Yahoo! JAPAN

ブルートレイン北斗星 食堂車 グランシャリオでお食事♪ 埼玉高速鉄道の電車に乗って 行こう!

鉄道チャンネル

鉄道チャンネル

上野と札幌、1200km超。東北線や青函トンネル、函館線などを伝って結んだ寝台特急ブルートレイン北斗星。

その7号車に連結されていた24系客車 食堂車「グランシャリオ」がいま、埼玉高速鉄道線(埼玉スタジアム線)沿線の埼玉県川口市戸塚にいる。

しかも、車内は北斗星時代と同じく、食事ができるというのだから、驚く。

寝台特急時代は日本レストランエンタプライズがキッチンを担い、「ベーカリーレストラン グランシャリオ」として第二の人生を歩むいまはPYCという地元企業が車両レストランとして運営している。

北斗星「グランシャリオ」がいる場所は、埼玉高速鉄道 埼玉スタジアム線 東川口駅から徒歩7分、副駅名称にもなっている「ピュアヴィレッジなぐらの郷」内。

同社は、この食堂車「グランシャリオ」を導入するために地盤を改良し、線路も敷設。その地道な路盤整備のおかげか、車内で人が移動すると、台車のサスペンションが反応し、現役時代と似た揺れも生まれるとか。

車内インテリアも、できるかぎり現役当時と同じ趣を残しているのも、にくい。

北斗星 食堂車「グランシャリオ」で食事を楽しんだ思い出がある人は、その旅を思い出しながら。

乗ったことがない人は、北斗星の旅を想像しながら、「ベーカリーレストラン グランシャリオ」の時間を楽しんでみて。

◆埼玉高速鉄道線の電車に乗ってブルトレ名機 EF66 と EF81 に会いに行こう!
https://tetsudo-ch.com/12338648.html

◆ローカルなのに新しい車両基地カフェ、戸建て分譲住宅やマンションの建設がすすむ終着駅の先で発見
https://tetsudo-ch.com/11666488.html

(画像:埼玉高速鉄道)

【関連記事】

おすすめの記事