Yahoo! JAPAN

「服を描く時間がなかった」ママの絵を参観日に誇らしそうに見せた息子(英)

Techinsight

息子が描いたママの絵で母親は恥ずかしい思いをする羽目に…(画像は『The Sun 2021年9月23日付「NUDE AWAKENING Mum mortified after son paints a naked picture of her at school… then presents it in parents’ assembly」(Credit: FAMILY LOWDOWN TIPS & IDEAS/Facebook)』のスクリーンショット)

子供たちの学校での姿を見ることができるとあって、授業参観日を楽しみにしている保護者も多いだろう。このほど男の子を持つある母親が、そんな参観日に起きた恥ずかしいエピソードをFacebookで公開し話題となっている。『The Sun』などが伝えた。

イギリス在住のニッキー・ブリットンさん(Nikki Britton)がFacebookグループ「FAMILY LOWDOWN TIPS & IDEAS」に投稿した1枚の絵が注目を集めている。

その絵はニッキーさんの息子ジャック君(Jack)の作品で「部屋の掃除をしていたら、私の愛しい息子がインファント・スクール(4歳から7歳児を対象とした幼児教育機関)で学んでいた時に描いた傑作が出てきたの」と説明し、次のように続けた。

「私が最初にその絵を目にしたのは息子の学級会だったわ。私の小さな“ピカソ”は児童全員の前でその絵を見せたのよ。保護者も含めてね。」

実はその日、ジャック君がお披露目したのは服を着ていない肌色が主体のニッキーさんの絵で、ブラウンの髪に青で丸い目が描かれている。瞳は黒色で、耳まで伸びた赤く大きな口が印象的な作品だ。

また真っ裸の体にはしっかりとおっぱいが存在し、服を描こうとしたのか胸の辺りに黄緑色の絵の具が点々と残っている。さらに脚はなく、茶色い靴を履き、ハグをするかのように両手を広げていた。

子供らしい伸び伸びとした絵だが、ニッキーさんは当時のことをこのように綴っている。

「周りからクスクス笑う声が聞こえてきて、私は穴があったら入りたいくらいだったわ。」

「その後、あの“馬鹿ったれ”と話をする機会が巡ってきてね。息子はこう言ったのよ。『洋服を描く時間がなかったんだよ!』とね。」

あまりにも恥ずかしい思いをしたニッキーさんは「みんなの前であの絵を見せることを許可した男性担任はいったい何を考えていたのか?」とも思ったそうだが、投稿の最後には「子供って本当に素晴らしいわよね!」と言葉を添えた。

なおこのエピソードには「これには大笑いした!」というリアクションが多数を占めたが、なかには「洋服は描いていないけど、靴は履いているわよ!」「とても生き生きとした絵じゃない! 息子さんを誇りに思うべきだわ」「うちの娘なんて、混雑していたスイミングプールの脱衣所で私の体を見て『なんでママはおへそが3つあるの?』って聞いてきたことがあったわ」といった声もあがった。

ちなみに今年8月には、4歳男児が描いたオリンピック選手の絵を親がFacebookに投稿したところ、「成人向け」との理由で削除されたことが報じられた。男児は体操競技のあん馬を演技する選手を描いたという。

画像は『The Sun 2021年9月23日付「NUDE AWAKENING Mum mortified after son paints a naked picture of her at school… then presents it in parents’ assembly」(Credit: FAMILY LOWDOWN TIPS & IDEAS/Facebook)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

【関連記事】

おすすめの記事