Yahoo! JAPAN

櫻坂46 菅井友香、欅坂46から改名時の心境を語る「苦しかったですね、正直」『レコメン!』ゲストコーナー出演

Pop’n’Roll

櫻坂46 菅井友香、欅坂46から改名時の心境を語る「苦しかったですね、正直」『レコメン!』ゲストコーナー出演

櫻坂46の菅井友香が、5月10日(月)に放送された『レコメン!』(文化放送)にて、ゲストコーナーに生出演し、欅坂46から櫻坂46に改名した時の心境を語った。

櫻坂46の菅井友香は、『レコメン!』の月曜24時(火曜0時)台にお笑いグループ・オテンキののりとともにダブルパーソナリティを務めている。

今回のオンエアでは、5月6日に著書『あの日、こんなことを考えていた』を発売したことを受け、22時台、23時台のゲストコーナーにも出演。欅坂46から櫻坂46に改名した時の心境を語った。

パーソナリティのオテンキのりから、菅井にとっての欅坂46の存在について問われると、“欅坂46は夢だったんじゃないかなと思えるくらい、人生にとっての宝物だし、大切で、いろんなものを与えてくれた存在でした。みなさんにとってもそうだったらいいなと思います。絶対忘れられないと思います”と回答。

1番大変だったことを聞かれると、“大切な欅坂とお別れするんじゃないかというときは苦しかったですね、正直”と吐露し、“自粛とか、いろんなことが重なったので不安な状況は続いてたし、何をしてもウマくいかない気持ちになっちゃったりとか、考えることがありました。今思うと2019年から2020年は大変でしたけど、舞台(菅井主演舞台<飛龍伝2020>)があったからこそ助けられた部分もたくさんあったので。神林美智子という役がすごく強い女性でいろんなものを背負っているのでそういう女性の気持ちを考えた時に、自分にとっても強みになって、いろんな考え方やパワーをもらいました”と当時の心境を振り返った。

また、“ファンの人に支えていただいて、櫻坂になってみんなとまた活動できていることが1番幸せだなって、当たり前じゃないと感じたので、今ではより幸せを感じることができています”と現在の想いを打ち明ける場面も。

なお、菅井が出演した同ゲストコーナーは、放送当日(5月10日)以降7日間聴くことが可能となっている。

『レコメン!』
■放送時間
月~木 22時00分~深夜25時00分 生放送
※ネット局:秋田放送、ラジオ福島、静岡放送、ラジオ関西、KBS京都、南海放送
※深夜0時~は、文化放送含め全国36局ネットで放送

■パーソナリティ
月~水:オテンキのり
木:桐山照史・中間淳太(ジャニーズWEST)

■午前0時台パーソナリティ(※オテンキのりとWパーソナリティ)
月:菅井友香(櫻坂46)
火:加藤史帆(日向坂46)
水:田村真佑(乃木坂46)

■出演者
KinKi Kids、NEWS・小山慶一郎、Hey!Say!7、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、King & Prince・永瀬廉、久間田琳加、生見愛瑠 ほか

【関連記事】

おすすめの記事