Yahoo! JAPAN

三浦市2021年度予算案 歳出抑制の堅実財政運営〈三浦市〉

タウンニュース

歳出抑制の堅実財政運営

三浦市は先月17日、総額171億5551万1千円(前年比3・0%増)となる2021年度当初予算案を発表した。喫緊課題である人口減少、地域活性化のほか、新型コロナウイルスワクチン接種や城山地区利活用に関する事業などを盛り込んだ予算を編成。好調なふるさと納税と事業見直しによる堅実な財源対策で収支均衡を図る。

歳入は、新型コロナによる市税減少で3・3%減の54億2千万円となる一方、寄附金は好調を維持するふるさと納税が大きく押し上げる形で7億8千万円(22・1%増)と試算する。

昨年10月に、二町谷埋立地の売却をはじめとする緊急緊縮財政の取り組みで一定の成果が見られたと発表。以降も財政健全化を進め、28項目のうち12の取り組みで、約5億5千万円の効果額を予算案に反映したという。

市の貯金にあたる財政調整基金の取り崩しは4600万円で、残高見込みは10億4千万円。

ハード整備を加速

主要事業として、新型コロナウイルスワクチン接種に2億1千万円を計上。ハード整備では、旧三崎中学校跡地を含む城山地区利活用(1500万円)、南下浦市民センター用地に新設する子育て賃貸住宅(480万円)、市民交流拠点(1億7千万円)などの事業を継続して推進する。

そのほか、妊婦健診の受診等のためのタクシー券や新生児聴覚スクリーニング検査に対する補助、施設・道路の防災対策、伝統芸能等伝承振興などの事業は、ふるさと納税を財源に実施。

また、クラウドファンディング型ふるさと納税「みうらっ子応援プロジェクト」に集まった寄附金は、小中学校のトイレ洋式化に活用。まずは生徒1人あたりの洋式トイレ率の低い三崎中学校と初声中学校に整備予定だという。

予算案は現在開会中の三浦市議会で審議される。(今月2日起稿)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 県内で21人陽性 名張で2人 新型コロナ

    伊賀タウン情報YOU
  2. 見たことあるようで実在しない?ネットに散らばる画像から「この世にいない猫」の顔を作るサイト

    おたくま経済新聞
  3. そして歴史は繰り返す... 「長期休暇最終日の学生」を表したニコ動風イラストに共感しかない

    Jタウンネット
  4. Broadway Musical『IN THE HEIGHTS イン・ザ・ハイツ』取材会&観劇レポート~各地で旋風をまき起こしてきた作品がついに東京へ

    SPICE
  5. 【もしものために】自分の立ち寄った場所を記録する「ロケーション履歴」機能が便利

    特選街web
  6. 配信イベント『「memoria」#2-恋愛相談室-』出演者インタビュー 原田珠々華編

    SPICE
  7. 稲垣吾郎主演舞台『サンソン』、その魅力を白井晃(演出)と中島かずき(脚本)に聞く

    SPICE
  8. SKE48、松井珠理奈&高柳明音卒業コンサートを収めたスペシャルBD&DVD BOX発売決定!

    Pop’n’Roll
  9. 【これ読める?】「丸子」"まるこ"ではなくなんと読む?静岡県民は読めるらしい…

    ソトコトオンライン
  10. 窓の外の緑に癒される♪ 代々木公園そばの「cyōdo」でフランスのカフェメニューを

    ことりっぷ