Yahoo! JAPAN

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

TVアニメ『pet』放送直前! 谷山紀章×小野友樹のスペシャル対談が本日オープンのコミック×アニメ特設サイトで公開

SPICE

TVアニメ『pet』キービジュアル

三宅乱丈の代表作であるSFヒューマンドラマ「ペット リマスター・エディション」を原作とした TV アニメ『pet』が、2020年1月6日(月)より、TOKYOMX ほかにて放送開始となる。

その放送に先駆けて、司役 谷山紀章×悟役 小野友樹のスペシャル対談が公開された。以下、オフィシャルリリースを引用する。

≪何かがグワっと身体に入り込んでくるみたいな感覚≫

――原作の漫画『pet』との出会いについて教えてください。

小野「オーディションの機会をいただいた時に初めて原作を読ませて頂いて、三宅乱丈先生のタッチの独特さ、人物も風景も唯一無二のものを持っていらっしゃるところにまず惹かれました。絵から伝わってくる情報が想像以上で、何かがグワっと身体に入り込んでくるみたいな感覚があって。ご縁をいただけて嬉しいです」

谷山「僕はもう初連載作『ぶっせん』の時から連載を毎週楽しみにしていたくらい、もともと乱丈先生の作品を追っかけていました。ずっとギャグテイストのものを描かれていた中で、『pet』が初めてシリアスな作風で。私見ですが、ギャグが上手い人は絶対シリアスも上手い。『pet』はそんな期待を遥かに上回る作品で、リアルタイムで楽しみにしていました。先生の大ファンなので作品は全部好きですが、『pet』は特に好きですね」

――原作を読んだ時はどのキャラクターが気になりましたか?

小野「オーディションでは悟のシーンを中心に頂いていたので、悟をメインに読んでいましたが、原作を読む中で気になっていったのは司かな。最初は頭が良くて筋の通った信念があると思っていたら、意外と大きな間違いを犯していたり、もろさも持っていてすごく人間味がありますよね。そして桂木も気になるキャラクター、『そういうバックボーンがあったんだ!』と」

小野友樹 演じる:悟 (c)三宅乱丈・KADOKAWA/ツインエンジン

谷山「ヒロキと司が主役の物語ではあるけど、僕が読んでいる時は悟が気になりましたね。冒頭に出てくるシーンが子供時代の悟なので、最初、僕は悟が主役の物語かなと思っていたんです。あと、いちファンとしては司が怖いと思っていましたね。すごく狂気をはらんでいて運命に翻弄されている人物で、逃げ場がなくなってどんどん追い込まれていくんだけど、どこかヒール的な悪役にもかかれていて。『ぶっせん』とかは、誰が主役でも見られる作品で、『pet』も誰目線でも見られる。今回役をいただいて司目線で改めて読んで、司って本当に不憫でかわいそうな運命を背負っている男だなーと。そしてもう一人は桂木ですね。大森(貴弘)監督も桂木が好きとおっしゃっていましたが、『わかるよ監督、桂木は良いキャラだよね』って。最後まで読むと涙腺崩壊です」

谷山紀章 演じる:司 (c)三宅乱丈・KADOKAWA/ツインエンジン

≪一人の人物を取り合う、恋愛に似ていますよね≫

――役作りやアフレコのご感想は?

谷山「覚悟は必要だなって思いましたね。司に入り込んでしまうと絶対にしんどいだろうから。そして身も蓋もない言い方だけど、『pet』の原作ファンの方々に気に入られようとはしています(笑)。すごく好きな漫画作品があって、それらがアニメ化する時の原作ファンの気持ちって、複雑な部分があるじゃないですか。“頼むぞ”と(笑)。イメージと違うと言われることもあったりするので、そういうものが極力ないように、気に入られますように、と思いながらやっています。漠然としていますが、原作のファンの方々の司のイメージ像があるとして、それを全部集めて割るような、最大公約数的とでも言えばいいのかな、そういうところでできればなと。とにかく原作ファンの方の機嫌を損ねないように納得していただけるイメージで演じていますね。なぜなら俺自身も原作のファンなので、技術論というよりは精神論みたいなことですけど(笑)」

小野「僕はこのアニメに参加させていただくのが作品に触れるきっかけだったので、最初の感覚を大事に悟を演じていますね。色々重ねすぎると年齢感が上がってしまうので、“あくまでまだ10代の若者なんだ”というところに立ち戻ったり、そこを意識しながら監督とディスカッションして悟を演じさせてもらっています」

