですが、コンビニやスーパーなどにお客さんとして行ったとき、店員さんの「いらっしゃいませ」につられてしまうという報告も。言ってしまったほうは赤っ恥かもしれませんが、店員さん側は「ああ、この人も……」とほっこりした気持ちになるのではないでしょうか?

ぼんやりしていて記憶にありません。「忘れた!」エピソード

疲れてぼんやりしていると、うっかり忘れてしまうことも多くあります。「忘れちゃった!」エピソードをご紹介。

『買い物に行き購入した物を車に残し、自分だけ家に入って小1時間忘れていた』

何のために出かけたか、目的を忘れてしまったようですね。この事件が夏場でなかったことを祈ります。

『荷物を出そうとコンビニに行き、ついでに肉まんを買おうと思い、レジで会計。肉まんを手に帰宅してから、荷物を出すのを忘れていたのに気づいた。でかい段ボール箱を抱えていたのに……』

「店員さんが気を利かせて“そのお荷物は?”とか、尋ねてくれればよかったのに」と、一瞬勝手なことを考えてしまいそうです。2度目に行くときは、やっぱり別のコンビニでしょうか?

『夕方、「さて、そろそろ洗濯物を取り込まなきゃ」とベランダに出たら、洗濯物がない! 洗濯機の中にあった。干すのを忘れていた』

ルーティンでやっている、毎日の家事。だからこそ、やっているときはほぼ無意識ですよね。シワシワの洗濯物が哀しいです。

テッパンのネタになりそう。強烈エピソード

投稿者さんのエピソードもなかなか強烈でしたが、他にも「え、それって大丈夫?」と余計なお世話ながら、心配になるコメントも寄せられました。

『夕方。家から徒歩2分のスーパーで買い物をして帰宅。朝、自分が乗っていたはずの車がなかった。仕事帰りにスーパーに寄ったのを忘れ、徒歩で帰ってきちゃった』

遠距離だったらありえない、近所だからこその失敗ですね。

『冷蔵庫から麦茶を取り出し、グラスに入れたつもりだった。入っていたのは麦茶ではなく、マヨネーズ。疲れていたんだわ』

麦茶とめんつゆの入れ間違いはたまに聞きますが、麦茶とマヨネーズ……。色も形状も共通点がありません。マヨネーズのチューブを絞りながら、何を考えていたのでしょう?

『朝の9時から今まで寝てしまった』

このコメントがあがったのは、14時過ぎ。つまり5時間近く昼寝(朝寝?)をしていたことになります。

『ダンナの車だと思って、全然知らない人の後部座席に乗り込んだ』

ドアが開いていたのも偶然ですね。“全然知らない人”もさぞびっくりしたでしょう。

『買い物から帰り購入した食材を片付けた後、財布がないことに気づく。お店に忘れたか、途中で落としたかとさんざん探すも見つからず。途方に暮れたまま夕飯の支度を始めたら、ヒエヒエになった財布が冷蔵庫から出てきた』

財布が見つからないときの焦りは、尋常ではないですよね。「ない! ない!」と真っ青になって、心当たりを探しまくります。見つかったときのこちらのママは、“財布は冷えたが心はあったか”といった気持ちだったことでしょう。

『パンツを履いたまま入浴』

……明日はお休みにすることにしましょう。 みなさん元から“うっかりさん”なのではなく、日々のオーバーワークでついつい……ですよね。それだけ毎日頑張っている証です! “やっちまった”ことで家族や周りが笑ってくれればすべてオッケー。また新たなうっかりエピソードが誕生したときには、ぜひ教えてくださいね!

【関連記事】

おすすめの記事