Yahoo! JAPAN

「Amazonで棺桶が2万円で買える」と話題 どういう人が購入?販売元に聞いてみた

キャリコネニュース

画像はAmazonをキャプチャ

「Amazonで棺桶が買える」と10月上旬、ネット上で話題になった。件の商品はワンタッチ式で組み立てられる棺で、布団が付いて1万9000円。顔の部分に扉式の窓もついている。配送料が3500円かかるものの、約2万円で購入できる。

レビューには、葬儀会社などを通さずに直葬をした人から声が寄せられている。ツイッターでは「こうやって葬式のかたち、これからどんどん変わっていくんだろな」という声が寄せられている。

実際、どんな人が購入しているのか。販売元の葬儀会社、つばさ公益社(長野県)の篠原憲文代表は「個人のお客様は葬儀に備えて購入する方のほか、終活アイテムとしてお求めになる方がいます」と話す。

「棺の中に入る分だけ本や服を持って行きたい」と終活に使う人も

棺は葬儀会社で普通に購入すると10万円程度はする。2万円はかなり安いと言えるだろう。

「Amazonでの購入者には直葬をする人もいれば、葬儀会社に持ち込む人もいるのではないでしょうか。購入者から『経済的に困っていたので安く棺が買えて助かった』という声も寄せられました」

と語る。急ぎの場合も、連絡をすれば翌日には発送しているという。

葬儀ポータルサイト「いい葬儀」が2020年に実施した調査によると、一般葬の平均総額は239万円。篠原代表は「葬儀会社に頼めば最安20~30万円程度ですが、それも払えない人もいます」と語る。そのため、直葬を選ぶ人も一定数いるようだ。

また、終活として自身のために生前に購入する人もいる。「棺の中に入る分だけ本や服を持って行きたい」と、実際に棺にものを入れてシミュレーションするのだそうだ。

直葬をサポートする「DIY葬セット」も発売

同社は2017年12月からAmazonで棺など葬儀に関する商品の販売を開始。その中で、棺と骨壷を同時購入する人が多いことが分かった。

「販売開始から3年で販売数は倍になりましたが、爆発的に売れているわけではありません。直葬を試みる人は100人中1~2人くらいでしょうか。ただ昨今、自分で送ることに興味を持つ人も増えました」

そのため直葬を適法に行えるよう知識面でもサポートしたいと、昨年12月にAmazonと自社サイトで「DIY葬セット」を発売した。セット内容には棺、棺用、骨壷、骨箱、風呂敷に加え、「DIY葬ハンドブック」も入っている。

遺体の運搬や安置方法、火葬するまでの手順や方法、衛生面・法律面で気をつけるべきポイントが記されている。例えば、火葬は死後24時間以内に行ってはいけないなど、"適法"に直葬を行うための手引書といえる。

篠原氏は「家族の形が変わり、葬儀の形も変わってきました」と語る。例えば、三世帯家族で地域の人を葬儀に呼びたい場合、通常の葬儀を行ったほうがいいという。しかし、核家族化で、「何年も会っていない、子どものいない親戚の葬儀を挙げなければいけない」といったケースも増えてきている。

「そうした場合は、葬儀にお金をかけられない、家に連れて帰りたくないと思う人もいます。葬儀業界にはあまり多様性がありませんでしたが、今後もさまざまな選択肢を作っていきたいと考えています」

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. NMB48[配信レポート]吉田朱里のアイデアで実現した歌番組 『MY PLAYLIST 7』配信スタート! 白間「あかりんが作ってくれた道は大きいです。私も最後の1期生として頑張りたい」

    Pop’n’Roll
  2. 生後4か月の子犬、新しいベッドがお気に入り(動画)

    らばQ
  3. AKB48[イベントレポート]初のe運動会で深めた揺るぎなき絆「AKB48は進化し続けているのだということを、もっと世の中に示したい」

    Pop’n’Roll
  4. おうちカフェのすすめ①仙台で豆を買うならここ!その1

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  5. SKE48、松井珠理奈卒業シングルのタイトル&発売日発表! 表題曲には全員参加「最後なのでみんなで歌いたい」

    Pop’n’Roll
  6. 10万本売れた!全国の名産をつかった「お取り寄せできるご当地調味料」

    anna(アンナ)
  7. 県赤十字血液センター 子連れ献血 サポート開始  ルフロンで見守りサービス〈川崎市川崎区・川崎市幸区〉

    タウンニュース
  8. ジャズでクリスマス 12月にチェチリア工房で〈大磯町・二宮町・中井町〉

    タウンニュース
  9. ポスターで防災呼びかけ 茅ケ崎小で表彰式〈横浜市都筑区〉

    タウンニュース
  10. 演説大会 日本の歩む道は 11月28日 杜のホールはしもと〈相模原市中央区〉

    タウンニュース