Yahoo! JAPAN

スピルバーグ版『ウエスト・サイド・ストーリー』最新情報まとめ!名匠は伝説的ミュージカルをどう描くのか!?

映画評論・情報サイト BANGER!!!

スピルバーグ版『ウエスト・サイド・ストーリー』最新情報まとめ!名匠は伝説的ミュージカルをどう描くのか!?

スティーヴン・スピルバーグ監督が手がける伝説的ミュージカル実写映画『ウエスト・サイド・ストーリー』が、2021年12月10日(金)より公開される。

スティーヴン・スピルバーグ監督が、珠玉の名作ミュージカル「ウエスト・サイド物語」を完全映画化。1950年代のニューヨークのウエスト・サイドには、夢や自由を求めて世界中から多くの人々が集まっていた。しかし、差別や偏見による社会への不満を抱えた若者たちは、やがて仲間と集団を作り激しく敵対し合っていく。ある日、“ジェッツ”と呼ばれるチームの元リーダーのトニー(アンセル・エルゴート)は、対立する“シャークス”のリーダーの妹マリア(レイチェル・ゼグラー)と出会い、瞬く間に恋に落ちる。この禁断の愛は、多くの人々の運命を変える悲劇の始まりだった……。

躍動感あふれるダンスが印象的な予告編が公開!

人種差別など現代に通じるテーマが語られる! スピルバーグが明かす

1957年にブロードウェイ・ミュージカルとして誕生し、ロバート・ワイズジェローム・ロビンズ監督が映画化した不朽の名作『ウエスト・サイド物語』(1961年)は、作品賞含むアカデミー賞10部門を受賞。同作の再映画化を熱望していたスピルバーグは、本作では、プエルトリコ人を出演者に採用しリアルさを追求したこと、人種差別など現代に通じるテーマが語られていることを明かした。

「この物語は、当時の時代に生まれた産物であるだけでなく、そのような時代が再びある種の社会的な怒りとともに戻ってきている。私は、プエルトリコ人やニューヨリカンの、アメリカへの移住し、その後生計を立て、子供を持ち、外国人嫌いや人種的偏見の障害と闘うという経験を伝えたかった。」と話す。

スピルバーグによると、本作に登場する33人のプエルトリコ人役のうち20人は、プエルトリコ人かプエルトリコ系であるという。

「彼らは作品の信憑性を高めてくれたよ。自分自身と彼らが信じているもの、彼らに関するものすべてを、作品に持ち込んでくれた。そして、プエルトリコ人の経験に近づけるようにと、出演者の間で多くの交流があった。彼らは皆、プエルトリコ人やニューヨリカンのコミュニティーだけでなく、より広範なラテン系コミュニティーの中でも、多様性を代表していると思う。彼らはそれを真剣に受け止めてくれたよ。」と明かした。

巨匠スピルバーグは若者の悲恋をどのように描くのか⁉︎
『ウエスト・サイド・ストーリー』は、2021年12月10日(金)より公開。

【関連記事】

おすすめの記事