Yahoo! JAPAN

沖磯ルアーフィッシングでシーバス不発もカンパチ&キジハタをキャッチ

TSURINEWS

カンパチがヒット(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

熊本県上天草にある樋島の磯でシーバスを狙った。残念ながらシーバスは不発に終わったが、カンパチやキジハタをキャッチしたので、その模様をお届けする。

樋島でシーバスゲーム

8月27日、早朝4時に起きて目指すは上天草にある樋島。今回は、毎年恒例となっている磯からのシーバスゲームをしようと照丸渡船を利用し、磯に上がる。

午前5時30分に出船。ルアーマンは、私とショアジギングの人のみで、後の人はイカダに。先にショアジギングの人が降りて、私は「琵琶の首」へ。上礁してすぐタックルの準備に取りかかる。

タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

使用するタックルは2セット。まずはジグブレード用に、ロッドがエンカウンター106MH、リールがストラディック5000XG。そしてPEライン1.2号とリーダー5号を結ぶ。ルアーはガンガンジグブレード40g(イワシ、ゴールドブレード)

もう1セットはロッドがロンギヌス8.9ft、リールがストラディックC3000HGとした。PEライン0.8号、リーダー3号とした。ルアーは自作タイラバ30g(オレンジ)と小型のルアー各種。

タイラバでチャリコと遊ぶ

朝イチはトップウオーターからチェック。3投目、「なんか違う」タックルごと交換し、次はガンガンジグブレードを遠投。着底させゆっくり巻いてくる。「ん~潮はいい感じ、なぜ食わん?何かいてもいいでしょうに……」投げ散らかしたがアタリすらない。「やっぱり雨の影響引きずってんのかな~くるくるイワシどころかベイトのイワシすらいないもんな」

いつもなら上陸と同時にトップウォーターを投げると、くるくるイワシについたシーバスがボコボコ釣れるのだが、今年は長雨の影響で水温が下がり、イワシがくるくるならずいなくなるという最悪な状況。「シーバスがダメならほかの魚だな」。

自作タイラバを装置し遠投!着底と同時にゆっくり巻き始めると「コッコッ……ジッジー!」「小さいけどマダイきた~」上がってきたのはチャリコ(小ダイ)サイズ。「ありがとうね~バイバイ」「今日はタイラバかな?」

キャスティングタイラバでマダイ(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

船でもあり得るが、タイラバがいい日とジグがいい日に別れることが多々ある。「今日アタってんのはタイラバしかないからな~続投!」

続けて来たのはグチとまたチャリコ。「君たちばかりか~」。

ボイル撃ちで30cmショゴ

すると少し沖でボイル!「なんだ?ベイト回ってきてシーバスか?」トップを投げるが反応なし。ならばとレンジバイブ70(イワシ)に変更し速巻きで探ると「ゴンッ」「乗った~!」「ジッジー!」「ん~?ヒラフッコ?やたら引く」「違う!ショゴだ!」

「ジッジー!」「さすが小さくてもカンパチ!引くわ~」ずり上げたのは30cmのショゴ。「夏の魚だな、サンキュー!」。

だが、これを最後にまったく魚が釣れない状況に。見回りに来た船長に状況を伝えると、目の前にある黒島に移動することに。

良型キジハタ2連続ヒット

黒島を見渡すと、手前がテーブル状に張り出した磯でその先は深そうな感じ。アタっているタイラバから試しにキャスト。着底させゆっくり巻きの2回目、「ジッジー!」「お~?引ったくっていったぞ?」上がってきたのはキジハタ(アコウ)!「元気良かったな」

「キジハタがいるならガンガンジグブレードだな」。

タックルを変更し、次はガンガンジグブレードを遠投。タイラバ同様、着底させてゆっくり巻きを繰り返していく。「ゴツゴツ」「お、岩があるな。次は着底させて岩の上を通してみるか」「着底……くるならここだな」

「ガツン!」「ほらきた~!お~?なかなか引くぞ?」根に潜られないようにゴリ巻き。「お~まぁまぁあるかな」上がってきたのは35cmクラスのキジハタ!「良型×2!」。

キジハタもいただき(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

最後に黒島を一周して探ったが、カサゴ(アラカブ)だけで終わり、そのまま迎えの時間になり帰路に。

<週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年9月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post沖磯ルアーフィッシングでシーバス不発もカンパチ&キジハタをキャッチfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事