Yahoo! JAPAN

地元4寺 蛍光ベストで児童守って 初声小に50枚寄贈〈三浦市〉

タウンニュース

ベストを持つ(左から)村上智洋住職、八巻校長、椎名副住職

大泉寺と圓徳寺、實相寺、延壽寺の住職や副住職が3月30日、交通・防犯蛍光ベスト計50枚を初声小学校に寄贈した。

大泉寺の椎名博貴副住職は、同校の卒業生。昨年度は母校のPTA会長も務め、児童の登下校時に合わせ、これまで見守り活動に従事してきた。2年前に三浦縦貫道路が延伸したことやスーパーやホームセンターなど大型店が進出したことで、通学路の交通量が増加。「このままでは子どもたちが危ない。児童を誘導する教員や保護者、地元ボランティアの安全にも繋がれば」と学区内の寺に呼び掛け、カラフルなベルトを贈るに至った。

八巻貞司校長は「大変ありがたい。運転者の目も引くので、今春から学校関係者とシェアしながら着用し、大切な命を守っていきたい」と感謝の言葉を口にした。

【関連記事】

おすすめの記事