Yahoo! JAPAN

「音楽やラジオは人の心に寄り添える」#音楽を止めるな プロジェクト・松尾健司インタビュー(前編)

ウレぴあ総研

松尾健司さん

FMラジオ局のJ-WAVEは4月1日から「#音楽を止めるな」プロジェクトをスタートさせた。コロナウイルスの感染拡大によって大きな打撃を受けた音楽を、アーティストを、ライブハウスを応援するプロジェクトだ。

緊急事態宣言発令下で迎えたGWの5月6日には『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL #音楽を止めるな ~STAY HOME FESTIVAL〜』という15時間の特別番組も放送された。

このプロジェクトに深く関わった株式会社J-WAVEのエグゼクティヴプロデューサーの松尾健司さんへの全3回のインタビュー。前編ではコロナ禍でJ-WAVEが受けた影響、そして「#音楽を止めるな」プロジェクトの背景にあった思いについて話を聞いた。

リスナーや音楽ファンとの接点を失った喪失感が大きかった

── コロナウイルスの感染拡大が起こって、J-WAVEとしては最初にどんな影響がありましたか?

松尾まず一番大きかったのは、イベントが開催できなくなったということです。J-WAVEでもかなり自主イベントをやっていて、その中でも代表的なものとして3月7日、8日に両国国技館で予定されていた「J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE 2020 SPECIAL」というギター弾き語りのイベントがあったんですが、これがまず中止になってしまった。

それ以外にも、いろんな番組のイベント、あるいはJ-WAVEが応援や後援、あるいは名義主催しているイベントが続々中止になっていった。これが最初に起こった大きなことでした。

── 2月下旬に大規模イベントの中止要請が出て、ライブエンタテインメント業界は最初に自粛を強いられたわけですよね。J-WAVEはラジオ局であるけれども、まずはそちらの中止による影響が大きかった。

松尾そうですね。ビジネス的にも大きいし、リスナーや音楽ファンとの接点を大きく失ったという喪失感も大きかったです。

── それを受けてまずどんなことを考えましたか?

松尾イベントを行うのは当分難しいだろうとは思いました。ただ、それをオンエア上でやることはできる。そこで3月20日に『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL TOKYO GUITAR JAMBOREE 2020 ~ROPPONGI BASHO』という9時間の特番をやりました。

アーティストにスタジオに来てもらったり、会議室で演奏してもらったり、J-WAVE内のいろんな場所にステージを作って、ラジオ上のフェスという形を実現していこうと考えた。

僕たちには電波という強みがあるので、そこにライブを乗っけていこうということをやり始めた。それがまず第一歩です。

── 特番の反響はいかがでしたか?

松尾通常の特番より聴取率も高かったですし、休日とは思えないくらいの数のメールが全国から届きました。

私が放送全体の構成を担当していたので、リスナーのメールにも全部目を通したんですが、読んでいるだけで涙ぐんじゃうような、心温まるようなメッセージが多かった。在宅しているリスナーに、ライブコンテンツが深く刺さっている、心に届いていることを強く感じました。

やっぱり音楽やラジオは人の心に寄り添えるものなんだというリアルな手応えを得た。それが次のステップに進む一番大きなきっかけだった気がします。

── 4月1日からは「#音楽を止めるな」プロジェクトをスタートさせています。これはどういうきっかけで始まったんでしょうか。

松尾僕らは普段からとにかく音楽文化にお世話になっていて、J-WAVEのオンエアを構成しているコンテンツの7割ぐらいは音楽なわけです。

なので、音楽業界が難しいことになっているのであれば、僕らとしても何かをすべきだという話が会社の中で自然発生的に起こっていたんですね。

その中で「#音楽を止めるな」というハッシュタグを使った発信が『SONAR MUSIC』という平日の夜9時からやっている番組の中で始まった。それが「いいな」と思ったんですね。だったらこれを局全体でやれないのかっていう議論に転換していったということです。

