Yahoo! JAPAN

『思い、思われ、ふり、ふられ』島﨑信長インタビュー「一番共感したシーンは?」

ウレぴあ総研

撮影:稲澤 朝博

『ストロボ・エッジ』と『アオハライド』に続く「咲坂伊緒 青春三部作」の最終章という位置付けの大人気少女コミック『思い、思われ、ふり、ふられ(ふりふら)』のアニメ映画版が、9月18日(金)より劇場公開されました。

8月14日(金)には実写映画版が公開されることも話題となる中、メイン登場人物の1人である山本理央を演じた島﨑信長さんにインタビューを実施!

等身大な高校生たちの心情変化を描いた本作で、島﨑さんがどのように役どころを捉えて演じたのかお聞きしました。

ピュアとリアルというキーワードが鮮烈に描かれる衝撃の冒頭シーン!

――夢見がちな少女である市原由奈と理央の初遭遇のシーンが印象的でした。

由奈視点からは王子様のように映っている理央の第1声が(由奈が踏まないように)「ウンコ」と言うのが衝撃で……!

島﨑:はっはっは(笑)。由奈ちゃんがキラキラとした妄想をしている直後ですから、とてもうまいシーンだと思いました。

少女コミックに出てくるような王子様が「ウンコ」って言うギャップでリアリティをすごく感じられるから、一気に惹きつけられるんですよね。そういう描写が『ふりふら』にはいっぱいあって。

――そんな登場をした理央ですが、前半と後半でずいぶん印象が変わっていきます。島崎さん自身は演じられた理央という登場人物をどう捉えていますか?

島﨑:とってもわかりやすい人だと思っています。

最初は王子様と言われたり一見クールでカッコよく見られるんですけれど、それは過去に上手くいかないことがあって人に興味が持てなくなり、くすぶっているだけで。

それが由奈ちゃんを意識し始めたとたん、ちょっとしたことで照れるしドキドキしちゃうような等身大の男の子なんですよ。

理央が本来持っているそんな真っ直ぐでかわいらしい一面が、扉が開くようにどんどん出てくるところが好きですね。

島﨑信長が共感したシーンとは?

――物語後半の理央はかなり一途ですよね。

島﨑:自分の気持ちに正直に突っ走っていますよね。

(乾)和臣や(山本)朱里だったら一回考えちゃうようなことも、気持ちで押しちゃう。

僕自身もそうなので、すごく共感できるんです。一生懸命に走る場面も、青春って感じがして良いですよね(笑)。

――見ている人が登場人物のいろいろな一面に共感できるのも『ふりふら』の魅力ですが、島﨑さんはどこに一番共感しましたか?

島﨑:たくさんあるのですが、一番は映画を仕事にしたいという和臣の夢ですね。

僕も好きな事を仕事でやらせていただいていて、今でも大好きだからこそ声優さんが関わるコンテンツに関わっていきたい。だから僕の中の大共感ポイントなんです。

『ふりふら』には恋愛部分だけじゃなくて、そんな夢だったり、複雑な家庭環境だったり、男同士の友情だったり、青春を取り巻くさまざまなものが1本の作品の中に詰め込まれていると感じます。

――島﨑さんから見て、理央と和臣は意外と共通点もあるのでしょうか?

島﨑:和臣も基本的にはストレートな人だと思うんです。

ただ理央や由奈は好きという気持ちが定まったら一直線ってタイプですが、和臣や朱里は周りの人や相手のことを考え過ぎちゃう大人な一面も持っている。

たとえば社会に出たらたとえ好きな相手がいても、その場の環境を壊さないように予防線を張っちゃうとか、ありますよね。

でも、あくまで視野がちょっと広いってだけで、根っこが真っ直ぐな人というのは、理央も和臣も同じだと思っています。

――お互いの気持ちははっきりしているのにすれ違っちゃうところも、青春って感じでした。

島﨑:青春って、子どもから大人へと繋がっていく間じゃないですか。

そんな中で、特に由奈ちゃんは社会生活を営んでいくうちにだんだん失われてしまうピュアな面を強く持っている。

そんな眩しくて尊敬できる彼女だからこそ、一緒にいるとエネルギーがもらえると思うんです。僕も理央と同じように、純粋で真っ直ぐで一所懸命な由奈ちゃんに惹かれますね。

作品に真摯に向き合う島崎さんの演技論

――理央を演じる上で「人間的な部分を大事にする芝居」を求められたとおっしゃっていましたよね?

島﨑: 黒柳(トシマサ)監督が最初に収録をする際におっしゃっていたことなのですが、アニメの登場人物がその場にいて生活をしている感じをそのまま描きたいということは、僕も常々思っていたことなんです。

理央のようにずっと王子様のイメージというわけじゃなくて、思春期の少年として多面的なところがあって、ちょっとしたことで変化が生まれていく。

思春期なら当たり前に経験するような出来事でも、人は大きく変わっていくんですよね。

そんな人間らしい理央の情報は、収録前に台本や原作から読み込んで想像を広げつつ肉付けしていましたが、実際にお芝居をするときはそこを意識しすぎずに、その場の掛け合いによる空気感で出たものを重視していました。

――なるほど! アフレコ現場の雰囲気はいかがでしたか?

