Yahoo! JAPAN

モデルの宮田聡子、モンスターファームのために強いのが出そうな中古CDをジャケ買いしまくっていた

TBSラジオ

モデルの宮田聡子さん、モンスターファームのために強いのが出そうな中古CDをジャケ買いしまくっていた

TBSラジオ「ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ」毎週木曜日よる9時から放送中!

家にあるCDを全部かき集めてモンスターファーム

「マイゲーム・マイライフ」のゲストに、モデルの宮田聡子さんがやってきました。宇多丸さん曰く、宮田さんは「モデル界のゲーム女王」だそうです。実際お話を伺っていると、「陰キャでも友達ができる」としみじみとつぶやく場面があるなど、モデルという華やかな職業からは想像つかないくらいかなりの陰の者な雰囲気があり、親近感が湧きます。
そんな宮田さんが初めて自分のお金で買ったゲームはモンスターファームとのこと。

宮田「初めて自分のお金で買ったのが、モンスターファームっていう、モンスター育成ゲームを」

宇多丸「97年発売」

宮田「そうなんです、そうです。ちょうど小4、小3、あたりのときに」

宇多丸「CDでね。コンパクトディスクを入れて、CDごとに異なるモンスターが出てくるという、そういうあれですね」

宮田「そうなんです。だから家にあるCDを全部書き出して、レア出ないかって。200枚くらい家にCDあったんですけど」

宇多丸「結構、音楽とか、ゲームも買ってくれるし、わりとそういうご理解あるご両親というか」

宮田「いや……、でも一日一時間でしたね」

宇多丸「ああでもね。プレイ時間はね。え、家にあるCDかき集めて」

宮田「全部集めて、で、このCDは何が出るっていうふせんを全部貼っていって」

宇多丸「やっぱりね、なるほどなるほど、うんうん」

宮田「で、CDを借りるショップってあるじゃないですか」

宇多丸「はいはい、レンタルCDショップ」

宮田「あそこの、借りられないCDを100円くらいで売ってるんですけど、それをきょうだいで3人で1000円札一枚持って」

宇多丸「え! モンスターファーム用?」

宮田「そのために、これ絶対強いんじゃない?っていう、ジャケ買いって言うんですかね」

宇多丸「ジャケでわかるんですか!? あれ強さ。なんか強そうな男の人が写ってるとか?」

宮田「とかで選んでました。ちょっとゴツい外国人が写ってるのとかは、強いのが出るんじゃないかとか」

宇多丸「100円でワゴンセールのやつ買ってきて、入れて」

宮田「で、全部ザコで、ああああ~~~とかも、いい思い出ですね」

宇多丸「ああ、そう。そういう買い方するんだ! なるほどね~!」

宮田「本当、失礼ですよね(笑)」

宇多丸「僕もモンスターファームすごいやってたんですけど、97年はもうアーティスト活動、ヒップホップをライムスターでやってて、CD出してるから、当然自分のCDでやってみるとか」

宮田「わー!!! すごい!!!」

宇多丸「あとその、ライバルヒップホップグループ。僕らライムスターですけど、キングギドラで入れてみてやって。やっぱり自分たちのグループをより強く育てるみたいな。そういうことをやって。僕はわりとこう、自分事としてやってましたけど。(中略)ちなみに、CD集めて一番強いの出たのとかって覚えてます?」

宮田「和田アキ子さんの……」

宇多丸「あははははは! ちゃんと強めじゃないですか!(笑)」

宮田「あははははは。和田アキ子さんのベストがあって、それ6枚組2セットみたいなので、それの一枚だけ強いゴーレムが出るのがあったんですよ」

宇多丸「和田アキ子の中の一枚! これは結構、後のジャケ買いに影響を与えちゃいますね。やっぱりアッコは強いよ、と」

宮田「それからちょっと、そういうCDを集めるようになりました」

宇多丸「(中略)これ、ちょっと(どのCDでどのモンスターが出るのか)意図が入ってるじゃんって感じなんですよね」

宮田「本当ですね」

宇多丸「作り手の人の好きなのは多少入ってるのかなって」

宮田「完全に入ってますよね。好きな曲。これはピクシーにしたい、とか」

宇多丸「俺としては自分も(CDを)出してるときだったから、正直だから、全然なんかあの、目玉の、スエゾーとかで。自分が当時出してたアルバムがスエゾーだったんですよ。これかぁ~~~……みたいな」

宮田「そうですね、スエゾー出たときは、これかぁ~、ってなりますね」

宇多丸「今、(明らかにされてまとめられている)強いのが出る並びを見てるとね、なぁんか、軽んじられたなっていうか! 音楽業界でザコもザコでしたけど! なぁんかすいません、みたいな。ははははは」

確かに、モンスターファームの作り手の人はどうやってCDとモンスターを決めていたのでしょう。和田アキ子のCDが強かったというのは妙にリアリティーがあるので、やはりある程度は意図的に決めていたのでしょうか。気になります。

今回のピックアップ・フレーズ

(3人きょうだいで親がいない時間にゲームをするときの話)

宮田「親がいない間はだいたい(ゲームが)押し入れとかに隠してあって、それを(きょうだい)3人で探して、出して、入ってた角度とか、コントローラーの結び方とかを、3人でまず5分くらい見て覚えて」

宇多丸「証拠隠ぺいをね(笑)」

宮田「そうです、そうです。出したことバレないように、3人で、こうだったよね、こうだったよね、終わったらこうやって戻す、って。帰ってきた車の音でバーッて直して」

宇多丸「車の音が聞こえてからじゃ遅くないですか!?」

宮田「なので、だいたいそのときは弟が一階に行って」

宇多丸「足止め!?」

宮田「足止めしてもらって」

文/朝井麻由美(ライター、コラムニスト)

◆7月8日放送分より TBSラジオ:「ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ」

【関連記事】

おすすめの記事