── トップダウンではなく現場の思いから立ち上がったプロジェクトだったということでしょうか。

松尾もちろん、編成の幹部も音楽業界への支援の話をいろんな人としていたんです。それと並行して、現場で「#音楽を止めるな」という発信が始まった。

そういう現場の出演者やディレクターの思いが詰まったひとつの言葉に集約して、それをプロジェクト化しようということになっていったんですね。

僕らが最初に話したのは、とにかく「走りながら考えればいい」ということですね。とにかくスピード感が大事で、不格好でも、理屈が通っていなくても、とにかくスタートしようと。そのスピード感を重視したプロジェクトでした。

── 「#音楽を止めるな」プロジェクトではどういうことを企画したんでしょうか。

松尾みんなで話を持ち寄って、いろんなアイディアがいくつも並行して動いていった感じですね。最初に動いたのは、コンサートが中止になってコンサートグッズが余っちゃったんじゃないかということで、ライブTシャツを買い取って、それをリモデルして再販するというプロジェクトでした。

『SEASONS』という土曜日の番組のナビゲーターをやっているマリエさんが僕のところにアイデアを持ってきたんです。それを受けて、まずは音制連の野村達矢会長に話をしにいった。

その話の中で「今はこんな問題がある」「プロダクションやマネジメントの人間はこんなことを考えている」ということを聞いて、音楽業界が抱えている課題がすごくよくわかったんです。

その状況を目の当たりにして、もっと具体的なプロジェクトを立ち上げなきゃいけないと考えました。そんなときに、たまたまJ-WAVEの看板番組の『J-WAVE TOKIO HOT100』のスポンサーであるクレディセゾンさんから「投げ銭の仕組みがあるので何かできませんか」という相談があった。

こんな時期だからこそ、音楽業界やいろんな支援に使えるような形でそれを使えないかということで動き始めたんですね。そこでゴールデンウィークにラジオ上のフェスをやろうということになった。

それが5月6日にやった『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL #音楽を止めるな ~STAY HOME FESTIVAL〜』という特番でした。

「#音楽を止めるな」という旗印のもと、いろんなミュージシャンに参加してもらって、ステイホームでのライブをやりながら、そこにいろんなチャリティの要素を入れ込んで、フェスにしていった。それが二つ目のステップでした。

関連情報

「#音楽を止めるな」
「ACTION FOR TOMORROW」
J-WAVE

(ぴあWEB/ぴあWEB)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 絶景と秘湯に出会う山旅(9)幻想的な大台ヶ原と山あいの料理旅館・朝日館

    TABIZINE
  2. 最近やたらかっこよくなった30歳以下のジャニーズランキング

    gooランキング
  3. 上白石萌歌「夢のよう」、土佐兄弟との対面に感激

    ナリナリドットコム
  4. 100%ビーフパティで250円! バーガーキングの「テリヤキ」、14日間だけのお楽しみ。

    東京バーゲンマニア
  5. おばたのお兄さん、“虹プロ”J.Y. Park氏に激似

    ナリナリドットコム
  6. 子どもの夜泣きに「うるさい」と言う旦那さん。どう対処したらいい?

    ママスタセレクト
  7. 「初デートで鳥貴族、私は安く見られているの?」20代後半女性の投稿に批判相次ぐ 「試されているのかも」という声も

    キャリコネニュース
  8. 【愛とバトルの姉妹と母】お互いの性格はお見通し #4コマ母道場

    ママスタセレクト
  9. リモートワークがもたらす日本型経営の崩壊 とはいえ、欧米式も「疲れる」「馴染まず」?(小田切尚登)

    J-CAST会社ウォッチ
  10. Mrs. GREEN APPLE、初のベストアルバム『5』発売直前企画・Nintendo Switch用ゲーム『あつまれ どうぶつの森』で オンラインファンイベント開催!

    WWSチャンネル