Yahoo! JAPAN

猫が『狩猟本能』を発揮しているときの行動3つ

ねこちゃんホンポ

「狩猟本能」を発揮している時、猫はどんな行動に出る?

個体差はありますが、多くの猫は飼い猫であったとしても”狩猟本能”は生まれながら持っている傾向にあります。

狩猟本能を剝き出しにしている時に猫はどのような行動をとるのか、さっそく”よくある行動別”に紹介をしていきましょう。

1.獲物に狙いを定めてそっと近づく

猫は虫や鳥、小動物などの獲物を見つけると、まずは相手に見つからないように、しのび足で獲物に近づいていきます。

そして、狙いを定めてから勢いよく飛びつく…といった行動を見せる猫は多いです。

飼い猫であったとしても家の中に出た虫や、窓の近くにいる鳥、猫用のおもちゃなどに向かって、このような行動をとる飼い猫は多数います。

2.猫パンチや噛みつく等の攻撃を仕掛ける

獲物を確実に仕留めるために、猫パンチや噛みつくといった攻撃に出る猫も多いようです。

家の中で飼っている猫の場合、猫用おもちゃなどに対して、思いっきり攻撃を仕掛ける猫はたくさんいます。

また、猫によっては飼い主さんの手足を獲物に見立てて、思いっきり飛びついてくるケースもあるため注意が必要です。

「必死に飛びつく姿が可愛いから…」「別に噛まれてもあまり痛くないからいいや…」と思ってついつい放置してしまうと、猫からの攻撃がさらにエスカレートして怪我をしてしまう危険性があるため、できるだけ早い段階で「飼い主を攻撃してはダメ」「猫用おもちゃに飛びついてほしい」と教えるようにしましょう。

3.高いところから獲物を探す

野生の猫は獲物を探す際、木や屋根の上といった高い場所に登って、周りを見渡す傾向にあります。

飼い猫であってもこの行動をとる猫は多く、本能的にキャットタワーや家具等に登って、獲物探しをする子はたくさんいます。

また、高い場所に登ってお気に入りの猫用おもちゃを見つけた場合、そのまま飛び降りておもちゃに飛びつこうとするケースもあるため注意しましょう。

猫用おもちゃやキャットタワー、高さのある家具の周りに、はさみやペンといった鋭利な物、猫にぶつかられて壊れたら困る物(食器や陶器等)は置かないようにしてください。

まとめ

長年家で飼われていたとしても「狩猟本能」を忘れないのが猫。

一切外に出したり、猫の本来の獲物(虫、鳥、小動物など)を与えたことがなかったとしても、獲物に近いものを見つけただけで「狩猟本能」がスイッチオンになる子は多いのです。

それゆえに「猫は突然攻撃的になることもある」ということを、常に念頭に置いておきましょう。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【Today’s merSNAP】大人女子は“ほんのりキレイめ”が◎。小物を効かせた「春シャツコーデ」

    mer
  2. 「君のことを詠んだ短歌が...」 河原でチューバを吹く青年とおばあさんの優しい交流にグッとくる

    Jタウンネット
  3. 米津玄師、水面に佇む幻想的な最新ビジュアル解禁 新曲「Pale Blue」を初公開

    SPICE
  4. 映画『中村壱太郎×尾上右近 ART歌舞伎 花のこゝろ』予告編が解禁

    SPICE
  5. 【刀剣男士8振りコメント有】舞台『刀剣乱舞』无伝 夕紅の士 -大坂夏の陣-が開幕!!

    ウレぴあ総研
  6. =LOVE、冠バラエティ番組『キミは=LOVEを愛せるか!!!』のレギュラー放送決定! 「ありのままの私たちを観ていただけると思います」

    Pop’n’Roll
  7. 花田虎上『コストコ』で妻が購入した商品を紹介「小腹が空いた時すごく良い」

    アメーバニュース
  8. 業務田スー子、シャトレーゼで“絶対買い”な商品「100円シリーズ凄いわ」

    アメーバニュース
  9. 「フライパンに食材がくっついて焦げるしイライラする……」洗う手間も激減“食材がくっつかない”方法3選

    saita
  10. 【がっちりマンデー】業界No.1薬局「ウエルシア」の儲かり戦略がすごい

    TBS Topics