――「pet」は誰かに認められたい願望や嫉妬など、誰もが持っている感情がむき出しになって描かれており、どの人物の想いにも痛いほど共感してしまいますよね。

小野「悟には林という“ヤマ親”がいて、その林さんへの想いが、ヤマの景色を作っている者への想いだとしたら、僕にとってのヤマの景色みたいなものは谷山さんが少し関係していらっしゃるので、尊敬する方への想いみたいなものは少しわかるなって感覚はありますね」

谷山「かゆい話が(笑)司の嫉妬深さとか、乱丈先生は人間の醜い部分を強烈に描き出していますよね。作中で(以下ネタバレ注意)、何も知らない悟が司の前でデリカシーもなく“林さんのことは僕が一番近くにいてわかっているんだ!”としゃあしゃあと言うんです。その時の司の死んだ目になってる所とか、“もともと嫌いだったけどホントにいまので決定的だわ”という感じがもう。一人の人物を取り合うあたりが恋愛に似ていますが、あの気持ちはわかるというか本当に演じていてムカムカして、“司ちゃんそうだよね”って。林さんに対する複雑な想いに愛憎が入り混じって、それによって身動きが取れなくなったり。悟をスケープゴートにするしかなかったのか、捻れちゃって…。司にとって悟という存在がある種キーマンであり、深い因縁の対象。演じる上で司に入っていくと悟を邪魔に思わないといけなくて、物語が進むにつれて大っ嫌いって(笑)」

――他の役を見て感想や苦労、発見がありましたら教えてください。

谷山「物語では中国語を話す役が出てきますが、その役になった方は心中お察しします。ロン役の遊佐さんをはじめ、皆さん中国語をがんばっていますよね。そこ(※原作コミックスで登場人物たちが中国語を話すシーンは、アニメ現場でも中国語で収録を行っている)は物語をリアルに感じさせるためのこだわりでしょうね。俺もやるんだったら臨むところだ、という気持ちだったんですけど、セリフにすると中国語は思ったより難しくて(笑)」

遊佐浩二 演じる:ロン (c)三宅乱丈・KADOKAWA/ツインエンジン

M・A・O 演じる:ジン (c)三宅乱丈・KADOKAWA/ツインエンジン

小野「一度日本語でセリフを録音して、中国語の先生に聞いてもらったうえで、それを参考に“この感情で言うならこういうアクセントです”と再度現場で直されるので、セリフの暗記だけでは通用しないんです」

谷山「僕は現場で先生のアクセントを耳コピして“感情を乗せたらこうですか?”と確認しながら演じています」
(インタビュー/撮影:谷中理音)

なお、対談後編はオープンした特設サイトで公開中なので、よりディープな話を読みたい人はアクセスしてほしい。

特設サイトは原作「ペット リマスター・エディション」の第1話・第2話が無料公開されるほか、原作者三宅乱丈のサイン入りコミックのプレゼントキャンペーンや、アニメ制作スタッフのインタビュー等、「pet」を楽しむためのコンテンツが一挙に集まっているので、放送前もその後も楽しめそうだ。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 『R-1』無観客に「きついな~」と優勝芸人 「いつも通りやればいい」との出場者も

    Techinsight
  2. 旦那が不倫をしていても、妻の幸福度は変わらない!みんなはどう考える?

    ママスタセレクト
  3. 厚塗りを防いで美肌に!トーンUPできるバラ色UVケアコスメ

    つやプラ
  4. BTS、最新アルバム『MAP OF THE SOUL : 7』 イギリス’オフィシャルアルバムチート’韓国アーティスト初2度目の1位に 

    SPICE
  5. 冷たいパンケーキだ! 雪見だいふく新作がめっちゃ美味しそう。

    東京バーゲンマニア
  6. 手荒れ解消テク!…手洗い後クリームを塗る前の「簡単ひと手間」でプルプル肌に!

    anan総研
  7. 【動画】“月とオオカミちゃん”出演者10人がTGCに サプライズ演出に「怖い! 怖い!」と大騒ぎ <TGC2020 SPRING/SUMMER>

    MAiDiGiTV
  8. カジュアルにも上品にも♡大人女子の“こなれ”春ワンピースコーデ5選

    anna(アンナ)
  9. 【心霊スポット検証】池の水が赤く染まる!? 謎の心霊スポット「血の池」に行ってみたらガリレオの宗教裁判みたいなことになった

    ロケットニュース24
  10. 2020春のモテ“アイメイク”は「透け感&鮮やか」に プロが選んだ4品

    anan総研