島﨑: 由奈役の鈴木(毬花)さんが主演でアニメのアフレコをするのが初めてだったんです。

リラックスできる関係性でより良いパフォーマンスができるように、(朱里役の) 潘さんはお姉さんみたいでしたね(笑)。

アットホームな現場の中で、鈴木さんのお芝居も由奈ちゃんのように真っ直ぐで、掛け合いをしていく中で自分でも思ってもいなかったニュアンスが出てきたり。

――作品にも存分にその雰囲気が活きていると感じます。

島﨑:『ふりふら』の収録は役者全員のスケジュールが合わなくても、掛け合いのシーンでは必ず相手の誰かがいるようにという撮り方をしてくれたんです。

そのおかげで、さっき言ったようなその場の掛け合いによる空気感が出せるお芝居ができたと思います。

事前にインプットしてすぐ対応できるようにはしておきますが、決めつけた芝居ではなく、掛け合いの中で作品の世界を声の芝居で作っていけましたね。

――掛け合いによる変化とは、具体的にはどのような変化になるのでしょうか?

島﨑:たとえばお祭りのシーンでも、周りがうるさいと近くにいても大きな声でしゃべるじゃないですか。

逆に普通のトーンで話し始めると、意外と静かな場所なんだということになって、最初の一言でその後の会話の距離感が変わるんです。

もともと台本を読んで自分の中で(相手との距離が)5メートルくらいかなと思って収録に臨んだとしても、相手が3メートルの距離で話してきたら3メートルの距離感の会話を返すみたいな。

――非常によくわかります。『ふりふら』は実写版もアニメ映画版に先立って公開されていますが、仮に島崎さんが実写で理央を演じるとしても、そのようなアプローチをしますか?

島﨑:僕は舞台の経験はありますが、実写はアングルやカット割りも存在しますし、そこを意識しないといけないので難しいですね……。

(実写版で理央を演じた)北村匠海さんと話しても根本にある役の捉え方は近い部分があると思ったのですが、表現しないといけないことや訓練しないといけないことはアニメとは別だと思うので、すんなり実写でも演じられるとは思わないです。

――演じる上でも表現方法の違いを考える部分が大きいということですね。

島﨑:そうだと思います。逆に実写はどんな空間なのかは分かっているし、表情も相手の顔を見ればすぐにわかるじゃないですか。

アニメの場合は、絵という指針がありますが相手の声を聞いてリアルタイムでその場の環境が作られていく。

上を向いてしゃべっているのか、下を向いているのかといった細かい1つ1つの動きや感情の動きを感じ取って丁寧に実感を伴って演じられるかどうかは、とても大事だと思うんです。

そうしないと、ちゃんとそこに生きているという生活感が嘘っぽくて何となくのものになってしまう。

――そういったお芝居のアプローチも、黒柳監督の方向性と島崎さんの方向性が合致した結果なんですね。

島﨑:材料を集めて芯の部分を捉えたら(演じる人物として)普通にしゃべるというのが僕の理想なんです。

必要な情報を入れて必要なことを考えて、それをそのまま演じるのではなくて、あとはマイクの前に立って掛け合いの中で感じたものを演じる。

10年くらい声優をやってきて、この『ふりふら』という作品あたりから本当の意味でそんな理想に対して、少しずつでも近づいていけたらと思えるようになりました。

――素晴らしいですね! ほかの作品でもアプローチの仕方や演技の核は変わらないんですか?

島﨑:作品ごとに真摯に向き合うことで、その作品に寄り添ったやり方に変わっていくものだと思うんですよ。

子ども向けの作品だからダイナミックにわかりやすく演じようとか、怒っているんだという感情を伝わりやすく演じようとか。

そういう塩梅は1つ1つの作品の役ごとに向き合わないと全部同じ芝居になってしまうので。

ちょっと雑な言い方をしてしまうと、音響スタッフの方に声を調整してもらったり作品に関わる素晴らしいスタッフのおかげで絵や音楽と1つになると、何となく演じたとしても(作品として)見られるものにはなるんです。

だからこそ皆さんの力に頼るだけじゃなくて、ちゃんと自分もいいものを作るための一員として、丁寧に演じていきたいと思うんですよ。

1つ1つの役に向き合っていくと、設定的には似た役でも全く違う人間になるから面白いですし、『ふりふら』のように掛け合いで生まれていく世界もある。

だからこそ、よりよい作品を作るためにこれからもコミュニケーションを大事にして、今まで自分が受け取ってきたものを繋いでいければと思っています。

役者として真摯に作品に向き合う島崎さんのたくさんの一面が発揮されたアニメ映画版『ふりふら』。

ぜひ劇場で等身大の少年少女たちの物語を体感してみてください!

(ぴあWEB/加藤 真大)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【栃木県那須黒磯ドライブVOL.2】ふらっとひとりツアー ~CHUS・Pino cafe&meal~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  2. 北仙台駅目の前!コスパ抜群の焼肉屋さんのランチへGOGO ~スタミナホルモン食堂 食樂 北仙台駅前店~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  3. ウエンツ瑛士、留学から帰国後「怒るようになった」

    ナリナリドットコム
  4. ウエンツ瑛士、留学から帰国後「怒るようになった」

    ナリナリドットコム
  5. 【NEWS】焼きたてカスタードアップルパイ専門店「RINGO」×「シルバニアファミリー」コラボ企画第二弾!~仙台駅2階 12/14(月)より~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  6. KREVA、「Fall in Love Again feat. 三浦大知」MV公開 “人との距離をとっても心の距離は遠ざけない”思いを映像化

    SPICE
  7. KEMURI、ニューアルバム『SOLIDARITY』より「Blue Moon」のMVを公開

    SPICE
  8. 岡田結実が1月期連ドラ主演「正直事務所変わって…」

    ナリナリドットコム
  9. 岡田結実が1月期連ドラ主演「正直事務所変わって…」

    ナリナリドットコム
  10. 大人になってからも、きょうだいってそんなに価値があるもの?

    ママスタセレクト