Yahoo! JAPAN

次に日本で流行るのは?2021年ホールフーズの食トレンド

つやプラ

40代からの女性のための美容・健康法とエイジングケア情報を発信する、美容マガジン

おしゃれでヘルシーな商品が並ぶ「ホールフーズ」は、日本でも注目されていますね。そんなホールフーズが毎年「食のトレンド」を発表しているのをご存知でしょうか?

前回に引き続き、フィットネス美トレーナーの筆者が、ホールフーズが選ぶ2021年の食トレンドを5つ第二弾をご紹介します。

■2021年ホールフーズが予測する「食のトレンド」

(1)Upcycled Foods(廃棄食材を使った「アップサイクル」でフードロスを削減)

毎年アメリカでは、なんと4000万トンもの廃棄食材が出ています。筆者は、日本の方が「食べ物を粗末にしてはいけない」という文化を感じます。

このフードロスを削減するため、廃棄材料を再利用して作られたパッケージや、普通だったら捨てられてしまうような部分の食材を活用した食べ物などが増えています。これはとても良いことですよね。

こういった商品は、「アップサイクル食品」と呼ばれており、いわゆる「リサイクル」とは少し異なります。元のモノよりも、さらに付加価値が高いモノを生み出すことを目的としています。

例えば、ビールを作る過程で絞った後に通常ならば捨られてしまう「大麦」や「小麦」「ライ麦」を再利用して作られた”栄養補助バー”が販売されたりしています。

(2)Oil Change(オイルチェンジ)

最近は日本でも「良質なオイルを積極的にとろう」という時代になってきていますね。ヘルシーなオイルは、オリーブオイルやアボカドオイルだけではありません。

クルミやかぼちゃの種から作られたオイルや、ヒマワリの種を使用したオイルなど、さまざまな種類のオイルが登場しています。揚げ物やフライパンで炒める時に使うだけではなく、サラダにかけたりと、オイルを使い分ける時代になるでしょう

(3)oozed-Up Booch(コンブチャで乾杯!)

アメリカといえば「ピザやハンバーガーを食べながら炭酸飲料を飲む」というイメージだと思います。ですが、健康意識が高まっている最近のアメリカでは、スーパーマーケットに行くとさまざまな種類の無糖のヘルシー系炭酸飲料がたくさん並んでいます。

そんなドリンク売り場でよく見かけるのが、たくさんの種類がある「コンブチャ」です。「昆布茶」ではありません。お茶を発酵させて作る、乳酸菌の発酵ドリンクです。日本でも、「紅茶キノコ」が流行りましたね。

善玉菌を増やし腸内環境を整えて、免疫力アップや美肌効果などが期待できます。健康ドリンクとして、海外セレブがSNSで写真をアップしたりしています。

最近では、コンブチャの酎ハイもあります。おしゃれなヘルシー女子は、コンブチャ酎ハイで乾杯をする時代がきたようです。

(4)The Mighty Chickpea(「ひよこ豆」に注目)

グルテンフリーや高たんぱく質といった食トレンドを受け、アメリカでは以前から「ひよこ豆」が注目されています。2021年は、さらに注目される食品のひとつになりそうです。

ひよこ豆を使った食べ物といえば「ハモス(フムス)ディップ」や「ファラフェル」が思い浮かびますが、パスタや豆腐、粉、シリアル等もひよこ豆で作られることになるようです。

「食物繊維」と「植物性たんぱく質」を豊富に含んだひよこ豆は、カリフラワーに続くヘルシートレンド食材になることでしょう

(5)Fruit and Veggie Jerky(フルーツと野菜のジャーキー)

「ジャーキー」と聞くとビーフジャーキーをイメージしますが、肉好きな方だけのものではありません。キノコやジャックフルーツ等、さまざまな種類の食べ物がジャーキースタイルで提供され始めています。

一番新鮮な状態で乾燥させることで、栄養と旨味をキープできるようにしています。日本でもバナナチップスや野菜チップスがありますよね。

濃い味付けが好きな方が多いアメリカでは、唐辛子や塩、生姜、カカオなどのパウダーをつけて売られています。

ジャンクフード大国アメリカも、ヘルシー志向になっている人が増えています。筆者はすでに、「コンブチャの酎ハイ」をアメリカのスーパーで購入して飲んだことがあります。味は、正直「美味しい!」とはいえないような微妙な味でした。日本の酎ハイの方が美味しいと思います。

ともあれ、コロナウイルスの影響でお家で食事をする機会が増えていると思います。今回のトレンドを参考に、お家時間をさらに充実させて楽しんでくださいね。

(フィットネス美トレーナー MIKA)

【関連記事】

おすすめの記事