Yahoo! JAPAN

冷蔵庫に入れるのは間違いだった!?『里芋』の正しい保存方法とは?

オリーブオイルをひとまわし

冷蔵庫に入れるのは間違いだった!?『里芋』の正しい保存方法とは?

里芋を長持ちさせるためには、適切な保存方法を知っておくことが大切だ。本記事では、里芋の常温保存、冷凍保存、冷蔵保存について、それぞれの方法や保存期間を解説する。里芋を正しく保存し、最後まで美味しく食べきろう。

1. 里芋の保存方法:常温の場合

里芋は、10~20℃程度が適温とされている。そのため、秋から冬のはじめにかけての涼しい時期は、常温保存がおすすめだ。ただし、里芋は湿気や乾燥に弱いため、温度だけでなく湿度にも注意が必要である。常温での里芋の保存の仕方を見ていこう。

里芋は土付きのまま保存

里芋に土が付いている場合は、洗わずにそのまま保存しよう。土を洗い流してしまうと皮が湿り、傷みやすくなるからだ。土付きのまま保存することでほどよい湿度が保たれ、長持ちさせることができる。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部
監修者:管理栄養士 岩切千晃

【関連記事】

おすすめの記事