Yahoo! JAPAN

猫の『やんのかステップ』ってなに?よくある威嚇のサイン4つ

ねこちゃんホンポ

1.「やんのかステップ」とは?

「やんのかステップ」だなんて、ユニークな表現ですよね。これは、猫が体を弓なりにして背中からシッポまで毛を逆立て、威嚇しながら飛ぶように向かってくることを指します。同居猫に対して威嚇する場合や、飼い主さんに遊んでもらいテンションが上がっているときに、このステップをするようです。

本人はいたって真剣なので、触ったりせず、そっと見守ってあげましょうね。

2.シャーと声を上げる

牙をむいて「シャー」と声を上げることがありますよね。

これは、猫の威嚇行動の1つで、恐怖心から自分の身を守るために「これ以上近寄るな!」と訴えているのです。

3.イカ耳になる

猫が後ろに耳を倒す仕草を「イカ耳」なんて呼びますが、相手を威嚇するときに「イカ耳」になることがあります。恐怖で不安な気持ちの表れですが、「これ以上近づくと攻撃するぞ!」と警告しています。

同時に、睨みつけるような目をしていたら、攻撃体勢に入るサインです。イカ耳をしている時に無理に触ろうとすると、猫から攻撃される恐れがあります。むやみに触るのはやめましょう。

4.唸る

喉の奥から絞り出すように、低い声で「ウー」と唸っていたら、威嚇のサインです。

猫同士が睨み合いながら、唸っている姿を見たことはありませんか?これは、攻撃に発展するような一発触発の緊張状態です。

毛を逆立て、自分を大きく見せる仕草を見せることもあります。

まとめ

いかがでしたか?猫の「やんのかステップ」は「可愛い」と話題になっているようで、動画なども公開されています。

しかし、猫が自分を守るための本能による行動で、相手を遠ざけようとしているのです。

飼い主さんは、それを理解した上で見守ってあげましょうね。

【関連記事】

おすすめの記事