Yahoo! JAPAN

レノボが「ThinkPad」を刷新! テレワーク&在宅勤務向けの機能を強化

価格.comマガジン

レノボが「ThinkPad」を刷新! テレワーク&在宅勤務向けの機能を強化

レノボ・ジャパンは2021年3月23日、「ThinkPad」シリーズの主要7モデルを刷新した。同社によると、テレワークの普及により、Webカメラの高画質化やスピーカーとマイクの高音質化などノートパソコンにコラボレーション機能が求められているという。今回刷新したモデルはこれらの機能を強化し、テレワークやビデオ会議をより快適にこなせるようになっている。

ビジネス向けノートパソコンとして人気のThinkPad。同社はThinkPadをコラボレーションツールと定義し、オンライン会議のしやすさや生産性向上のため、改良を続けている

7モデルの概要をチェック

今回刷新されたモデルは以下の7モデル。

ThinkPad X1 Carbon Gen 9
薄さ14.9mm、重量約1.13kg(薄さと重量はモデルによって異なる)の薄型・軽量ボディが特徴のフラッグシップモデル。アスペクト比16:10の14型ディスプレイは、3840×2400と1920×1200の2種類の解像度が選択できる。バッテリー駆動時間は最大約26時間で5Gにも対応する。直販価格は268400円(税込)から。発売は3月23日。

フラッグシップモデルのThinkPad X1 Carbon Gen 9

ThinkPad X1 Yoga Gen 6
14型ディスプレイを搭載する2in1タイプのノートパソコン。アスペクト比16:10の14型ディスプレイは、3840×2400と1920×1200の2種類の解像度が選択できる。タッチやペン操作に対応しつつ、アンチグレアも選択可能。直販価格は305800円(税込)から。発売は3月23日。

2in1タイプのThinkPad X1 Yoga Gen 6
小型ファンを2つ内蔵し、バッテリー駆動時間とパフォーマンスを両立。このお団子のようなファンはThinkPad X1 Carbon Gen 9にも採用している

ThinkPad X13 Gen 2
13.3型のディスプレイを搭載するモバイルノート。画面のアスペクト比は16:10。解像度は2560×1600と1920×1200の2タイプから選択できる。直販価格は205700円(税込)から。発売は3月23日。

画面のアスペクト比が16:10になったThinkPad X13 Gen 2

ThinkPad X13 Yoga Gen 2
内蔵型の充電式アクティブペンが特徴の2in1ノートパソコン。13.3型のディスプレイのアスペクト比は16:10。解像度は2560×1600と1920×1200の2タイプから選択できる。直販価格は228800円(税込)から。発売は未定で後日発表予定。

内蔵できるペンが特徴のThinkPad X13 Yoga Gen 2

ThinkPad T14s Gen 2
14型のディスプレイを搭載する高性能なノートパソコン。重量は約1.28kg~。ディスプレイは4Kの3840×2160とフルHDの1920×1080から選べる。直販価格は215600円(税込)から。発売は3月23日。

ThinkPad T14 Gen 2
ThinkPad T15 Gen 2
ThinkPad Tシリーズは、ディスクリートGPUを選択できる高性能なノートパソコン。14型のThinkPad T14 Gen 2と15.6型のThinkPad T15 Gen 2のどちらも最大48GBまでメモリーを拡張できる。ThinkPad T15 Gen 2はテンキーを搭載する。ディスプレイはどちらも3840×2160と1920×1080から選択できる。直販価格はThinkPad T14 Gen 2が194700円(税込)から、ThinkPad T15 Gen 2が214500円(税込)から。発売は3月23日。

細かな使い勝手を改善

今回の刷新は細かな改良だが、いずれも使い勝手に直結するもので、テレワークや在宅ワークが増えている中で、ノートパソコンに求められる機能を追求した結果と言える。

ThinkPad X1 Carbon Gen 9、ThinkPad X1 Yoga Gen 6、ThinkPad X13 Gen 2、ThinkPad X13 Yoga Gen 2の4モデルは、画面比率が16:10に変更された。これまでの16:9よりも縦方向に長く、Officeソフトの利用やWebサイトの閲覧がしやすくなっている。画面比率の変更にともない、タッチパッドも大型化されている。

左が16:10のThinkPad X1 Carbon Gen 9、右が16:9のThinkPad X1 Carbon Gen 8
左がThinkPad X1 Carbon Gen 9、右がThinkPad X1 Carbon Gen 8。タッチパッドが大きくなり、スピーカーがキーボードの両サイドに搭載されている。タッチパッドの横にあった指紋センサーは電源ボタンに統合された

ThinkPad T15 Gen 2、ThinkPad T14 Gen 2、ThinkPad T14s Gen 2、ThinkPad X13 Gen 2は、キーボード面にスピーカーを配置し、音声を聞き取りやすくした。ThinkPad X1 Carbon Gen 9とThinkPad X1 Yoga Gen 6は、キーボード両面にスピーカーを配置して、「Dolby Atmos」の性能を最大化し、より高音質化を図っている。ビデオ電話やビデオ会議時に、マイクとスピーカーを最適化して通話品質を向上する技術「Dolby Voice for PC」にも対応した。

ThinkPad T14s Gen 2とThinkPad X13 Gen 2は、フルHDのWebカメラを搭載。ビデオ会議時の画質の向上が期待できる、うれしい機能強化だ。細かい点だが、ThinkPad X1 Carbon Gen 9、ThinkPad X1 Yoga Gen 6、ThinkPad T14s、X13 Gen 2、ThinkPad X13 Yoga Gen 2は電源ボタン上に指紋認証を搭載。オプションで5Gを選べるモデルも用意する。

左がフルHDのWebカメラ、右がHDのWebカメラ。HDのほうが明るく見えるが、フルHDのほうがシャープで顔がくっきりしている

2in1タイプのThinkPad X1 Yoga Gen 6とThinkPad X13 Yoga Gen 2には、非光沢パネルを用意。ブルーライト軽減パネルも一部モデル搭載する。

機能チャート

このほか、在宅勤務やテレワークの普及で需要が高まっているというUSB Type-Cドックは、ThinkPadだけでなく、他社製PCでも接続できる「ユニバーサルUSB Type-Cドック」を用意。別売の135WのACアダプターを利用することで、最大100Wの給電もでき、アップルの「MacBook Pro 16インチ」もカバーできる。外部インターフェイスはDisplayPort 1.4×2、HDMI2.0×1で、最大4K/60Hzの出力サポートし、3画面表示までできる。USB 3.2 Type-A Gen2、USB 2.0 Type-A、USB Type-C(10Gbps、5V/3Aデータのみ)を搭載。LANポートはギガビットイーサネットで、Wake On LanやMacアドレスパススルーに対応。対象のThinkPad本体の電源ボタンと連動する電源ボタンも備える。直販価格は28600円(税込)。3月23日に発売する。

ThinkPad以外のPCでも接続できるユニバーサルUSB Type-Cドック

【関連記事】

おすすめの記事