Yahoo! JAPAN

【婚活】結婚生活がうまくいく!最高のパートナーの選び方をコンシェルジュに聞いた

ウレぴあ総研

付き合った後や結婚した後に、「こんなはずじゃなかった」と後悔したという話はよく耳にするものです。

せめて、付き合う前や関係が深まる前に、相手の本質や自分との相性がわかるのであれば、いいに越したことはないですよね。

そこで今回は、結婚相談所パートナーエージェントで、これまで100組以上のカップルを結婚まで導いてきた“婚活のプロ”である成婚コンシェルジュの方に、パートナーを見極めるポイントを教えていただきました。

男性のどこに注目すべき? 失敗しない結婚相手選びのポイント

1: 嫌いなものが同じ

成婚コンシェルジュ「嫌いなものが同じ、という価値観を重視するといいと思います。好きなものに関しては、互いに尊重できるものなので、好きなものは同じでなくても良いです。

しかし嫌いなものは強いられるとストレスや我慢になるので良くないです。

例えばお互いに納豆が嫌いなのであれば、お互い食べなければよいですし、人込みが嫌いな場合は一緒に避けることができます。

好きな人の好きなものは自然と興味を持つものなので、最初は一致しなくても良いのですが、嫌いなものは一致していたほうがストレスの少ない関係を構築しやすいでしょう」

2: その人といるときの自分を好きかどうか

成婚コンシェルジュ「相手と一緒にいるときの自分のことを、一度客観的に見てみてください。そのときの自分のことをあなたは好きですか?

自分が心から喜んでいるかどうか、自分に正直、自分に素直になれているかどうかが大切です。もし自分を偽っていると少しでも感じるのであれば、一度その原因を見つけて、自分が正直になれるように問題を解決しておくのをおすすめします。

偽りの自分のまま、関係を続けてしまうと、将来、その問題が浮上して、困ったことになることもあります」

3: 金銭感覚が合っているかどうか

成婚コンシェルジュ「結婚を前提としている場合、お金の価値観は、一緒に生活する上で非常に大事です。

片方が浪費家でも、片方が倹約家であれば良いという意見もありますが、どちらかが合わせることになるので、結局、ストレスにつながります。

何をもって『もったいない』を感じるか、などお金に対する価値観のすり合わせが大事です」

4: モノを大切にできるか

成婚コンシェルジュ「お相手のことを見るとき、モノを大切にできる人かどうか、という視点でも見てみてください。

モノを丁寧に扱うことができる人は人、つまり、女性のことも大切にできることが多いからです。

例えば、長年ずっと同じバックを大切に使い続けている、ボロボロでも愛着があって最後まできちんと使っている、など身の回りの持ち物の扱い方や、家族や友人との関係の持ち方をチェックしてみると良いと思います」

オンラインでの出会い……こんな相手は要注意!

最近では、オンラインでの出会いやコミュニケーションが増えています。SNSで知り合って結婚したというケースも少なくありません。

リアルに対面する前に、LINEなどで交流する際に、要注意なポイントを教えていただきました。

1: チャットでも会話のキャッチボールができない

成婚コンシェルジュ「LINEでも、対面でも、基本的な会話のキャッチボールができていない、と感じたら要注意かもしれません。

もちろん、コミュニケーションが苦手な人もいますが、将来、お互いが楽しく付き合い、幸せに暮らしていくためには、会話のキャッチボールの相性はとても大切です」

2: 実際に会おうとせずに甘い言葉ばかり言ってくる

成婚コンシェルジュ「オンラインで出会い、メッセージやチャットでのやりとりを楽しむというとき、なかなか実際に会おうとせず、甘い言葉ばかり言ってくるという人も要注意かもしれません。

なぜなら、文章はいくらでも偽れますし、好意がある男性は会おうとする傾向が強いです。

もちろん仕事などの事情でなかなか会えない状況のこともありますが、一度も会ったことがないうえに、甘い言葉ばかりかけてくる男性には注意が必要です」

相手を真剣に見極めたい女性へアドバイス!

将来、結婚を見据えて真剣にお相手を見極めたいと思っている女性に、アドバイスをいただきました。

成婚コンシェルジュ「男性の性格もさまざまですが、言動のどこかに『誠実さ』を感じられるかどうかは非常に重要なポイントだと思います。

また、真剣に結婚を考えているのであれば、その彼が自分の家族に上手く溶け込んでいくイメージが持てるかどうかも基準にしてみてください。結婚は家族同士のお付き合いでもあるので、家族との相性も重要ですね」

結婚を見据える年齢になると、どうしてもお付き合いにつなげることに焦ってしまいがちになります。

今、リアルの場やオンライン上で気になる相手がいる、という場合には、今回紹介したポイントを一度チェックしておくのもよさそうです。

真剣にお相手探しをしている人は、参考にしてみてくださいね。

【取材協力】パートナーエージェント
成婚率・婚姻率ともに業界No.1を誇る、“結果”につながる結婚相談所。会員一人ひとりの婚活に成婚コンシェルジュが伴走し、それぞれに合わせた婚活設計とサポートを行うことで、高い成婚率を達成している。また、業界で初めて、婚活におけるPDCAサイクルを採用し、計画から実行(紹介・コンタクト)、確認、改善を繰り返すことで、最良のお相手の発見、マッチングを実現。

(mimot.(ミモット)/今村 梓)

【関連記事】

おすすめの記事