Yahoo! JAPAN

第75回トニー賞ノミネーション発表、「ア・ストレンジ・ループ」11部門11ノミネート、「MJ」10部門10ノミネート、ヒュー・ジャックマン主演男優賞ノミネート

SPICE

「ストレンジ・ループ」

ニューヨークのブロードウェイで開幕した演劇・ミュージカル作品を対象に贈られる、アメリカ演劇界で最も権威のある賞「トニー賞」の授賞式を、2022年6月13日(日本時間)、WOWOWが今年(2022年)も生中継する。今回で第75回となる授賞式のホストは、アリアナ・デボーズが務める。この授賞式に先立ち、5月9日(月)日本時間の22時(現地朝9時)には、「第75回トニー賞」ノミネーションが、エイドリアン・ウォーレンとジョシュア・ヘンリーによって発表された。今回対象となるのは2020年2月20日から2022年5月4日の間に開幕した作品。その中から特に注目のノミネーションを紹介しよう。

■ 「ア・ストレンジ・ループ」がミュージカル作品賞を含む11部門11ノミネート

2019年にオフ・ブロードウェイで初演。2020年のピューリッツァー賞で戯曲賞を受賞した作品。「ライオンキング」を上演中の劇場でアッシャー(案内係)をしながら、ミュージカル作家を目指す人物が主人公。彼の頭に浮かんでいる構想と雑念が交錯する。

■マイケル・ジャクソンを描いた「MJ」とボブ・ディランの楽曲をもとに構成された「ガール・フロム・ザ・ノース・カントリー」の2つのジュークボックス・ミュージカルが作品賞にノミネート

世界的に愛された”キング・オブ・ポップ”、マイケル・ジャクソンを描いた作品「MJ」と、ノーベル文学賞を受賞したシンガー・ソングライター、ボブ・ディランが1960年代に発表した楽曲を生かしたオリジナル・ストーリー「ガール・フロム・ザ・ノース・カントリー」がミュージカル作品賞にノミネート。「MJ」は10部門10ノミネート、「ガール・フロム・ザ・ノース・カントリー」は7部門7ノミネート。「MJ」で振付賞と演出賞にノミネートされたクリストファー・ウィールドンは、世界的振付家であり、バレエ「不思議の国のアリス」やミュージカル「パリのアメリカ人」(2015年トニー賞受賞)は日本でも大人気。

「MJ」 aflo_179688646



■ミュージカル主演男優賞に18年ぶり2度目の受賞を狙う、ヒュー・ジャックマンがノミネート

ヒュー・ジャックマンは「ザ・ミュージックマン」でミュージカル主演男優賞にノミネート。「ザ・ミュージックマン」からは、共演のサットン・フォスターのミュージカル主演女優賞など計6部門でノミネートされている。この作品のブロードウェイ初演は1958年のトニー賞でミュージカル作品賞をはじめ5部門で受賞している(同じ年にノミネートされていた「ウエスト・サイド・ストーリー」を押さえての受賞)。ヒュー・ジャックマンはトニー賞受賞2回(2004年のミュージカル主演男優賞、2012年の特別賞)、サットン・フォスターも受賞2回(2002年と2011年のミュージカル主演女優賞)。最強コンビの主演で「ザ・ミュージックマン」は記録的な大ヒット中。(※SPICE記事:「ザ・ブロードウェイ・ストーリー」VOL.21 知られざる『ザ・ミュージックマン』https://spice.eplus.jp/articles/299941 をご参照ください)

「ザ・ミュージックマン」 GettyImages-1369863829



■ロンドン発のガールズ・ロック・ミュージカル・ショー「SIX」

ヘンリー8世の6人の妃たちを現代のガールズ・ロック・バンドに見立てたミュージカル・ショー。ミュージカル作品賞をはじめ8部門でノミネート。イギリスでの大ヒットに続き、各国で上演されている。

「SIX」 aflo_171167837



■日本でおなじみジェイソン・ハウランドが「パラダイス・スクエア」の作曲でオリジナル楽曲賞にノミネート

南北戦争中のニューヨークで、黒人とアイルランド移民の激しい対立の中で起こるドラマ。ジェイソン・ハウランドはフランク・ワイルドホーン作品の音楽監督を務めてきたほか、日本の上演作品でも作曲(「生きる」等)や編曲(「四月は君の嘘」等)を担当。「パラダイス・スクエア」は9部門10ノミネート。

■NTLiveで日本でも人気の「リーマン・トリロジー」が演劇部門で最多6部門8ノミネート

サム・メンデス演出のリーマン・ブラザーズの誕生から、リーマン・ショックで崩壊するまでを描いた「リーマン・トリロジー」は演劇部門で最多6部門8ノミネートされ、主演のサイモン・ラッセル・ビール、アダム・ゴドリー、エイドリアン・レスターの3人が主演男優賞にノミネートされた。なお、本作の英国ナショナルシアター・リトルトン劇場での英語初演はNTLiveで世界で上映され、日本でも好評を博している。

注目の授賞式は、2022年6月13日(日本時間)、ニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールにて行われる。授賞式当日の舞台上では、豪華スターの競演による圧巻のパフォーマンスが展開され、授賞式自体がクオリティーの高いショーとなる。

なお、今回は本年度の「第94回アカデミー賞」で助演女優賞を獲得した『ウエスト・サイド・ストーリー』のアリアナ・デボーズが授賞式のホストを務める。2018年に「サマー:ドナ・サマー ミュージカル」でトニー賞ミュージカル助演女優賞にノミネートされ、ブロードウエイ屈指の踊る女優としても評価されている彼女の進行にも期待が高まる。

アリアナ・デボーズ GettyImages-1388086575



<主な注目作品のノミネーション>

【ミュージカル部門】

●「ア・ストレンジ・ループ」:11部門/11ノミネート

作品賞・主演男優賞・助演男優賞・助演女優賞・演出賞・脚本賞・装置デザイン賞・照明デザイン賞・音響デザイン賞・オリジナル楽曲賞・オーケストラ編曲賞

●「MJ」:10部門/10ノミネート

ミュージカル作品賞・主演男優賞・演出賞・脚本賞・装置デザイン賞・衣装デザイン賞・照明デザイン賞・音響デザイン賞・振付賞・オーケストラ編曲賞

●「ザ・ミュージックマン」:6部門/6ノミネート

ミュージカル・リバイバル作品賞・主演男優賞・主演女優賞・助演女優賞・衣装デザイン賞・振付賞

●「パラダイス・スクエア」:9部門/10ノミネート

ミュージカル作品賞・主演女優賞・助演男優賞(2)・装置デザイン賞・衣装デザイン賞・照明デザイン賞・脚本賞・オリジナル楽曲賞・振付賞

【演劇部門】

●「リーマン・トリロジー」:6部門/8ノミネート

演劇作品賞・主演男優賞(3)・演出賞・装置デザイン賞・照明デザイン賞・音響デザイン賞

【関連記事】

おすすめの記事