Yahoo! JAPAN

衝撃の新食感!もちゅぷる高加水パンの宝庫!【SONGBIRD BAKERY】(東京大田区)

パンめぐ

魅力的なパンの数々

パン好きの中で最近特に注目されているのが、高加水パン。パンはぱさっとしているもの、というこれまでの概念を覆すような瑞々しさがパン好きの心を射止めています。

今回は、そんな高加水パンが美味しいとパン好きの間で評判になっていた「SONGBIRD BAKERY」さんに伺ってきました。

スタイリッシュでお洒落な店内。木材も使用されているので、あたたかみも感じられます。ガラスのショーケースから覗くパンたちがどれもこれも魅力的で、永遠に眺めていられそうです。

パンは予約ができるのでありがたいです。お目当てを予約してあったものの、あまりにも美味しそうで他にもたくさん購入してしまいました。パン好きあるあるですよね。

「秋のフリュイ」

焼き立てのぷるぷるな生地を見たら、たまらなくなって近くの公園でぱくり。一口食べて、これまでにない衝撃が走る。

ぷるぷる。もっちゅり。

口から溢れ出すような、ジューシーな食感。これは、もうパンの概念越えた美味しさです。

クラムはぷるぷる食感なのに対して、クラストは焼き目しっかりでガリガリ系。クラムとの食感のコントラストを楽しむことができます。

鮮やかな紫は、カシスが練りこまれているから。生地からは、ほんのり上品な酸味を感じられます。しかし、これだけではありません。なんと、柚子とマロンも入っている贅沢さ。とても爽やかな香りの柚子と、濃い栗の味と優しい甘さのマロン。食べる場所によって味わいがコロコロ変わる楽しさがあります。

▢ 「ソレイユ」

ソレイユ、とは俗に言うメロンパンのこと。これも焼きたてをいただいたのですが、今でもその感動的な美味しさが忘れられません。間違いなく、私のメロンパン人生の中で一番の美味しさです。

メロンパンの皮は、カリカリっと厚め。味はメロンパンといえばコレ!と言わんばかりの王道のあの味。甘くて、ほっこりとする味。気を衒ってオシャレ路線で行くより、この王道タイプのメロンパンが私は好きです。

王道を突き詰めたようなような皮に対して、生地は他では全く体感したことのない食感。

ふわっ。しゅわっ。もちゅり。

ここまで潤いを感じるメロンパンの生地は本当に初めて。生地にはクリームチーズが練りこまれているらしく、生地からしっかりとコクを感じられます。

これは、ぜひとも焼きたてを食べてみてほしいです。

▢ 「ミルクバー」

ミルクフランス大好きな私ですが、ブリオッシュ生地は初めて。

ブリオッシュが、瑞々しい。ブリオッシュに「瑞々しい」という表現を当てることなんて他ではなかったのですが、本当に「瑞々しい」。しゅわっともちゅっと歯切れがいいソフトな生地。

クリームはしっかり甘くて濃厚なミルク感。これがブリオッシュに溶け出して、口の中にじゅんわりと広がっていき、至福の美味しさです。

▢ 「くるみのパヴェ」

もちゅ。ぷる。ふにゅ。

気泡が大きく、空気をたっぷり含んだ生地。薄めのクラストなので、思いっきりクラムの美味しさを楽しめます。くるみの香ばしさもしっかり感じられるので、シンプルなパンですが単体でぱくぱくと食べ進めてしまいます。

今回いただいたどのパンも、これまでのパンの概念を覆すような新食感で大感動。パン界に革命をもたらすようなパン屋さんで、今後の新商品にも目が離せません。パン好きのみなさん、ぜひこの「新体験」を実感してみては?

SHOP INFORMATION
【店名】SONGBIRD BAKERY
【住所】東京都大田区西蒲田1-2-12カマタブリッヂ101
【電話番号】なし
【営業時間】10:30~(売り切れ次第終了)
【定休日】火曜・水曜日(年末は、28日、29日営業、30日、31日休)

※写真の商品の価格は、2021年の11月現在の価格となりますので、変更がある場合がございます。
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗またはHPにてご確認ください。
(年末年始は営業日・営業時間に変更がある場合がございます)

【関連記事】

おすすめの記事