Yahoo! JAPAN

『犬を飼ってはいけない人』に共通する5つのこと

わんちゃんホンポ

犬を飼ってはいけない人に共通する5つのこと

これから犬を迎えようと検討している人は、まず自身が本当に愛犬の最期の時まで責任を持ってお世話をし、愛情を注ぐことができるかどうかを今一度考えてみてください。以下に犬を飼ってはいけない人に共通する特徴を挙げていくので、当てはまった方は犬を飼うことをもう一度考えてみましょう。

1.仕事や友達付き合いが忙しく時間がない

犬が好きで家族として迎えたいと考えている人は多くいます。しかし、今現在の自分の生活スタイルを思い返してみてください。本当に毎日欠かさず犬のお世話をして、愛情を注ぐ時間はありますか。

現代では独り暮らしでも犬を飼っている人は多くいます。しかし、その多くの飼い主さんは、仕事が忙しくても必ず毎日犬のお世話をする時間を余裕を持って設けていたり、毎日スキンシップやコミュニケーションをとる時間を設けています。

毎日の日課には、ごはんやトイレシーツの取り替え、しつけ、散歩、歯磨きなど、多くの日課があります。それに加えて、シャンプーや耳掃除、病院の定期検診、トリミングなど、あらゆるお世話が多くあることを忘れてはいけません。

犬は飼い主のことが大好きな子が多いので、毎日きちんと向き合ってコミュニケーションをとる時間も設ける必要があります。こうした犬との時間を余裕を持って設ける時間のない人は、時間に余裕ができるまで我慢するべきでしょう。

2.金銭的に切迫している

犬を飼うということは、毎月ごはん代やトイレシーツ代、保険料、病院代、おもちゃ代など、想像以上に出費が重なります。そのため、現在金銭的に余裕がないと感じている人は、絶対に迎えてはいけません。

犬を飼ってから「お金がないから予防接種を受けさせられない」「体調が悪そうだけれど病院へ連れていけない」「アレルギーに対応した餌が高価で買えない」となっては遅いのです。

1つの命を預かるということは、子どもを1人迎えることと同じです。それなりに多くの費用がかかりますし、怪我や病気をすれば、1ヶ月に何万単位で出費が重なることも珍しくありません。

したがって、お金に余裕がない人は迎えてはいけません。しっかりライフプランニングや家計の見直しをして、犬を飼う余裕ができてから迎えましょう。

3.忍耐力がない

犬は他のペットとは違い、しっかりしつけが必要です。無駄吠えや噛み癖、トイレトレーニング、基本動作など、様々なしつけが必要になります。

しかし、人間とは違い言葉が通じない相手なので、ボディーランゲージや決まった指示語を駆使しながら、忍耐強くしつけを継続していく必要があります。

犬によっては何ヶ月、何年単位でかかることもあるので、忍耐力がないと自覚している人は、犬を飼うのに向いていないのかもしれません。

4.家族に犬アレルギーを持っている人がいる

調べたことがないという人も多いと思いますが、犬を飼う前にまずは家族全員がアレルギー検査を行うことを推奨します。「わざわざしなくても」と思う方もいるかもしれませんが、犬を迎えてから家族に犬アレルギーを持つ人がいると発覚したら大変です。

体調が悪いからといって、家族を捨てるような人はいませんよね。家族として迎えたからには、最期まできちんと責任を持ってお世話をする必要があります。

犬アレルギーを持っている人が1人でもいると、家族も犬自身も苦しい生活を続けることになるので、犬アレルギーを持っている人がいるご家庭では、軽度であっても犬を迎えることは控えるべきです。

5.自分の健康面や体力面に自信がない人

現在、仕事や育児、家事など、様々な要因が重なって疲れが溜まっていたり、体調や健康面に不安を抱えている人は、犬を迎えることを避けてください。特に独り暮らしの方の場合は、いざという時に頼る家族が同居していないので避けるべきです。

犬を飼うことは、想像以上に体力が必要となります。毎日1日2回散歩に行かなければいけませんし、元気な犬と遊ぶのは意外と体力が必要になります。

飼い主が病気で入院してしまったり、寝込んでしまったり、体力に自信がなく日によって散歩ができない日が多くなると予想できる場合は、犬も飼い主も辛くなってしまうため、犬を迎えることは推奨できません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。皆さんは1つでも当てはまる特徴がありませんでしたか。犬を迎えるということは、家族を1人迎えるということです。非常に責任の重い一大イベントなので、簡単に決断せず、じっくり家族で話し合って決めましょう。

【関連記事】

おすすめの記事