Yahoo! JAPAN

犬がテーブルの上に乗ってくる心理3選!やめさせるための方法は?

わんちゃんホンポ

犬がテーブルの上に乗ろうとする心理

1.食べ物の匂いに釣られている

テーブルの上は、犬からすると「食べ物の宝庫」です。テーブルに並べられている人間用のごはん、おやつ、全てが気になって仕方ないのでしょう。

犬は、見た目の美味しさよりも匂いを重視しています。とりわけ、肉や魚は匂いが強いため、嗅覚を刺激して犬の食欲をそそります。

2.飼い主の注意を引きたい

利口な犬は、食事をするときやテレビを見るとき、飼い主がテーブルを向いて座ることが分かっています。

また、家族が集まって談笑している様子を知っていると、尚更自分も混ざりたくなるのでしょう。

家族の注目を集め、自分が中心にいたいという意図があり、テーブルの上に上ってアピールしているのです。

3.周囲を見渡したい

人間の視野は約180度ですが、犬の視野は約220〜290度となっており、広い範囲で物を捉えることが出来ます。

それだけでも十分なように思いますが、飼い主の行動や部屋の様子を見渡すために、少しだけ高さがあるテーブルの上に上ろうとするようです。

自ら上ったはずなのに、降りられなくなって助けを求めていたりしますが、飼い主が助けてくれると分かっているからこそ、敢えて上ってしまうのかもしれませんね。

テーブルは危険!想定されるリスクは?

テーブルに上るのをやめさせるべき理由は、主に2つあります。

1つ目はテーブルマナーの観点です。自宅ならともかく、外出先で犬がテーブルに上るのは、他の方から見て良い気分はしないでしょうし、衛生面が気になります。

2つ目は犬の体に与える影響です。不注意では済まされないような、未然に防ぐべきリスクを考えてみましょう。

《想定されるリスク》

✔誤飲誤食
✔落下事故
✔足腰の負担増

テーブルは高さがあるので、落下した際、体に強い衝撃が加わります。

脳震盪や骨折、内臓挫傷の症状が見られることがあり、非常に危険です。

習慣化する前に対策を講じる必要があります。

テーブルに乗るのをやめさせるには?

食事中は犬を別室へ…!

犬がテーブルに乗りたがるタイミングは、飼い主の食事中が最も多いのではないでしょうか。

足元をウロウロされたり、期待するような瞳で見つめられたら、飼い主としても無視し続けるのは心苦しく感じると思います。

飼い主の食事が終わるまでの間、犬を別室へ連れて行く方法があります。一見可哀想に思えるかもしれませんが、突発的な事故が起こるよりは、遥かに賢い判断と言えます。

ダイニングテーブルを使う

ローテーブルは、高さ的に犬が簡単に上ることが出来るので、一度上ることを覚えるとクセになりやすいです。

ローテーブルの上には犬の興味を惹くような物は置かないようにして、ダイニングテーブルとの使い分けを検討してみて下さい。

ダイニングテーブルであれば、椅子にクッションを置いたり、テーブルと椅子の距離を離しておくなどテーブルに上りにくい環境を作ることが可能になります。

まとめ

テーブルに乗る行動自体は些細な出来事ですが、重大な事故に繋がるリスクが大きいです。

子犬の頃はテーブルに上っていても、成長するにつれて、一切興味を示さなくなる犬もいるので、それまでの間はしつけとケージの活用で飼い主が目を配るようにしましょう。

【関連記事】

おすすめの記事